153件中 61 - 70件表示
  • スティーヴン・ウィルシャー

    スティーヴン・ウィルシャーから見たインデペンデントインデペンデント

    2008年2月15日にはABCニュースで「今週の人」に選ばれている。翌年には初めてインデペンデント誌で詳細なインタビューが行われ、夢や希望、憧れや後悔などが語られている。スティーヴン・ウィルシャー フレッシュアイペディアより)

  • ラッキー・オールド・サン (ブライアン・ウィルソンのアルバム)

    ラッキー・オールド・サン (ブライアン・ウィルソンのアルバム)から見たインデペンデントインデペンデント

    ピッチフォーク・メディアのインタビューによれば、ウィルソンは最初からコンセプト・アルバムを意図していたわけではなく、まず個々の曲作りから始め、コンセプトに関しては「後でそうなった」と発言している。ウィルソンはルイ・アームストロング版の「ザット・ラッキー・オールド・サン」を参考にしており、この曲についてシカゴ・トリビューン紙のインタビューでは「報酬のため必死になって働く奴隷の歌さ。僕にとっては実にスピリチュアルだよ」、インデペンデント紙のインタビューでは「ニグロ・スピリチュアル的なコンセプトが欲しかった」「ニグロの人々が、どんな苦難に耐えてきたかを人々に知らせたかった」と語っている。ラッキー・オールド・サン (ブライアン・ウィルソンのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ラフバラー大学

    ラフバラー大学から見たインデペンデントインデペンデント

    Times Higher EducationによるTable of Tables 2017では全英6位、ガーディアンによるUniversity Guide 2018では全英6位、インデペンデントによるComplete University Guide 2018では全英10位にランクされている高等教育機関である。イギリスの研究志向大学校によって構成される団体1994グループの加盟大学であった。ラフバラー大学 フレッシュアイペディアより)

  • 僕とカミンスキー 盲目の老画家との奇妙な旅

    僕とカミンスキー 盲目の老画家との奇妙な旅から見たインデペンデントインデペンデント

    『ガーディアン』紙のフィリップ・オルターマンは、「お約束とは違い、ケールマンはドイツ語で面白おかしい散文を書いた最初の人物ではない。喜劇と悲劇の狭間にある居心地悪い空間ではカフカの方が上手だが、最高点ではケールマンの書く主人公の視野の狭さだって同じ効果を持っている」と述べた。『テレグラフ』紙のジェフ・ケリッジは、「ケールマンは芸術家や批評家の自負について確かな目を持っているが、『世界の測量』に比べて、観念を著す小説のような光の当て方だと感じた人もいるかもしれない。しかし『僕とカミンスキー』には真面目なポイントがひとつ存在する?それは、人間や自然を理解しようとせずに生きればどんなに簡単かということだ」と述べた。『インデペンデント』紙のボイド・トンキンは、「『僕とカミンスキー』は、明らかな道程から外れた時だけこちらを引きつけ始める」「スマートアートな風刺も全く飛んではいない」と述べた。僕とカミンスキー 盲目の老画家との奇妙な旅 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ウールマー

    ボブ・ウールマーから見たインデペンデントインデペンデント

    Obituary インデペンデント 2007年3月20日ボブ・ウールマー フレッシュアイペディアより)

  • セント・アンドルーズ大学 (スコットランド)

    セント・アンドルーズ大学 (スコットランド)から見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント紙が編纂した"The Complete University Guide" (2014年度版)によると、セントアンドルーズ大学は総合ランキングで全英第6位となっている。セント・アンドルーズ大学 (スコットランド) フレッシュアイペディアより)

  • ガイ・フォークス・マスク

    ガイ・フォークス・マスクから見たインデペンデントインデペンデント

    アラブの春に触発された2011年のバーレーンの抗議運動で使われたガイ・フォークス・マスクは、同国で2013年2月に禁止されたが、その2・3か月前には同じペルシャ湾国家のアラブ首長国連邦でも同様の措置がとられている。バーレーンの商工省は、「革命マスク」の輸入禁止は、「公共の安全」に関わる理由によるものだとした。『ボイス・オブ・アメリカ』が「異常なもの」と表現したこの決定は、その2年前から続いていた暴動を鎮めるための、政府の試みの一つだった。しかしイギリスの人権活動家と『インデペンデント』紙のサミュエル・マストンは、禁止の効果を疑問視した。『マナマ・ボイス』が報じたところでは、禁止措置の後、抗議活動でガイ・フォークス・マスクを着ける人は却って増えたという。ガイ・フォークス・マスク フレッシュアイペディアより)

  • ローラン・カビラ

    ローラン・カビラから見たインデペンデントインデペンデント

    James Walker, "Obituary: Laurent Kabila", The Independent, Jan 18, 2001.ローラン・カビラ フレッシュアイペディアより)

  • ナディファ・モハメド

    ナディファ・モハメドから見たインデペンデントインデペンデント

    2013年には第二作となるソマリア内戦前夜を描いた小説『果樹園の失われた心』をより発表。インデペンデント紙にて、 "『ブラックマンバ・ボーイ』を父と息子の物語とするなら、『果樹園の失われた心』は本質的に母と娘の物語である。 "と評された。ナディファ・モハメド フレッシュアイペディアより)

  • バド・コリンズ

    バド・コリンズから見たインデペンデントインデペンデント

    オハイオ州ライマの地に生まれたコリンズは、同州のベリアにある私立のボールドウィン・ウォレス大学を卒業し、その後アメリカ陸軍勤務を経て、1954年からボストン大学大学院に通った。この頃から彼はボストンに活動の拠点を置き、間もなく「ボストン・ヘラルド」紙でスポーツ記者の仕事についた。1963年からはボストン・グローブ紙に移り、現在もこの新聞でスポーツ記事を書き続けている。それからテレビ解説にも活動の場を広げ、1968年から1972年までCBSの全米オープンテニス中継を担当した後、NBCテレビでウィンブルドン選手権などの実況中継に携わってきた。イギリス・ロンドンのインデペンデント紙など、世界各地の新聞やテニス雑誌にも多数の記事を寄稿している。バド・コリンズ フレッシュアイペディアより)

153件中 61 - 70件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード