153件中 91 - 100件表示
  • ビルバオ・グッゲンハイム美術館

    ビルバオ・グッゲンハイム美術館から見たインデペンデントインデペンデント

    1997年に美術館が開館すると、ゲーリー本人が建築上の運動と自分自身を関連付けているわけではないが、すぐに脱構築主義建築(デコンストラクティビズム)でもっとも壮観な建築物のひとつ、20世紀の傑作として称賛を集めた。建築家のフィリップ・ジョンソンは「我々の時代で最高の建築物」と表現し、 評論家のカルヴァン・トムキンスは「ザ・ニューヨーカー」で、魚の鱗を連想させてきらきらと反射するパネルについて、「チタニウムの外套をまとい、うねるような形状の、幻想的な夢の船」と表現した。建築批評家のハーバート・ムシャンプは「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」で「機転を利かせる才気」(mercurial brilliance)と称賛した。インデペンデント紙は美術館を「驚くべき建築の偉業」と呼んだ。この美術館に触発された似たようなデザインの建築物には、アメリカ・カリフォルニア州にあるセリトス・ミレニアム図書館などがある。ビルバオ・グッゲンハイム美術館 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ハモンド

    フィリップ・ハモンドから見たインデペンデントインデペンデント

    2012年のロンドン・オリンピックが開催される4週間前に、警備会社のG4Sは当初引き受けた大会のために展開するセキュリティ・スタッフの数を提供することができないと発表した。ハモンドは不足する5,000名の人員に対して軍人を投入することで問題を解決した。兵士達のパフォーマンスは広範囲にわたって賞賛された。その後ハモンドはインデペンデント紙に対してこの問題が彼に重要なレッスンを教えたと語った。「私は、我々は民間部門が政府の中でどのようにしなければならないかについて理解する方法を見つけなければならないという偏見を持って国防省に入った」「しかし、G4Sの一件と軍の支援の物語は全く有益であった。私は乏しい商業的なモデルの使用には国防省の領域で関連があるということを知っている、しかし同時に、あなたは軍艦を見ることができず、言うことができない。『どうやって私はこれに乏しい経営モデルを持ってくることができるのか?』?なぜなら、それは異なったものを反発力の異なるレベルで行っているので、それらは民間部門でそれほどに一般に必要とされない。」フィリップ・ハモンド フレッシュアイペディアより)

  • ナイラ証言

    ナイラ証言から見たインデペンデントインデペンデント

    1992年、人権擁護団体ミドルイーストウォッチが保育器の件について調査結果を公表。それによると、「イラク軍が病院を標的にしたのは確かだが、保育器を奪い新生児を床に放置し死なせたのは事実ではなく、戦争プロパガンダに過ぎない。話自体は国外の人間が捏造したものであった」という。また、ナイラが保育器の件を目撃したと主張する病院の医師にもインタビューを行った結果、「数十台の保育器はあるけれども、イラク軍が奪った保育器は無いし、新生児が取り出されてもいない」とインデペンデントが報じた。ナイラ証言 フレッシュアイペディアより)

  • オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜

    オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜から見たインデペンデントインデペンデント

    カンヌ国際映画祭での上映後にはレッドフォードはスタンディングオベーションを受けた。『インデペンデント』のジェフリー・マクナップは「すごく説得力ある見もの」と述べた。『ガーディアン』のアンドリュー・パルバーは「レッドフォードの並外れた演技は、一切の助演無しでたやすく画面を保持している」と評した。『バラエティ』のジャスティン・チャンはレッドフォードの演技について「顔をしかめ、にらみ、トラブルに対処し、時折罵声を上げることで観賞者の興味を維持している」と評した。『デイリー・テレグラフ』のロビー・コリンは「映画の範囲は限定されているが、きちんとしたアイデアがとても機敏に実行されたため、『オール・イズ・ロスト』はその範囲内で非常に良質となっている」と評した。オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜 フレッシュアイペディアより)

