71件中 31 - 40件表示
  • ファデル・シャナ

    ファデル・シャナから見たインデペンデントインデペンデント

    Tank shell that sprays deadly darts killed cameraman in Gaza, say doctors インデペンデントファデル・シャナ フレッシュアイペディアより)

  • 杉の革命

    杉の革命から見たインデペンデントインデペンデント

    3月15日、国連調査団の調査した結果がもれたことによって、レバノンの権威者は、暗殺の証拠が明らかとなった。インディペンデント紙のコラムニストのロバート・フィスク(:en:Robert Fisk)は、(証拠なしに)ハリーリーの2人の子供が暗殺の危険があるので、レバノンから脱出することを主張した。杉の革命 フレッシュアイペディアより)

  • バッド・アズ・ミー

    バッド・アズ・ミーから見たインデペンデントインデペンデント

    本作は複数の媒体のレビューで高い評価を得た。イギリスの『インデペンデント』紙2011年10月21日号のレビューでは、アンディ・ギルによって満点の5つ星が与えられ、レビューの冒頭では「間違いなく四半世紀前の『レイン・ドッグ』以来となるトム・ウェイツの最高のアルバム」と評された。バッド・アズ・ミー フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・ラブロック

    ジェームズ・ラブロックから見たインデペンデントインデペンデント

    イギリスの新聞インデペンデントは2006年1月、ラブロックの談話として、地球温暖化の結果として21世紀末には「何十億もの人々が死に、気候的に耐えられる極地でごく少数が生き残るだろう」と書いた1。ジェームズ・ラブロック フレッシュアイペディアより)

  • バオ・ニン

    バオ・ニンから見たインデペンデントインデペンデント

    『戦争の悲しみ』は1993年にイギリスで翻訳・出版され、続いて10数カ国で出版される。1995年にイギリスインデペンデント紙の外国小説優秀作品賞、1997年にはデンマークのALOA賞を受賞した。1997年に、ベトナム作家協会の機関誌『ヴァンゲ』の常勤編集委員となり、執筆の他に編集や講義などの活動も行う。バオ・ニン フレッシュアイペディアより)

  • ジェイク・エーデルスタイン

    ジェイク・エーデルスタインから見たインデペンデントインデペンデント

    ワシントンポスト、ウォールストリートジャーナル、BBC、インデペンデント、ガーディアンなどの新聞にしばしば寄稿している。ジェイク・エーデルスタイン フレッシュアイペディアより)

  • クーリエ・ジャポン

    クーリエ・ジャポンから見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント (The Independent)』クーリエ・ジャポン フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・アダムズ

    ダグラス・アダムズから見たインデペンデントインデペンデント

    死後に出版された The Salmon of Doubt には、アダムズがテクノロジーを主題に書いたエッセイがいくつかあり、MacUser 誌向けの記事やインデペンデント紙土曜版向けの記事も収録されている。それらによると、アダムズが最初に目にしたコンピュータは Commodore PET であり、Apple Macintosh を愛好するようになったのは、1983年にマサチューセッツ州のInfocom本社で目にしたことがきっかけだったという(だたし、時期的に見てMacではなく Apple Lisa だったと思われる)。ダグラス・アダムズ フレッシュアイペディアより)

  • ハンフリー (猫)

    ハンフリー (猫)から見たインデペンデントインデペンデント

    その後2-3年間ハンフリーの消息は途絶え、多くの人々は彼は死んだのだろうと考えた。2005年のはじめ、デイリー・テレグラフ紙はハンフリーに関する情報公開請求を起こし、まだ官邸にいた頃の新情報が明かされた。この2005年のレポートで、テレグラフ紙は次のように嘆いている。「ハンフリーは今どこにいるのか… いや、まだ生きているのかすら、謎のままである。内閣府の報道官は昨晩、『残念なことに私も知らされていない』と打ち明けた。つまり公式な担当役も、7 年間にわたり彼の消息を知らないのだ。」しかし2005年7月22日、インデペンデント紙は「17歳のネズミ捕獲官は元気に生きており、南ロンドンで暮らしている」と報じた。これは有名人のペットに関する記事の一部であり、それ以上の詳細は触れられなかった。ハンフリー (猫) フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・ウィンター

    ヘンリー・ウィンターから見たインデペンデントインデペンデント

    ウェストミンスター・スクールとエディンバラ大学を卒業後、1年の間、ロンドンでスポーツ雑誌制作の仕事に携わり、その後、インデペンデント紙でスポーツ記事や学校記事を執筆した。1994年にデイリー・テレグラフ紙に移り、主にサッカー記事を執筆している。ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップの際には毎日配信のウェブキャストに関わり、特にイングランド代表の情報を提供した。Sky Sportsの「サンデー・サプリメント」など、テレビでの討論番組に出演することもあり、また「BBC ラジオ5・ライヴ(主にスポーツ中継を担当する局)の解説者も務めた。ヘンリー・ウィンター フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示