153件中 111 - 120件表示
  • 学界の春

    学界の春から見たインデペンデントインデペンデント

    学界の春(がっかいのはる、)は、2012年に数学界を中心に始まった、エルゼビア社への論文寄稿・査読・編集ボイコット運動。英語の呼称はエコノミスト新聞社(2012:文末)による。フィールズ賞受賞数学者ウィリアム・ティモシー・ガワーズ(2012)氏が自身のブログにエルゼビア社に寄稿しない理由を公開したのが発端。これを受けてTyler Neylon (n. d.) 氏が『The Cost of Knowledge』という署名サイトを立ち上げ、ボイコットが一気に拡大した。インデペンデントの2012年2月9日付ブログ記事によれば、寄稿者4700人以上の署名が集まっている。学界の春 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ゲイティス

    マーク・ゲイティスから見たインデペンデントインデペンデント

    ゲイであることを公表しており、2010年と2011年にインデペンデント紙のイギリスで影響力のあるゲイの人物に選ばれている。 俳優のとを結んでおり、彼とラブラドール・レトリバーのブンセンと共に暮らしている。マーク・ゲイティス フレッシュアイペディアより)

  • サダム・フセイン 疑惑のシュレッダー

    サダム・フセイン 疑惑のシュレッダーから見たインデペンデントインデペンデント

    ジョセフは自身が、アッシリア東方教会の牧師であり、2003年にイラクに入りした反戦「人間の盾」の一人であると主張していた。ジョセフは、フセインから弾圧を受けていた人々は衝突を避けるどころかアメリカによる侵攻を望んでおり、「アメリカの爆撃が始まらなかったなら自殺するつもりだ」と述べた、と伝えた。彼はすぐに踝を返して出国したが、それはこの話とシュレッダーの目撃談を聞いた後のことである。「『人々はプラスチック製品ための巨大な工業用破砕機にかけられていた、まず足から先にかけられたため、頭部まで噛み砕かれる最中の人々の悲鳴を聞くことが出来た』といった彼らの話す嬲り殺しと拷問の話に私は気分が悪くなった。イラク戦争支持派であったイギリスの若手ジャーナリストであるは、「現実を痛感させられた」とのジョセフの発言を、2003年3月26日付のインデペンデント紙のコラムにおいて引用した。サダム・フセイン 疑惑のシュレッダー フレッシュアイペディアより)

  • タイムズ

    タイムズから見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント紙がタブロイドサイズ版を発行したことに追随、2003年11月今までの一般紙サイズに加えタブロイドサイズ版も発行されるようになった。2004年9月13日から北アイルランドでは平日はタブロイド版のみとなる。タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • 27クラブ

    27クラブから見たインデペンデントインデペンデント

    2011年12月にブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに発表された調査によると、27歳の時点でミュージシャンの死亡リスクは増加していないとの結論に達した。サンプリングされたミュージシャンは、20代と30代で死亡リスクが増加していたが、それは27歳に限定されない。インデペンデントの2015年の記事でも、ポピュラー音楽のミュージシャンは27歳で死亡する可能性は低いという統計的な証拠が示されている。27クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 辻静雄

    辻静雄から見たインデペンデントインデペンデント

    Obituary: Shizuo Tsuji | The Independent - インデペンデント紙での死亡記事辻静雄 フレッシュアイペディアより)

  • フランシスコ (ローマ教皇)

    フランシスコ (ローマ教皇)から見たインデペンデントインデペンデント

    さらに、教皇就任式を控えた時期にも、同じく母国アルゼンチンの人々に対して「ローマに来る飛行機代があるなら、それを貯金に回すか、貧しい人に寄付するかして欲しい」とメッセージを発した。インデペンデント紙は、これについて、ミュージカル『エビータ』の主題歌のタイトル「アルゼンチンよ、泣かないで」()をもじった「アルゼンチン人よ、飛行機で来ないで」()の見出しをつけて紹介した。フランシスコ (ローマ教皇) フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィア・プラス

    シルヴィア・プラスから見たインデペンデントインデペンデント

    ヒューズが広く非難を受け続けていた1989年、『ガーディアン』誌と『インデペンデント』誌の読者投稿欄を戦場にして、論争が持ち上がった。きっかけは1989年4月20日、『ガーディアン』にヒューズが書いた記事「シルヴィア・プラスが安息を得て眠るべき場所」("The Place Where Sylvia Plath Should Rest in Peace")だった。ヒューズはプラス幻想の行き過ぎにより言論の自由が奪われているとして、次のように書いた。シルヴィア・プラス フレッシュアイペディアより)

  • 蜂群崩壊症候群

    蜂群崩壊症候群から見たインデペンデントインデペンデント

    2007年4月、ランダウ大学の研究に関するニュースが、インデペンデントに掲載された論文、すなわち研究対象を携帯電話とし、CCDに関連づけた論文をはじめとして、主要なメディアに登場した 。蜂群崩壊症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ビル・エイデン

    ビル・エイデンから見たインデペンデントインデペンデント

    Obituaries - Bill Eyden, Jazz drummer at the heart of British bebop (訃報. インデペンデント2004年11月3日付. 英語)ビル・エイデン フレッシュアイペディアより)

153件中 111 - 120件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード

  • 日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。

  • 史上最長ブランク87大会ぶり勝利&花園初勝利

  • 79大会ぶり出場