114件中 41 - 50件表示
  • イギリス王室

    イギリス王室から見たマリー=クリスティーヌ (マイケル王子夫人)

    マリー=クリスティーヌ \(マイケル王子夫人\) - マイケル・オブ・ケント王子の妻イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たバルモラル城

    2013年7月18日放送のミヤネ屋のイギリス王室特集で、年2回の晩餐会と年数十回の園遊会で5万人を招待し、費用が、食器費用が一人当たり15万円、料理が一人当たり16000円、シャンパンが12000円、晩餐会等費用が年間2億円、年間400回の公務移動費が、年間60回500時間乗る専用ヘリコプター維持費に3億円、ロイヤルトレインに年間維持費1億円、ベントレー・ロールス・ロイスの年間維持費1000万円、馬車・自家用機を含む公務移動費総額8億円、ハンプトン・コート宮殿やバルモラル城など王室所有建築物70件の維持費・人件費を捻出するために、日本の銀座に相当するリージェント・ストリートのテナント料が1軒当り6500万円×店舗数約10000軒の収入が有り、イギリス本国の海岸線の土地の55パーセントが王室の土地で風力発電会社に貸し、ウィンザー城では1992年の火災で92億円の税金投入のクレームを受け公開入場料を自力再建し、イギリス王室メンバーは、民間企業に王室御用達許可とは別に王室ブランドとして王族自身が商品開発し年間収入100億円以上を稼いでいて、費用を除いた収益360億円の15パーセントを政府に納付している。バッキンガム宮殿も公務に差し支えない範囲で公開し入場料収入を上げている点は、日本の京都御所の一般公開が無料である点と違う。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たマイケル・オブ・ケント

    マイケル・オブ・ケント - 女王の従弟、ジョージ5世の孫、ケント公爵の弟イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たマリナ・ウィンザー

    マリナ・ウィンザー - セント・アンドルーズ伯爵夫妻の長女イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たジョージ・ウィンザー (セント・アンドルーズ伯爵)

    ジョージ・ウィンザー \(セント・アンドルーズ伯爵\) - ケント公爵夫妻の長男イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たエドワード・ウィンザー (ダウンパトリック男爵)

    エドワード・ウィンザー \(ダウンパトリック男爵\) - セント・アンドルーズ伯爵夫妻の長男イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見た料理

    2013年7月18日放送のミヤネ屋のイギリス王室特集で、年2回の晩餐会と年数十回の園遊会で5万人を招待し、費用が、食器費用が一人当たり15万円、料理が一人当たり16000円、シャンパンが12000円、晩餐会等費用が年間2億円、年間400回の公務移動費が、年間60回500時間乗る専用ヘリコプター維持費に3億円、ロイヤルトレインに年間維持費1億円、ベントレー・ロールス・ロイスの年間維持費1000万円、馬車・自家用機を含む公務移動費総額8億円、ハンプトン・コート宮殿やバルモラル城など王室所有建築物70件の維持費・人件費を捻出するために、日本の銀座に相当するリージェント・ストリートのテナント料が1軒当り6500万円×店舗数約10000軒の収入が有り、イギリス本国の海岸線の土地の55パーセントが王室の土地で風力発電会社に貸し、ウィンザー城では1992年の火災で92億円の税金投入のクレームを受け公開入場料を自力再建し、イギリス王室メンバーは、民間企業に王室御用達許可とは別に王室ブランドとして王族自身が商品開発し年間収入100億円以上を稼いでいて、費用を除いた収益360億円の15パーセントを政府に納付している。バッキンガム宮殿も公務に差し支えない範囲で公開し入場料収入を上げている点は、日本の京都御所の一般公開が無料である点と違う。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たヘリコプター

    2013年7月18日放送のミヤネ屋のイギリス王室特集で、年2回の晩餐会と年数十回の園遊会で5万人を招待し、費用が、食器費用が一人当たり15万円、料理が一人当たり16000円、シャンパンが12000円、晩餐会等費用が年間2億円、年間400回の公務移動費が、年間60回500時間乗る専用ヘリコプター維持費に3億円、ロイヤルトレインに年間維持費1億円、ベントレー・ロールス・ロイスの年間維持費1000万円、馬車・自家用機を含む公務移動費総額8億円、ハンプトン・コート宮殿やバルモラル城など王室所有建築物70件の維持費・人件費を捻出するために、日本の銀座に相当するリージェント・ストリートのテナント料が1軒当り6500万円×店舗数約10000軒の収入が有り、イギリス本国の海岸線の土地の55パーセントが王室の土地で風力発電会社に貸し、ウィンザー城では1992年の火災で92億円の税金投入のクレームを受け公開入場料を自力再建し、イギリス王室メンバーは、民間企業に王室御用達許可とは別に王室ブランドとして王族自身が商品開発し年間収入100億円以上を稼いでいて、費用を除いた収益360億円の15パーセントを政府に納付している。バッキンガム宮殿も公務に差し支えない範囲で公開し入場料収入を上げている点は、日本の京都御所の一般公開が無料である点と違う。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たベントレー

    2013年7月18日放送のミヤネ屋のイギリス王室特集で、年2回の晩餐会と年数十回の園遊会で5万人を招待し、費用が、食器費用が一人当たり15万円、料理が一人当たり16000円、シャンパンが12000円、晩餐会等費用が年間2億円、年間400回の公務移動費が、年間60回500時間乗る専用ヘリコプター維持費に3億円、ロイヤルトレインに年間維持費1億円、ベントレー・ロールス・ロイスの年間維持費1000万円、馬車・自家用機を含む公務移動費総額8億円、ハンプトン・コート宮殿やバルモラル城など王室所有建築物70件の維持費・人件費を捻出するために、日本の銀座に相当するリージェント・ストリートのテナント料が1軒当り6500万円×店舗数約10000軒の収入が有り、イギリス本国の海岸線の土地の55パーセントが王室の土地で風力発電会社に貸し、ウィンザー城では1992年の火災で92億円の税金投入のクレームを受け公開入場料を自力再建し、イギリス王室メンバーは、民間企業に王室御用達許可とは別に王室ブランドとして王族自身が商品開発し年間収入100億円以上を稼いでいて、費用を除いた収益360億円の15パーセントを政府に納付している。バッキンガム宮殿も公務に差し支えない範囲で公開し入場料収入を上げている点は、日本の京都御所の一般公開が無料である点と違う。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

  • イギリス王室

    イギリス王室から見たTBSテレビ

    TBSテレビで放送されたもてもてナインティナイン英国王室スペシャルで、竹田恒泰によると、英国王室総資産は8000億円で、1900人が参列したウィリアム王子とキャサリン・ミドルトンの結婚式における費用60億円の半分は王室の自腹で、日本の皇室が全て国費であるのと違うと解説していた。イギリス王室 フレッシュアイペディアより)

114件中 41 - 50件表示

「英国王室」のニューストピックワード