153件中 31 - 40件表示
  • システィーナ礼拝堂壁画修復

    システィーナ礼拝堂壁画修復から見たインデペンデントインデペンデント

    ロンドンの『インデペンデント紙』の記者アンドリュー・ワーズワースも修復結果に疑問を呈している。システィーナ礼拝堂壁画修復 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ジェームス

    アレックス・ジェームスから見たインデペンデントインデペンデント

    ザ・サン、テレグラフでコラムを連載している他、インデペンデント、オブザーバー、Qマガジン、タイムズ、サンデー・タイムズ、スペクテイター、アイドラー、エルで執筆活動を行っている。ハーパース・バザーではコントリビューティング・エディターを務めていた。アレックス・ジェームス フレッシュアイペディアより)

  • 田畑泉

    田畑泉から見たインデペンデントインデペンデント

    東京大学教育学部及び教育学研究科を修了した後、 スピードスケートのナショナルチームでコーチをしていた入澤孝一(現高崎健康福祉大学教授)が導入していたトレーニングを運動生理学的側面から研究し、効果を実証した論文を発表したところ、合理的で高い効果が得られる点が海外で評価されブームになり、""と呼ばれてインデペンデント紙にも取り上げられるまでに至った。このトレーニング法は近年になって「タバタ式トレーニング」の名で日本にも逆輸入され、国内でも様々な記事に取り上げられたが、誤解されている点が多く解説書を執筆し出版している他、トレーニングの公式サイトも開設されている。田畑泉 フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・ラスティグ

    ロビン・ラスティグから見たインデペンデントインデペンデント

    ロビン・ラスティグ:メディアでの生活 ジ・インディペンデントロビン・ラスティグ フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・キャドバリー

    ピーター・キャドバリーから見たインデペンデントインデペンデント

    Obituary - 『インデペンデント』紙の訃報ピーター・キャドバリー フレッシュアイペディアより)

  • いとしのレイラ (アルバム)

    いとしのレイラ (アルバム)から見たインデペンデントインデペンデント

    オールミュージックの編集者、スティーヴン・トーマス・アールワインはオールマンのスライドギターを称賛し、「クラプトンを新たな高みに押し上げた」と語り、「『レイラ』のような強力なレコードを作ることは、クラプトンが伝統を無視して時折彼を窮地に追いやり、単に熱く激しい感情をもってこれらの歌を通して引き裂くということである。」と述べた。インデペンデントのアンディ・ジルは、アルバムの「ブルース・スタンダードと敏感なオリジナル」を賞賛し、オールマンと共にクラプトンの熱烈な親近感に注目した。ジルはアルバムについて「画期的な状態を確実にするだろう。」と記した。Yahoo! Musicのデイヴ・ディマーティノはまた、オールマンの「刺すようなギターワーク」に注目し、「レイラ」は「クラプトンの傑作であり、70年代の最もすばらしいロックンロール・アルバムの1つ」と記した。「このベストセラーの2枚組LPは、クラプトンのクリーム後におけるスーパースターの地位を確立した。」と論評した。シカゴ・サンタイムズのジム・デロガティスは、本作を「エリック・クラプトンのキャリア上の最も強い録音で、論証上今まで作られた最大級のブルースロック・アルバム」と呼んだ。一方、シカゴ・トリビューンの評論家グレッグ・コットはクラプトンの「ブルースロック・ギターの傑作」として認めた。いとしのレイラ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • アグリッピナ (ヘンデル)

    アグリッピナ (ヘンデル)から見たインデペンデントインデペンデント

    Picard, Anna (11 February 2007), Agrippina, "The Coliseum, London" in The Independent. Retrieved on 5 March 2009.アグリッピナ (ヘンデル) フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・アイブ

    ジョナサン・アイブから見たインデペンデントインデペンデント

    The boy from Chingford who puts the bite into Apple's iconic design: インデペンデント紙 2008年5月19日 - アイブへのインタビュージョナサン・アイブ フレッシュアイペディアより)

  • バオ・ニン

    バオ・ニンから見たインデペンデントインデペンデント

    『戦争の悲しみ』は1993年にイギリスで翻訳・出版され、続いて10数カ国で出版される。1995年にイギリスインデペンデント紙の外国小説優秀作品賞、1997年にはデンマークのALOA賞を受賞した。1997年に、ベトナム作家協会の機関誌『ヴァンゲ』の常勤編集委員となり、執筆の他に編集や講義などの活動も行う。バオ・ニン フレッシュアイペディアより)

  • ニュー・デー

    ニュー・デーから見たインデペンデントインデペンデント

    ニュー・デーはデイリー・ミラーや、を発刊するトリニティ・ミラーによって創刊された。2016年2月29日に紙齢第1号が、イギリスのナショナルペーパーとしては2010年の以来、単体の新聞としては1986年のインデペンデント以来となる新聞をフリーペーパーとして発行された。当初、ニュー・デーはページ数は40ページ強にわたり、35歳から55歳の女性を主要なターゲット層とした。サンデー・ミラーやサンデー・ピープルと同じアリソン・フィリップスが発行した。発行に携わる従業員は25名であり、その殆んどは同社の発行する他の新聞からの短期請負や出向者であった。大半の新聞がコラム欄を設けないなか、ニュー・デーには5、6人のコラムニストが在籍した。また多くのイギリスの新聞と異なり、いずれの政党とも協力関係になく、購読層に他の日刊紙を購読していない層をターゲットに据えた。ニュー・デー フレッシュアイペディアより)

153件中 31 - 40件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード

  • 日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。

  • 史上最長ブランク87大会ぶり勝利&花園初勝利

  • 79大会ぶり出場