43件中 11 - 20件表示
  • UKフィナンシャル・インベストメンツ

    UKフィナンシャル・インベストメンツから見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    BBCのジャーナリスト ロバート・パターソンは、ここ一、二年の間はUKFIは大蔵省、イングランド銀行、英国金融サービス機構等と同等の重要性を国民に取って持つと指摘している。UKフィナンシャル・インベストメンツ フレッシュアイペディアより)

  • 財務省 (イギリス)

    財務省 (イギリス)から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    16世紀ごろからその権限は縮小し始め、17世紀に財政は財務省から分離した大蔵省の管轄するところとなった。そして小ピットの財政改革によって財務省は有名無実化し、1834年廃止された。財務省 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • 会計史

    会計史から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    ローマ帝国滅亡後の中世は長年、暗黒時代と考えられてきたが、近年では過剰な評価とされ、商業活動は衰退したのは事実であるが、全く途絶してしまったわけではなかった。この時期には会計の大きな発展は見られなかったが、ノルマン朝イングランドにおいては大蔵省が『収支簿』(パイプ・ロール(en))と『土地調査簿』(ドゥームズデイ・ブック)を作成して財政記録を整備するなど、統一的・科学的な会計記録方式の萌芽が見られている。会計史 フレッシュアイペディアより)

  • 金融政策委員会

    金融政策委員会から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    金融政策委員会は総裁、2名の副総裁、チーフ・エコノミスト、エグゼクティブ・ディレクター、4名の外部委員(外部委員は3年ごとに入れ替え。財務大臣より任命される)からなる9名の委員で構成され、それぞれ平等に1票ずつ有している。会合の議長は総裁が務め、最後に票を投じるのも総裁となっている。これは決定投票となった場合その票を実際上の決議とするからである。また会合には大蔵省の代表者が投票権を持たないオブザーバーとして参加する。会合の内容は行内エコノミストや地域代表者がイギリス経済、世界経済に関する資料の提示をし、それを各委員が精査するということが行われていて、決議を取りまとめる第一の目的は、政府が定めたインフレターゲットに基づき物価の安定を図ること。第二が成長や雇用に関わる政府の経済政策を支援することである。金融政策委員会 フレッシュアイペディアより)

  • チャーチル博物館

    チャーチル博物館から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    チャーチル博物館・内閣戦時執務室(チャーチルはくぶつかん・ないかくせんじしつむしつ、)は、イギリスのロンドンにあるウィンストン・チャーチルに関する博物館・戦争博物館で、大英帝国戦争博物館分館の一つ。内閣戦時執務室は第二次世界大戦中にイギリス政府が戦争遂行の指揮統制の為に設けた地下複合施設。ウェストミンスターのホワイトホール官庁街のイギリス大蔵省庁舎の地下に設けられ、1945年8月の日本降伏後に廃止、閉鎖された。1984年に環境省管理下で公開された。2003年に公開部分の大規模な拡張が行われ、2005年に大戦当時のイギリスの首相であったチャーチルの生涯に関する展示部門を併設する拡張が行われ、改めて博物館として公開された。チャーチル博物館 フレッシュアイペディアより)

  • コーンウォール公

    コーンウォール公から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    1856年、大蔵省の役人ジョージ・ハリソンはコーンウォール公領は王権州(County palatine)であり、イングランドから治外法権にあってコーンウォールでの王権はコーンウォール公爵が持っている、と主張して認められた。コーンウォール公 フレッシュアイペディアより)

  • 第一大蔵卿

    第一大蔵卿から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    なお、イギリスでは宮廷内の財務を扱う大蔵省 (Treasury) と国家財政を扱う財務省 (Exchequer) は別箇の官庁であったが、チャールズ・グレイ内閣時代の1833年の行政改革により、国家財務の諸機能は大蔵省に統合されている。第一大蔵卿 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・スタンデール・ベネット

    ウィリアム・スタンデール・ベネットから見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    1864年と1865年、アカデミーは当時財務大臣であったウィリアム・グラッドストンの意向により政府から補助金を受け、一時的に破産と閉校の危機を免れていた。翌年、グラッドストンは大蔵省を去り、新しく大臣となったベンジャミン・ディズレーリは補助金の更新を却下した。これを受け、重役たちはアカデミーの閉鎖を決定した。ベネットは教員と学生の支援を受け、重役会議の議長を引き受けることになった。スタンフォードの言に拠れば、「政府が補助金を引き上げた後に議長になった彼は、それを再び勝ち取ることに成功し、学園の財政的信用を回復させた。また7年の間、国の音楽教育を推進させる手段について議論している様々な公共団体と複雑な交渉を行う、悩ましい心配事に耐えた。」のだった。ウィリアム・スタンデール・ベネット フレッシュアイペディアより)

  • 大法官

    大法官から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    だが、一方で巨大となった大法官の権限削減の動きが現れる。まず、財政部門が切り離されて「財務府」(現在のイギリス財務省)が独立した。「大蔵府」(「財務府」の一部が分離して成立、王室の財政を司る)の長である第一大蔵卿が首相として内閣を率いて国政の最高責任者としての地位を大法官から奪った(1721年)。更に1873年の「裁判所法」制定に伴う司法改革によって、大法官府を縮小され、高等法院と上院に権限が分割され、上院が最終上級裁判所(最高裁判所)を形成し、上院議長である大法官がその長官を兼務して、治安判事以下の司法官の人事権者となった。国璽管理事務は閣僚の王璽尚書が扱うことになった。大法官 フレッシュアイペディアより)

  • パイプ・ロール

    パイプ・ロールから見た大蔵府大蔵省 (イギリス)

    各地の州長官から毎年の王室領や空席司教区からの収入、その他租税からの収入、逆に国王行政の費やした支出、その差引などの収支報告を財務府において監査を行い、その収支報告と監査記録をパイプ状の巻物(ロール)形式の公文書にして毎年作成して財務府において保管した。最古の記録は1131年のものであり、初期のものには欠落しているものもあるが、1156年から財務府が廃止される直前の1831年までの記録は毎年ほぼ欠落無く現存しており、中世後期以後は州長官以外の財政機関・官吏からの収支報告と監査記録も記載されるようになった。財務府を経由しない一部の収入は把握されていないものの、以後のイングランドにおける財政統計の模範となるものであり、特に史料が少ない12世紀・13世紀のイングランドの政治史・財政史における貴重な史料とされている。だが、後に財政の権限が大蔵府に移されるようになると、次第にその価値を低下させていった。パイプ・ロール フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「英国財政」のニューストピックワード