前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示
  • フルーク (バンド)

    フルーク (バンド)から見たインデペンデントインデペンデント

    このアルバムでは明確なハウス・サウンドにアップリフティングなリフ、アンビエント系のエフェクトがフィーチャーされ、それまでのフルークが展開していたテクノ・サウンドとは対極とも言える作品であった。序盤こそ親しみやすいポップな楽曲が収録されているものの、後半になるに従ってより野心的なアンビエント系サウンドに傾斜していく構成になっている。ともすればアルバム全体の活気を失うことになりかねない構成だが、批評家の間では好評を博し、『ビルボード』誌では「革新的」と評された。『インデペンデント』紙はより踏み込んだ表現で、フルークはヨーロッパにおける新たな大物になると評した。フルーク (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • アルセロール・ミッタル・オービット

    アルセロール・ミッタル・オービットから見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント』紙は『オービット』を、「切れ目なくループする格子であり … 8本のより糸が相互にからみつき、角張った結び目のような輪で結びつけられている」と表現している。また『ガーディアン』紙は、「巨大な格子状の三脚は、見せびらかすようにバランス用の首飾りを首に巻きつけ、それはレストランと展望台の2フロアを持つ頭部の重量感を相殺するようデザインされている」と表現している。また BBC によると、塔はオリンピックのシンボルの 5 つの輪を具現化したものだという。アルセロール・ミッタル・オービット フレッシュアイペディアより)

  • アグリー・クリスマス・セーター

    アグリー・クリスマス・セーターから見たインデペンデントインデペンデント

    アグリー・クリスマス・セーターは1990年代から2000年代にかけて、ジョークギフトとしてクリスマスの人気アイテムの一つになった。ニューヨーク・タイムズやインデペンデントによれば、1980年代のイギリスBBCの子供向けチャンネル(CBBC)で人気パペット「ゴードン・ザ・ゴーファー」(Gordon the Gopher)のクリスマス特番で歌手のアンディ・ウィリアムスがアグリー・クリスマス・セーターを着用して登場したのが、人気に火がついたきっかけである。また、TIMEやオンライン辞書のUrban Dictionaryでは、コメディアンのビル・コスビーがコメディ番組のコスビー・ショーで1980年代から着ていた派手なセーターがトレンドのルーツだとしている。アグリー・クリスマス・セーター フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化詐欺 (映画)

    地球温暖化詐欺 (映画)から見たインデペンデントインデペンデント

    2007年3月11日、インデペンデント紙は Carl Wunsch の反論を取り上げ、チャンネル4に対して、「信頼に対する深刻な挑戦」であると言われたものに応答するよう要求した。チャンネル4の広報は次のように言った。地球温暖化詐欺 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 循環報告

    循環報告から見たインデペンデントインデペンデント

    ウィキペディアと『インデペンデント』紙が関わった、2007年のサシャ・バロン・コーエンがゴールドマン・サックスで働いていたとする誤った情報の宣伝行為。循環報告 フレッシュアイペディアより)

  • ルイーズ・ブリーリー

    ルイーズ・ブリーリーから見たインデペンデントインデペンデント

    ブリーリーは2度、とタッグを組んでいる。最初は2007年の "Little Nell"(作)であり、タイトル・ロールを演じてやティム・ピゴット=スミスと共演した。この作品は、の書いた、チャールズ・ディケンズの愛人の一代記 "The Invisible Woman" に基づいており、"Little Nell" では彼女の人生を17歳から44歳まで辿ってみせる。ブリーリーの演技は、「素晴らしい」"excellent"(デイリー・メール)、「印象的だ」"impressive"()、「称賛せずにはいられない」"highly compelling"(インデペンデント)、「仰天だ」"astounding"()などと評されている。ルイーズ・ブリーリー フレッシュアイペディアより)

