71件中 21 - 30件表示
  • ナイラ証言

    ナイラ証言から見たインデペンデントインデペンデント

    1992年、人権擁護団体ミドルイーストウォッチが、保育器の件について調査結果を公表。それによると、「イラク軍が病院を標的にしたのは確かだが、保育器を奪い新生児を床に放置し死なせたのは事実ではなく、戦争プロパガンダに過ぎない。話自体は国外の人間が捏造したものであった」という。また、ナイラが保育器の件を目撃したと主張する、病院の医師にもインタビューを行った結果、「数十台の保育器はあるけれども、イラク軍が奪った保育器は無いし、新生児が取り出されてもいない」とインデペンデントが報じた。ナイラ証言 フレッシュアイペディアより)

  • マット・ベイノン・リース

    マット・ベイノン・リースから見たインデペンデントインデペンデント

    2004年、ノンフィクション「Cain's Field: Faith, Fratricide, and Fear in the Middle East」を発表。2007年、初めて挑んだフィクション「ベツレヘムの密告者」で英国推理作家協会主宰のCWA賞最優秀新人賞(ジョン・クリーシー・ダガー賞)を受賞し、12ヶ国語に翻訳、14カ国で刊行され、アメリカ合衆国のニューヨーク・タイムズ、イギリスのインデペンデント、フランスのフィガロなど、各国のメディアに絶賛された。マット・ベイノン・リース フレッシュアイペディアより)

  • イヴェット・クーパー

    イヴェット・クーパーから見たインデペンデントインデペンデント

    1990年には影の財務大臣ジョン・スミスのエコノミック・リサーチャーとなり、1992年にはアメリカの大統領候補ビル・クリントンのもとでも働いた。その後、影の財務省主席担当官のハリエット・ハーマンの政策アドバイザーとなり、1995年にはインデペンデント紙の経済ジャーナリストとして働いた。イヴェット・クーパー フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ゲイティス

    マーク・ゲイティスから見たインデペンデントインデペンデント

    ゲイであることを公表しており、2010年と2011年にインデペンデント紙のイギリスで影響力のあるゲイの人物に選ばれている。 俳優のイアン・ハラードとシヴィル・パートナーシップを結んでおり、彼とラブラドール・レトリバーのブンセンと共に暮らしている。マーク・ゲイティス フレッシュアイペディアより)

  • バッキンガム大学

    バッキンガム大学から見たインデペンデントインデペンデント

    英国学生満足度調査(National Student Survey)では2005年の初掲載以来、毎年全英1位にランクされている。また、タイムズ、ガーディアンなどの主要新聞の総合大学ランキングでは、法学、経営学、英語学が毎年上位に評価されている。ガーディアン紙の分野別ランキング(2011年度)では法学第24位、経営学第2位、英語学6位にランクされた。タイムズ紙の全英大学ランキング(2012年度)では、全英総合21位、学生満足度指数は1位。インデペンデント紙の全英総合大学ランキング(2011年度)では、総合20位、学生満足度指数は1位。Times Good University Guide(2013年度)では、学生満足度指数はオックスフォード大学とケンブリッジ大学と同数で全英1位。ガーディアン紙の総合大学ランキング(2013年度)では全英総合16位。バッキンガム大学 フレッシュアイペディアより)

  • 死のハイウェイ

    死のハイウェイから見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント紙のロバート・フィスクは、多国籍軍の爆撃後に現場へ赴いた。彼は自書「The Great War for Civilisation」において、数キロの長さに渡って渋滞に掴まった車両が軍民問わず爆撃され、破壊された光景を記述している。彼は車両の乗員の焼死体について次のように述べている。死のハイウェイ フレッシュアイペディアより)

  • カゴ (被差別民)

    カゴ (被差別民)から見たインデペンデントインデペンデント

    カゴ(Cagots)に関する諸名称とカゴ自身の起源については明らかになっていない。西ゴート族の末裔でカゴの語源はcaas(イヌ)と"Goth"(ゴート族)であるとの説もあるが、この語形での"cagot"は1542年になってから初めて文献に現れたものであるところに難がある。16世紀のフランスの歴史家ピエール・ド・マルカは、著書Histoire de Béarnの中で異説を唱え、カゴという語は「ゴート族の狩人たち」の意であり、カゴの祖先はサラセン人であると主張した。カゴが「8世紀にムスリムが侵入した際、スペインとフランスに取り残されたムーア人の兵士の子孫である」との説は「多くのフランスの専門家たちに支持されている」と2008年の『インデペンデント』紙に報じられたことがある。カゴ (被差別民) フレッシュアイペディアより)

  • パウル・クルッツェン

    パウル・クルッツェンから見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント紙の科学部門編集長であるスティーブ・コナーは次のように書いている。パウル・クルッツェン フレッシュアイペディアより)

  • セント・アンドルーズ大学 (スコットランド)

    セント・アンドルーズ大学 (スコットランド)から見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント紙が編纂した"The Complete University Guide" (2012年度版)によると、セントアンドルーズ大学は総合ランキングで全英116大学中第6位(入学難易度で第6位、学生の満足度で第3位、学術研究で第12位、学生の就職力で第14位)であった。このランキングを分野別でみるとアフリカ東洋学とフランス語で第2位、物理学・天文学、東洋言語で第3位、化学、地学、ドイツ語、イベリア言語、美術史で第4位、社会人類学、神学・宗教学で第5位であった。セント・アンドルーズ大学 (スコットランド) フレッシュアイペディアより)

  • デイビッド・マクニール

    デイビッド・マクニールから見たインデペンデントインデペンデント

    デイヴィッド・マクニール(David Mcneill) はアイルランド出身のジャーナリスト。上智大学講師、インデペンデント紙記者。以前はアイルランドのアイリッシュタイムズの日本特派員であった。デイビッド・マクニール フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示