43件中 21 - 30件表示
  • ポンド危機

    ポンド危機から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    翌年の1993年には欧州各国に通貨危機が飛び火し、ERMは大幅な再編を迫られることとなった。1992年9月のERM離脱によりイングランド銀行および大蔵省は不名誉な敗北を喫した格好に見えたが、1992年の下半期からイギリス経済は他の西欧諸国に先がけて景気回復に向かい、1993〜1994年と順調な拡大を続けた。ポンド危機 フレッシュアイペディアより)

  • トマス・クリフォード (初代クリフォード男爵)

    トマス・クリフォード (初代クリフォード男爵)から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    1665年に英蘭戦争が始まると海軍に加わり、1666年に宮廷の監査官になり、1667年にクラレンドン伯爵エドワード・ハイドが英蘭戦争の責任を問われ亡命すると、チャールズ2世によりCabalのメンバーとして登用(他にアーリントン伯、バッキンガム公、シャフツベリ伯、ローダーデイル公)、大蔵委員に任じられ大蔵省に勤務、1668年に宮廷の財務も担当するようになった。トマス・クリフォード (初代クリフォード男爵) フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・シンジョン (初代ボリングブルック子爵)

    ヘンリー・シンジョン (初代ボリングブルック子爵)から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    政界進出後は議会に内密で国王ウィリアム3世の命令でスペイン分割条約を結んだホイッグ党幹部の弾劾に参加、ジャコバイトに反対の立場を取った。1702年にアン女王が即位、同年と1704年にトーリー党が議会に提出した非国教徒を公職から排除する便宜的国教徒禁止法案に賛成し政争に加わり、1704年に政府首班でトーリー党穏健派のシドニー・ゴドルフィンが法案を推進する急進派を政権から排除してハーレーら穏健派に交代させると陸軍事務長官に就任、ハーレーと親密になっていった。1708年にハーレーが政権を去った時は行動を共にして辞任、1710年にハーレーがゴドルフィン政権を打倒して実施した総選挙ではバークシャー選出で復帰、大蔵卿として政権を奪ったハーレーの下で北部担当国務大臣に任じられ閣僚として外交、内政を担当することになった。ヘンリー・シンジョン (初代ボリングブルック子爵) フレッシュアイペディアより)

  • アビゲイル・メイシャム

    アビゲイル・メイシャムから見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    生家が窮乏していたためサー・ジョン・リヴァースの奉公に出されていたが、サラに引き取られ家族と共に育てられ、1702年にアンが即位してからはサラの斡旋で寝室係女官として宮廷に入った。1704年頃からサラが宮廷を休みがちになり、アンとサラの関係が冷え込むようになると、おとなしい性格でアンの世話役を忠実に務めたことからアンに重用されるようになっていった。また、スペイン継承戦争で大陸遠征に出向くサラの夫マールバラ公ジョン・チャーチルをイギリスで支える大蔵卿シドニー・ゴドルフィンとサラはホイッグ党と組んでいたが、アンはトーリー党をひいきしていて、アビゲイルがアンの側近になるとトーリー党の指導者ロバート・ハーレーがアビゲイルに目をつけ、彼女を通してアンと通じるようになった。アビゲイル・メイシャム フレッシュアイペディアより)

  • プレイン・イングリッシュ

    プレイン・イングリッシュから見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    その2年後、著名な公務員であった卿は、大仰で精緻に過ぎる記述を避けるための職員向けの手引書を提供するようイギリス大蔵省に依頼された。ガワーズはこのように記している。プレイン・イングリッシュ フレッシュアイペディアより)

  • スタッドリー王立公園

    スタッドリー王立公園から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    ジョン・エズラビー(John Aislabie)が1693年にスタッドリーの地所を相続した。社会的にも政治的にも野心を抱いていた彼は、1695年にはイギリス議会のトーリー党員になり、1718年には大蔵卿に任命された。彼を悲劇が打ちのめしたのは1720年のことだった。彼は南海会社の主要なスポンサーの一人であり、その株は彼個人に伸長させられていた。その金融上の巨大な破綻(南海泡沫事件)のあと、彼は議会から追放され、終身公職追放に処せられた。スタッドリー王立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーストリーク (ミサイル)

    ブルーストリーク (ミサイル)から見た大蔵省 (イギリス) 大蔵省 (イギリス)

    1955年始めにイギリス大蔵省に提出された仮見積では、開発費は5000万ポンドとされていたが、1959年後半には3億ポンドへと増加したため、プロジェクトに対する懸念が生じた。また、アメリカやソ連に比べると、イギリスの開発スピードは這うように遅いとの中傷もあった。総費用は5億5千万ポンドから13億ポンドに達すると見られた。ブルーストリーク (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • ケベック遠征

    ケベック遠征から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    イギリス政府は多少混乱していた。1710年の8月には、初代ゴドルフィン伯爵シドニー・ゴドルフィンの内閣が倒れ、アン女王は大蔵卿に初代オックスフォード=モーティマー伯ロバート・ハーレーを指名した。ハーレーはマールバラ公ジョン・チャーチルの政敵であり、マールバラ公もまた女王の寵愛を失った。ケベック遠征 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの政治

    イギリスの政治から見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    大蔵省 HMT; Her Majesty’s Treasuryイギリスの政治 フレッシュアイペディアより)

  • ヘレフォード

    ヘレフォードから見た大蔵省 (イギリス)大蔵省 (イギリス)

    南北縦貫バイパスがかねてより構想され、現在は全長14kmの高速道路計画に固まっているものの、大蔵省はその認可と費用の支出を拒み続けている。市中心部を通る幹線道にA49号、A465号、A438号がある。ヘレフォード フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「英国財政」のニューストピックワード