153件中 121 - 130件表示
  • ナンシー・ミットフォード

    ナンシー・ミットフォードから見たインデペンデントインデペンデント

    ナンシーは自分のことをジャーナリストだと考えていなかった。それでもその記事は人気があり、特にパリでの生活について「サンデイ・タイムズ」に寄稿したものがそうだった。トンプソンは、このシリーズをピーター・メイルの『プロバンスの1年』のより洗練されたバージョンであり、フランスを最もありそうなやり方でイギリスに持ってきた」と表現した。トンプソンは、ナンシーは常に有能な作家であるが、彼女の真の性格が表れるのは、表現の自由と想像の飛躍を持ったその手紙にあると付け加えている。多くの記事が作品集のなかで出版されている。「インデペンデント」の書評家に拠れば、「喜ばしく、不快で面白い機知の火花で溢れ、丁寧さとは離れた新鮮さがある」と表現している。ナンシー・ミットフォード フレッシュアイペディアより)

  • ファデル・シャナ

    ファデル・シャナから見たインデペンデントインデペンデント

    Tank shell that sprays deadly darts killed cameraman in Gaza, say doctors インデペンデントファデル・シャナ フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・ウォーレス

    エドガー・ウォーレスから見たインデペンデントインデペンデント

    ハリウッドに移ると、RKO社の脚本手直しの仕事に就く。その後に脚本を書いた『:en:The Green Pack』は高い評価を得て、さらに高いステータスに押し上げた。ウォーレスは、彼自身の作品『正義の4人』『J・G・リーダー氏』などをハリウッド映画化を望んだ。彼の異父兄弟でスタンリー・ホロウェイ付きの脚本家マリオット・エドガーとも出会っている。ギャングアル・カポネを描いた映画『On the Spot』は、脚本家としてのもっとも成功したことを示す。「構成、会話、アクション、プロット、結末、いずれも20世紀メロドラマの中で最も純粋で素晴らしい作品の一つであることは間違いない」と称される。(インデペンデント紙、2000年)チャールズ・ロートンはカポネにあたるトニー・ピレリ役で、俳優として売り出した。エドガー・ウォーレス フレッシュアイペディアより)

  • オズの魔法使い

    オズの魔法使いから見たインデペンデントインデペンデント

    1995年、グレゴリー・マグワイアは修正主義者がオズの国や登場人物を見つける『Wicked: The Life and Times of the Wicked Witch of the West 』を出版した。ドロシーではなく未来の西の悪い魔女となるエルファバに焦点を当てている。『インデペンデント』紙は「社会に入り込めない、適応できない、圧迫を受けている大人が自分と向き合うことができる」小説と評した。ユニバーサル・ピクチャーズはこの小説の映画化権を購入して映画化される予定だった。作詞作曲家スティーブン・シュワルツはその代わりにミュージカル化するようユニバーサルを説得した。シュワルツはミュージカル『ウィケッド』の作詞作曲をし、2003年10月、ブロードウェイで初演された。オズの魔法使い フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ギルバート

    マイケル・ギルバートから見たインデペンデントインデペンデント

    子に、作家兼キャスターのハリエット・ギルバートと、インデペンデント紙のジャーナリスト、ジェラード・ギルバートがいる。マイケル・ギルバート フレッシュアイペディアより)

  • 数独

    数独から見たインデペンデントインデペンデント

    世界的な流行は、1997年に59歳のニュージーランド人)が日本の書店で数独の本を手にとったことに始まる。グールドは6年後、数独をコンピュータで自動生成するプログラムを作る事に成功。イギリスの新聞・タイムズに売り込み、2004年11月12日から の名で連載を開始した。2005年4月から5月にかけてブームに火が付き、インデペンデント、ガーディアン、ザ・サン、デイリー・ミラーなどイギリスの主要日刊紙に軒並み掲載されるという状況になった。2005年7月1日にはテレビ局スカイ・ワンが、数独をテーマにした初のテレビ番組を放映。イギリスでの人気は他国にも飛び火し、パズルとしては1980年頃のルービック・キューブ以来の大流行と言われた。数独 フレッシュアイペディアより)

  • グランド・ホテル (アルバム)

    グランド・ホテル (アルバム)から見たインデペンデントインデペンデント

    本作の完成を目前とした1972年9月にデイヴ・ボールがバンドを脱退し、最終的には後任ギタリストのミック・グラバムがギター・ソロをオーバー・ダビングした。ただし、ボールが2015年に『インデペンデント』紙のインタビューで語ったところによれば、「スーヴェニア・オブ・ロンドン」におけるギターとスプーンはボールの演奏であり、また、ジャケットに写っているバンド・ショットはボール在籍時に撮影されて、顔だけがグラバムの写真に差し替えられ、体はボールのものだという。なお、2009年に発売されたリマスターCDには、ボールの演奏が使用された「ブリンギング・ホーム・ザ・ベーコン」がボーナス・トラックとして収録されている。グランド・ホテル (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • イヴェット・クーパー

    イヴェット・クーパーから見たインデペンデントインデペンデント

    1990年には影の財務大臣ジョン・スミスのエコノミック・リサーチャーとなり、1992年にはアメリカの大統領候補ビル・クリントンのもとでも働いた。その後、影の財務省主席担当官のハリエット・ハーマンの政策アドバイザーとなり、1995年にはインデペンデント紙の経済ジャーナリストとして働いた。イヴェット・クーパー フレッシュアイペディアより)

  • エディンバラ大学

    エディンバラ大学から見たインデペンデントインデペンデント

    2011年度版QS世界大学ランキングではエディンバラ大学は世界20位に、2011年度版タイムズ・ハイアー・エデュケーションでは世界36位、ヨーロッパ7位、英国5位の評価を受けている。上海交通大学の発行する世界大学学術ランキング2011年度版では、世界53位、ヨーロッパ14位、英国6位にランク付けされている。ガーディアンによる2012年度英国大学ランキングでは英国16位、インデペンデントによる2012年度大学ガイドでは13位、サンデー・タイムズでは27位、タイムズでは15位であった。エディンバラ大学 フレッシュアイペディアより)

  • 中山千夏

    中山千夏から見たインデペンデントインデペンデント

    『週刊文春』の企画グラビア「天下の大物」(1969〜1971年)に連載した短文を高く評価されて以来、本格的に著作活動を行うようになった。70年代半ばには小説も書き始め、『子役の時間』(1980年6月文藝春秋より同名の小説集を出版)ほかで3度直木賞候補となる。同作は後年、数カ国語に翻訳され、1990年に英国ではインデペンデント紙の月間最優秀海外フィクション賞を受賞している。中山千夏 フレッシュアイペディアより)

153件中 121 - 130件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード

  • 日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。

  • 史上最長ブランク87大会ぶり勝利&花園初勝利

  • 79大会ぶり出場