  • 川久保玲

    川久保玲から見たインデペンデントインデペンデント

    僕の結論は以前にも書いた事があるが、川久保玲という人間が持ち得た“人間のがんばり”である。彼女にはこの“人間のがんばり”が持ち得た責任感の強さと、とてつもない決断力と潔さのバランスで依然、カオス状態でエネルギー源になっている。これに僕は彼女の人間としての深さ、そのスケールを他に見られない凄さとして感じ、リスペクトするのだ。インデペンデントなデザイナーブランドでは多分、日本一のファッションビジネスを展開しているだろう。(世界レベルでも2009年の統計では、既に世界で19位のメゾンブランドだった。/Xerfi700より)よく並び称される“イッセイやヨウジ”にはこのがんばりが少ない。残念だが、単純な理由は男性デザイナーだからというより仕方ないだろう。川久保玲の、“人間のがんばり”には三つの寄与があり、これが彼女の“夢”への最後のモチベーションであり真の立派さである。川久保玲 フレッシュアイペディアより)

  • 死のハイウェイ

    死のハイウェイから見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント紙のロバート・フィスクは、多国籍軍の爆撃後に現場へ赴いた。フィスクは自書「The Great War for Civilisation」において、数キロの長さに渡って渋滞に掴まった車両が軍民問わず爆撃され、破壊された光景を記述している。フィスクは車両の乗員の焼死体について次のように述べている。死のハイウェイ フレッシュアイペディアより)

  • 再現性の危機

    再現性の危機から見たインデペンデントインデペンデント

    再現性の危機は心理学が非科学的であるということを意味しない。むしろこのプロセスは、科学的なプロセスの辛辣な部分ではあるが、健康的である。このプロセスにおいて古い考えや入念かつ精密な調査に耐えることのできない考えが(この方法が常に効率的であるとは限らないものの)排除される。この結論として、かつて信頼できると見なされた心理学のいくつかの分野、例えば社会的プライミング、が再現実験の失敗により詳細な調査の対象となっている。イギリスのインデペンデント紙はの結果は出版された研究の多くがただの"心理バブル"(psycho-babble)であることを示したと記している。再現性の危機 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ラブロック

    ジェームズ・ラブロックから見たインデペンデントインデペンデント

    イギリスの新聞インデペンデントは2006年1月、ラブロックの談話として、地球温暖化の結果として21世紀末には「何十億もの人々が死に、気候的に耐えられる極地でごく少数が生き残るだろう」と書いた1。ジェームズ・ラブロック フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・アダムズ

    ダグラス・アダムズから見たインデペンデントインデペンデント

    死後に出版された The Salmon of Doubt には、アダムズがテクノロジーを主題に書いたエッセイがいくつかあり、MacUser 誌向けの記事やインデペンデント紙土曜版向けの記事も収録されている。それらによると、アダムズが最初に目にしたコンピュータは Commodore PET であり、Apple Macintosh を愛好するようになったのは、1983年にマサチューセッツ州のInfocom本社で目にしたことがきっかけだったという(ただし、時期的に見てMacではなく Apple Lisa だったと思われる)。ダグラス・アダムズ フレッシュアイペディアより)

  • セブン (映画)

    セブン (映画)から見たインデペンデントインデペンデント

    本作は批評家達から高い評価を受け、「Rotten Tomatoes」でも2012年現在でも80%の肯定的評価を受けている。「本作のとっておきの切り札(ace in the hole)は、若く頑固な新人刑事と、老練なベテラン刑事を演じたピットとフリーマンである。だからといって、その差異が素晴らしい、現実味があるというわけではない。彼らの卓越した演技によって、未完成のキャラクターが完全なものになっている」と、ゲイリー・アーノルド(ワシントン・タイムズ)はキャストを称賛している。シーラ・ジョンストンは、インデペンデント紙上の彼女のコーナーでフリーマンの演技を称賛した。彼女は「映画は、犯人逮捕を諦めない疲れきった引退間近の男を演じきったフリーマンの演技を完全にものにしている」と述べている。『Sight & Sound』のレビューでJohn Wrathallは「セブンはGeorge Sluizer の『ザ・バニシング 消失』(1988年の映画版)以来最も恐ろしい結末の作品であり、連続殺人鬼との攻防を扱った作品としては『刑事グラハム/凍りついた欲望』以来だ」と書いている。セブン (映画) フレッシュアイペディアより)

153件中 91 - 100件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード