153件中 21 - 30件表示
  • テイラー・ウェイン

    テイラー・ウェインから見たインデペンデントインデペンデント

    5年間、彼女はSwank誌(アメリカのポルノ雑誌)の専属コラムニストを務めた。ウェインは、LIPS誌とErotic Film Guideにも寄稿している。彼女は現在Busty Beauties誌(ラリー・フリントが創刊したアメリカのポルノ雑誌)の著名な編集者として、月4ページの連載を持っている。彼女は英国のインデペンデント、デイリースポーツ (The Daily Sport)、Best、ザ・サン、The Star、ニュース・オブ・ザ・ワールドなどのタブロイド紙や女性誌で記事を書き、インタビューを受けた。テイラー・ウェイン フレッシュアイペディアより)

  • ワン・フロム・ザ・モダン

    ワン・フロム・ザ・モダンから見たインデペンデントインデペンデント

    アルバムは前2作『モーズリー・ショールズ』と『マーチング・オールレディ』とは雰囲気が変わり、よりスローに、哀調を帯びたものとなっている。このアルバムは批評家により、とても商業的になったと酷評され、「ダッド・ロック」というレッテルを貼られた。アルバムに対して「声を押し殺したヴォーカル」、「困惑した歌詞」と評したヘラルド誌のデヴィッド・ベルチャーにも否定された。インデペンデント誌でニコラス・バーバーは、「非難のほとんどはサイモン・ファウラーに向けられている。彼の潰れたヴォーカルとナンセンスな歌詞は、彼が何を伝えたらよいのかわからなくなっていることを示唆している」と述べている。ワン・フロム・ザ・モダン フレッシュアイペディアより)

  • パウル・クルッツェン

    パウル・クルッツェンから見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント紙の科学部門編集長であるスティーブ・コナーは次のように書いている。パウル・クルッツェン フレッシュアイペディアより)

  • バーニー・ホスキンス

    バーニー・ホスキンスから見たインデペンデントインデペンデント

    ホスキンスは、ポップカルチャーや芸術について、イギリス版『ヴォーグ』誌に寄稿し、5年にわたってコントリビューティング・エディター (Contributing Editor) を務め、さらに、『タイムズ』紙、『ガーディアン』紙、『インデペンデント』紙、『オブザーバー』紙、『』誌などに定期的に寄稿してきた。さらに、『ハーパーズ バザー』誌、『インタビュー』誌、『スピン』誌、『ローリング・ストーン』誌や、Amazon.com、CDNOWなどにも寄稿している。バーニー・ホスキンス フレッシュアイペディアより)

  • フローリアン・ゼレール

    フローリアン・ゼレールから見たインデペンデントインデペンデント

    フローリアン・ゼレール(Florian Zeller、1979年6月28日?、パリ生まれ)は、フランスの作家、劇作家、脚本家。彼の作品は10ヶ国以上の言語に翻訳されている(英語版もある)。2004年に作品「Fascination of Evil(原題:La Fascination du Pire)」で、権威ある「アンテラリエ賞」を受賞している。また、他の作品についても、いくつかの脚本でモリエール賞を受賞している。英紙「インデペンデント」によれば、「現在フランス国内で最も魅力的な文学的才能の持ち主のひとり」ということである。フローリアン・ゼレール フレッシュアイペディアより)

  • サイモン・ベケット

    サイモン・ベケットから見たインデペンデントインデペンデント

    1960年4月20日、イングランド中部の工業都市シェフィールドの労働階級の家庭に生まれる。大学院で英文学の学位を取得した後、スペインで教鞭を取るかたわら、バンド活動をし、やがてフリーランスのジャーナリストとなった。『タイムズ』『インデペンデント日曜版』『デイリー・テレグラフ』『オブザーバー』などに記事を書いた。1994年の"Fine Lines" を含む何作かの小説を書いた後、2006年、デイヴィッド・ハンターシリーズの第1作『法人類学者デイヴィッド・ハンター』(原題:The chemistry of death )を上梓する。同作はゴールド・ダガー賞にノミネートされた。シリーズの刊行は、『骨の刻印』(原題:Written in Bone 、2007年8月)、『骨と翅』(原題:Whispers of the Dead 、2009年1月)、"The Calling of the Grave" (2010年)と続き、世界中で数百万部以上が売れており、特にドイツとスカンディナヴィアで人気が高い。サイモン・ベケット フレッシュアイペディアより)

  • セパハン航空5919便墜落事故

    セパハン航空5919便墜落事故から見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデントの報道によると、生存者は9人であった。当初国営メディアは生存者なしと発表していた。セパハン航空5919便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ヘレン・ウォリス

    ヘレン・ウォリスから見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント』紙、1995年2月14日付に、W・R・ミード (W.R. Mead) による訃報が掲載された。ヘレン・ウォリス フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・ペイン

    アンソニー・ペインから見たインデペンデントインデペンデント

    作曲家としての際立ったキャリアに加え、ペインは音楽に関する文筆活動によっても名声を確立してきた。ペインの著作にはアルノルト・シェーンベルクやフランク・ブリッジに関するものがある他、『デイリー・テレグラフ』紙、『インデペンデント』紙、『』誌での音楽批評も広く知られている。ペインはイギリス、オーストラリア、アメリカへ講演に招かれている。アンソニー・ペイン フレッシュアイペディアより)

  • ラミリー

    ラミリーから見たインデペンデントインデペンデント

    ラミリー人形は「しっくりきて、強い」、そして茶色の髪を持ち若干の化粧をほどこすというマーケティングがなされた。英インデペンデント紙はラミリーの服がバービーのものに比べてトーンダウンしたと評した。この人形は手首・肘・ひざと足首の関節が曲がるようになっており、スニーカーやハイヒールを履かせることもできる。ラミリー フレッシュアイペディアより)

153件中 21 - 30件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード

  • 日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。

  • 史上最長ブランク87大会ぶり勝利&花園初勝利

  • 79大会ぶり出場