153件中 51 - 60件表示
  • 青が消える (Losing Blue)

    青が消える (Losing Blue)から見たインデペンデントインデペンデント

    「この雑誌はかなり分厚いもので、英『インディペンデント』、仏『ル・モンド』、伊『ラ・レプーブリカ』、西『エル・パイス』の各新聞が『新聞別冊(サプルメント)』というかたちで共同でつくり、それぞれの言語で発行した。」青が消える (Losing Blue) フレッシュアイペディアより)

  • サイード・ペルヴェス・カムバクシュ

    サイード・ペルヴェス・カムバクシュから見たインデペンデントインデペンデント

    2008年1月30日、アフガニスタン上院はこの判決を承認する動議を可決した が、この動議はのちに国際的圧力により撤回され、カムバクシュに上訴の権利を与えられた。イギリスのインデペンデント紙はカムバクシュを支援するキャンペーンを行っており、インターネット上での請願運動も始められている。しかしながら、アフガニスタンでもし彼を支持するジャーナリストがいたとしても、当局に逮捕されるのが現状である。サイード・ペルヴェス・カムバクシュ フレッシュアイペディアより)

  • マチルダ (ミュージカル)

    マチルダ (ミュージカル)から見たインデペンデントインデペンデント

    批評家のは『ガーディアン』紙で5つ星中4つ星の評価をした。彼は小説からの舞台化、「活気ある音楽および歌詞」、演出、装置デザイン、演技、特にトランチブル校長役を演じたバーティ・カーブルの演技を称賛した。『インデペンデント』紙も5つ星中4つ星の評価をし、「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーは幅広い客層が楽しめるミュージカルで金脈を掘り当てた。ケリーによる舞台化は巧妙でウィットに富み、ミンチン作曲の複雑な新曲はダールによる物語を向上させている。ウォーカスの驚くほど稽古の行き届いたプロダクションはグロテスクなユーモアとハートウォーミングな痛烈さのちょうど良いバランスを見つけた」と語った。マチルダ (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • 日曜版

    日曜版から見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント・オン・サンデー(インデペンデント日曜版 フレッシュアイペディアより)

  • 福井空港

    福井空港から見たインデペンデントインデペンデント

    英『インデペンデント』紙が2009年6月18日に発表した「世界で最もおかしい空港名」(World's funniest airport names) の「最も野蛮な名前」(The rudest) 部門で、福井空港は第1位に選ばれている。その理由としては、2008年に大リーグに移籍した福留孝介の名前が「FUCK YOU DO ME」と聞こえるとして論議が巻き起こったのと同様に、英語圏の人々にとって「Fukui」という単語も際どい発音であると見られている(一種のダジャレと見る向きもあるが)。なお、「Fukui」に近い発音のものでは「Fak Fak空港」(インドネシア)も選ばれている。福井空港 フレッシュアイペディアより)

  • ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ

    ドゥドゥドゥ・デ・ダダダから見たインデペンデントインデペンデント

    本作を作詞・作曲したスティングは、1993年に『インデペンデント』紙に掲載されたコメントで「ドゥ・ワ・ディディ・ディディ」(マンフレッド・マンがヒットさせた曲)、「ダ・ドゥ・ロン・ロン」(ザ・クリスタルズがヒットさせた曲)、「ビー・バップ・ア・ルーラ」(ジーン・ヴィンセントがヒットさせた曲)といった曲を引き合いに出し、「なぜこれらの曲が喜びの表現として機能するのか解明しようとしていた」と語っている。ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ フレッシュアイペディアより)

  • オンライン新聞

    オンライン新聞から見たインデペンデントインデペンデント

    『ガーディアン』は、2005年に新しいメディアを使った実験を行ない、リッキー・ジャーヴェイスによる12部から成る無料のポッドキャストを提供した。イギリスの新聞では、『デイリー・テレグラフ』もオンライン版を出した。2016年3月には『インデペンデント』が紙面を廃刊し完全なオンライン新聞に移行した。オンライン新聞 フレッシュアイペディアより)

  • ボルチモア (アルバム)

    ボルチモア (アルバム)から見たインデペンデントインデペンデント

    Joseph McCombsはオールミュージックにおいて5点満点中2.5点を付け「彼女の声は、アルバムを締めくくるゴスペルの伝承歌に至るまで常に好調だが、アレンジャーのデヴィッド・マシューズは彼女にはミスマッチだ」と評している。一方、スティーヴン・ホールデンは『ローリング・ストーン』誌において「ホール&オーツの"Rich Girl"の平凡なカヴァーを除けば、この新作LPは、自己革新によりもたらされた更なる震えをもって響いてくる」「最も偉大な歌手の一人による、素晴らしき復帰作」と評している。また、は2011年4月2日付の『インデペンデント』紙のコラムにおいて「ニーナ・シモン自身がレコーディングを楽しめなかったとしても、『ボルチモア』は彼女の最も強力なアルバムの一つだ」と評している。ボルチモア (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • William MacAskill

    William MacAskillから見たインデペンデントインデペンデント

    MacAskillの作品とその組織において示されてきた が、ニューヨークは、 の壁St雑誌, は、ワシントンポストは、 、ハフィントンポストは、 、保護者の方は、 BBCニュース、 BBC Radio4、今日のプログラム CNBCは、 NPRは、 TEDは、 他のメディアです。 彼は定期的に寄稿を 石英、記述のため のニューヨーカーは、 は、保護者の方は、 は、独立に、 時間は、 は、 ワシントンポストです。William MacAskill フレッシュアイペディアより)

  • タブロイド思考

    タブロイド思考から見たインデペンデントインデペンデント

    なお、このような報道を行う「タブロイド紙」は基本的に英国のものだが、2000年代以降の英国では、タイムズやインデペンデント、ガーディアンといったインテリ向けの論説を売りにする高級紙(一般紙)もタブロイド判やそれに近い小型サイズへの切り替えを行っており、判型だけを基準とした「タブロイド紙=大衆紙」という図式は成り立たなくなりつつある。ただし、高級紙では小型化した後の判型を「コンパクト版」と呼ぶなどしていわゆるタブロイド紙との区別は明確にしており、「タブロイド」という表現が上記のような「大衆紙でありがちな単純化された物の見方」を含意することは、今のところ以前と変わっていない。タブロイド思考 フレッシュアイペディアより)

153件中 51 - 60件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード