71件中 41 - 50件表示
  • 学界の春

    学界の春から見たインデペンデントインデペンデント

    学界の春(がっかいのはる、)は、2012年に数学界を中心に始まった、エルゼビア社への論文寄稿・査読・編集ボイコット運動。英語の呼称はエコノミスト新聞社(2012:文末)による。フィールズ賞受賞数学者ウィリアム・ティモシー・ガワーズ(2012)氏が自身のブログにエルゼビア社に寄稿しない理由を公開したのが発端。これを受けてTyler Neylon (n. d.) 氏が『The Cost of Knowledge』という署名サイトを立ち上げ、ボイコットが一気に拡大した。インデペンデントの2012年2月9日付ブログ記事によれば、寄稿者4700人以上の署名が集まっている。学界の春 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・ウィルシャー

    スティーヴン・ウィルシャーから見たインデペンデントインデペンデント

    2008年2月15日にはABCニュースで「今週の人」に選ばれている。翌年には初めてインデペンデント誌で詳細なインタビューが行われ、夢や希望、憧れや後悔などが語られている。スティーヴン・ウィルシャー フレッシュアイペディアより)

  • 峯岸みなみの丸刈り謝罪

    峯岸みなみの丸刈り謝罪から見たインデペンデントインデペンデント

    ファンの中には騒動後も峯岸がグループ内に残ることを願う者もいるが、批判的なコメントをする者も多く、イギリス・インデペンデント紙では「みんなから応援される人間にふさわしくない」というファンの声も紹介されている。峯岸みなみの丸刈り謝罪 フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・アイブ

    ジョナサン・アイブから見たインデペンデントインデペンデント

    The boy from Chingford who puts the bite into Apple's iconic design: インデペンデント紙 2008年5月19日 - ジョナサン・アイブへのインタビュージョナサン・アイブ フレッシュアイペディアより)

  • ローラン・カビラ

    ローラン・カビラから見たインデペンデントインデペンデント

    James Walker, "Obituary: Laurent Kabila", The Independent, Jan 18, 2001.ローラン・カビラ フレッシュアイペディアより)

  • 原子力資料情報室

    原子力資料情報室から見たインデペンデントインデペンデント

    また、イギリスのインディペンデント紙では、「"an independent watchdog":独立系の監視団体」と紹介されている。また記事では、「長年にわたり、日本列島の海岸沿いに立地する原子力発電所の脆弱性を警告してきた」との原子力資料情報室の談話が掲載された。原子力資料情報室 フレッシュアイペディアより)

  • サタジット・レイ

    サタジット・レイから見たインデペンデントインデペンデント

    時にサタジットは、他分野の芸術家とも比べられた。例えばアントン・チェーホフ、ジャン・ルノワール、ヴィットリオ・デ・シーカ、ハワード・ホーク、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトなどである。作家のV・S・ナイポールは、『チェスをする人』の場面をウィリアム・シェークスピアの劇と比較して「たった300の単語が口にされるだけなのになんと言うことだ!‐ものすごい」と評した。サタジットの映画にある美学を好まない批評家でさえ、彼の映画には微妙なニュアンスすべての中で、文化全体を包括する能力が発揮されていると認めている。インデペンデント紙が掲載したサタジットの死亡記事にある「誰を彼と並べることができるか?」という文句に、この評が込められている。サタジット・レイ フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-

    ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-から見たインデペンデントインデペンデント

    ジェラルド・ギルバートによるインデペンデント紙のテレビ批評でもこのギャングのようなバズビーの衣装について、劇中で悪役とされているアラン・ハーデイカーに懐柔されたことを示しているのではないかと書かれている 。ハーデイカーの描写についても「ヒルズボロの悲劇のテレビ映画版では史実に則りザ・サン紙と警察に対する怒りを向けていたが、この映画のハーデイカーはぞっとするほど薄っぺらなスケープゴートとして描かれてしまっている」とも書かれた。ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇- フレッシュアイペディアより)

  • テイラー・ウェイン

    テイラー・ウェインから見たインデペンデントインデペンデント

    5年間、彼女はSwank誌(アメリカのポルノ雑誌)の専属コラムニストを務めた。ウェインは、LIPS誌とErotic Film Guideにも寄稿している。彼女は現在Busty Beauties誌(ラリー・フリントが創刊したアメリカのポルノ雑誌)の著名な編集者として、月4ページの連載を持っている。彼女は英国のインデペンデント、デイリースポーツ (The Daily Sport)、Best、ザ・サン、The Star、ニュース・オブ・ザ・ワールドなどのタブロイド紙や女性誌で記事を書き、インタビューを受けた。テイラー・ウェイン フレッシュアイペディアより)

  • 10秒の壁

    10秒の壁から見たインデペンデントインデペンデント

    "How much faster can humans run?" - インデペンデント紙(The Independent)10秒の壁 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード