153件中 41 - 50件表示
  • ニュー・ストレーツ・タイムズ

    ニュー・ストレーツ・タイムズから見たインデペンデントインデペンデント

    ニュー・ストレーツ・タイムズ (英語: New Straits Times) は、マレーシアで発行されている英字新聞。現在も発行されているマレーシアでもっとも古い新聞である。同紙は、1845年にザ・ストレーツ・タイムズとして創刊されたが、1974年にニュー・ストレーツ・タイムズとして再創刊された。同紙は、マレーシアでは唯一ブランケット判を採用している英字紙であった。しかしながら、イギリスの新聞であるタイムズやインデペンデントの例にならい、タブロイド版が2004年9月1日に初めて発行され、翌2005年4月18日からは160年慣れ親しんだブランケット判をやめてタブロイド判のみの発行となった。同紙の価格は、現在1.20リンギットである。ニュー・ストレーツ・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • アンドラニク・オザニアン

    アンドラニク・オザニアンから見たインデペンデントインデペンデント

    アンドラニクは存命中からすでに英雄となっていた。当時最も影響力があったアメリカの新聞の一つ『リテラリー・ダイジェスト』(en) は1920年にアンドラニクを「アルメニアのロビン・フッド、ガリバルディ、ワシントン」として紹介している。同年には『インデペンデント』が「彼はそのトルコ人に対する英雄的な防衛戦によって、同胞から崇められている」と書いた。作家のホヴハンネス・トゥマニアンはアンドラニクを讃える手紙を送り、ボリシェヴィキのアナスタス・ミコヤンも回想録で彼に言及し「アンドラニクの名前は誉れ高い後光で取り巻かれていた」とした。アンドラニク・オザニアン フレッシュアイペディアより)

  • 俺と仲間

    俺と仲間から見たインデペンデントインデペンデント

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「ルースでご機嫌なアルバムを届けてくれた」と評している。また、2008年に本作のリマスターCDが発売された際、ニック・コールマンは『インデペンデント』紙のレビューにおいて「ロンは下手な歌手だが、そのことは別に問題でなく、グルーヴを聴くべきだ。とても中毒性が高く、とても古き良き音で、とても荒々しく、驚くほど楽しめる」と評している。俺と仲間 フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・グジ

    ボリス・グジから見たインデペンデントインデペンデント

    Boris Gudz / Oldest living Soviet spy(2007年1月6日付インディペンデント、英語)ボリス・グジ フレッシュアイペディアより)

  • メアリー・ラッチェンス

    メアリー・ラッチェンスから見たインデペンデントインデペンデント

    Sarah Anderson. Obituary: Mary Lutyens The Independent, 13 April 1999.メアリー・ラッチェンス フレッシュアイペディアより)

  • トニー・アボット

    トニー・アボットから見たインデペンデントインデペンデント

    ニューズウィークによれば、次のような政策を行っている、と報道している。炭素税と鉱物資源利用税を廃止、サメの殺害、国立公園内で家畜放牧の解禁、再生可能エネルギーへの投資を縮小、グレートバリアリーフへの土砂の廃棄の許可、ユネスコに対しタスマニア原生林を世界遺産登録から外す事を要望。また、ニューズウィークによれば、インデペンデントは「オーストラリア史上、自国の環境に最も優しくない」という旨を述べていると報道し、これに対しニューズウィークは「オーストラリアではなく『地球』かもしれない」と述べている。トニー・アボット フレッシュアイペディアより)

  • マット・ヘイグ (作家)

    マット・ヘイグ (作家)から見たインデペンデントインデペンデント

    1975年、イングランド中部の都市シェフィールドに生まれ、現在は北部のヨーク在住。ハル大学とリーズ大学で学んだ後、インターネット・マーケティングの会社を立ち上げ、スペインのナイトクラブで働いた。2005年に処女作を上梓するが、それより前にデジタル・マーケティング関連の著書を発表している。ジャーナリストとしては、『ガーディアン』『サンデー・タイムズ』『インデペンデント』『シドニー・モーニング・ヘラルド』『』などに記事を書いたことがある。マット・ヘイグ (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 犯罪 (小説)

    犯罪 (小説)から見たインデペンデントインデペンデント

    刑事事件専門の弁護士である著者が、実際に自身の事務所で取り扱った事件をモデルに書き上げた作品で、彼の処女作である。翌2010年には第2作『罪悪』を上梓した。ドイツでの発行部数は45万部を越え、世界32カ国で翻訳されており、ウォール・ストリート・ジャーナル(アメリカ)、インデペンデント(イギリス)、フィガロ(フランス)、ラ・レプッブリカ(イタリア)等、各国の主要紙が称賛の書評を寄せた。犯罪 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • フィリダ・ロイド

    フィリダ・ロイドから見たインデペンデントインデペンデント

    オックスフォード大学はフィリダ・ロイドを2006年にキャメロン・マッキントッシュ・コンテンポラリー・シアター客員教授に任命した。同じ年に彼女はブリストル大学で名誉学位を与えられた 。ロイドはオープンリー・レズビアンであり、2008年に『インデペンデント』紙で、イギリスの最も影響力のある101人のゲイとレズビアンのうちの一人に選ばれ、2010年には同リストで昨年の7位から順位を落として22位にランク付けされた。2010年、新たにロイドは大英帝国勲章 (CBE) を授与された。2009年にはバーミンガム大学で名誉学位である文学博士の称号が与えられている。フィリダ・ロイド フレッシュアイペディアより)

  • ダチアン・チョロシュ

    ダチアン・チョロシュから見たインデペンデントインデペンデント

    11月末、バローゾはチョロシュを農業担当委員に指名した。バローゾはチョロシュについて、提案された候補者のなかで「最も有能な」人物であると述べ、チョロシュの農業・農村開発に関する「近代的なビジョン」を称賛した。イギリスの雑誌「ファーマーズ・ウィークリー」は、ルーマニアがEUの資金を不適切な形で管理していたことを挙げて、この指名を「物議をかもす選択」としたが、チョロシュの「広範な農業における経験」は認めた。イングランド・ウェールズ全国農業組合とスコットランド全国農業組合も、この指名を歓迎した。イタリアのルカ・ツァイア農務相とフランスのニコラ・サルコジ大統領も同様に、チョロシュに祝辞を述べた。ドイツ通信社とイギリスの新聞「インデペンデント」はともに、資金の不適切処理問題との関連でこの指名を批判したが、フランスの日刊紙「ウェスト=フランス」は、イギリスが憤慨しているのは、チョロシュとフランスとの強い結びつきを考慮すると、彼は2人目のフランスの欧州委員も同然であると認識しているからだと主張した。ダチアン・チョロシュ フレッシュアイペディアより)

153件中 41 - 50件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード

  • 日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。

  • 史上最長ブランク87大会ぶり勝利&花園初勝利

  • 79大会ぶり出場