  • パレードへようこそ

    パレードへようこそから見たインデペンデントインデペンデント

    イギリスでは全英映像等級審査機構が「時折の激しい言葉遣い」("occasional strong language") と性描写に関する2シーン(ゲイ・バーでボンデージを着た男性のシーンと、オンルウィンの女性たちがポルノ雑誌を寝室で見つけるシーン)を原因にレイティングを「15」(15歳未満の視聴を推奨しない)に決定した。またアメリカ映画協会 (MPAA)は、イギリスの「15」に最も近いを行った。このレイティングは通例に従ったもので、英国映画協会はイギリスで「15」相当の映画はほとんどがアメリカでR指定になると述べた。『インデペンデント』紙ではMPAAのレイティングが「ドラコンの立法」("draconian") のようだと批判され、同性愛を扱った作品であるために若年者は付き添い無しで鑑賞できないレイティング ("no unaccompanied under-17s") になるのだと主張された(→ホモフォビア)。またこの記事では、MPAAが本作と同年に公開されたLGBT映画『人生は小説よりも奇なり』や、2013年公開の『』もR指定したことを批判している。『ガーディアン』紙では、この記事を引いて、MPAAが「NC-17」指定(17歳以下入場禁止)を行ったと報じたが、数日後に誤報を訂正した。MPAAはこの件についてコメントを出していないが、イギリスのLGBT活動家であるピーター・タッチェルは、「『パレードへようこそ』には、露骨な性描写や暴力描写はない。アメリカ映画協会にはマイルドな同性愛描写であったとしても、そうした描写がある映画は17歳以下には適さないという硬直した価値観があるようだ。」と述べている。パレードへようこそ フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・スワン

    ブラック・スワンから見たインデペンデントインデペンデント

    エイミー・ウェストコットは、衣裳デザイナーとしてクレジットされ、いくつもの賞でノミネートを受けたが、ポートマンや他のダンサーの40ものバレエ衣裳をデザインした人物に関して論争が生じた。イギリスの『インデペンデント』紙の記事によると、これらの衣裳は実際にはロダルテのケイト・ミュラヴィーとローラ・ミュラヴィーの姉妹がデザインしたのだという。ウェストコットはその記事に反論し、ブラック、ホワイト・スワンの衣裳は全部で7つであり、ロダルテとウェストコットとアロノフスキーとの3者で共同で作成したことを明らかにした。また、バレエ団の衣装はザック・ブラウン(アメリカンバレエシアター)がデザインし、ウェストコットと彼女の衣装デザイン部が少し手を加えた。ウェストコットは「この論争は、映画がどれくらい良くできているかわかった後になってクレジットに関して文句を言い、自らのリソースを使って宣伝してくる2人に対する賞賛の言葉である」と述べた。ブラック・スワン フレッシュアイペディアより)

  • エミリー・ラタコウスキー

    エミリー・ラタコウスキーから見たインデペンデントインデペンデント

    2016年2月16日、レナ・ダナムの「」ニュースレターの中で、若い頃セクシャリティについて受けた圧力に耐えたことや女性の性的エンパワーメントに関する意見を述べた。雑誌「ELLE」、「エスクァイア」、「ハーパーズ バザー」が彼女のニュースレターを再掲した。「グラマー」のヘイリー・スペンサー、「ハフィントン・ポスト」のジョナヴェーヴェ・ハッチ、「デイリー・ミラー」のラケル・ムーンなどの批評家はそれを称賛した。「COSMOPOLITAN」のマッキー・クレアと「Marie claire」のニッキ・キンストンガーによれば、ラタコウスキーは自分のセクシャリティと体の表現を定義し所有することに自らの力を入れている。サロンのエリン・クルハンは、エッセイが社会的なを特定したと述べた。曰く「怒りを引き起こし、刺激し、羨望を与える」女性のセクシャリティが批評と自分の体形を他人と比較して恥ずかしく思うことに繋がる。のイザベラ・シルバースは、「女性のセクシャリティがいつも他の誰かの利益のためにあるのではない」と同意した。インデペンデントのシャーロット・ギルは、ニュースレターから「取り留めのない」と「鈍い」という印象を見出した少数派であることを認めた。エミリー・ラタコウスキー フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・ウィンター

    ヘンリー・ウィンターから見たインデペンデントインデペンデント

    ウェストミンスター・スクールとエディンバラ大学を卒業後、1年の間、ロンドンでスポーツ雑誌制作の仕事に携わり、その後、インデペンデント紙でスポーツ記事や学校記事を執筆した。1994年にデイリー・テレグラフ紙に移り、主にサッカー記事を執筆している。ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップの際には毎日配信のウェブキャストに関わり、特にイングランド代表の情報を提供した。Sky Sportsの「サンデー・サプリメント」など、テレビでの討論番組に出演することもあり、また「BBC ラジオ5・ライヴ(主にスポーツ中継を担当する局)の解説者も務めた。ヘンリー・ウィンター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード

  • 日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。

  • 史上最長ブランク87大会ぶり勝利&花園初勝利

  • 79大会ぶり出場