153件中 71 - 80件表示
  • オクシリンコス

    オクシリンコスから見たインデペンデントインデペンデント

    Article on new discoveries in the papyri from The Independent on Sunday, April 17, 2005オクシリンコス フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の出版

    2016年の出版から見たインデペンデントインデペンデント

    3月26日 - イギリスの日刊紙『インディペンデント』が廃刊、電子版に完全移行。2016年の出版 フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・パイパー

    ビリー・パイパーから見たインデペンデントインデペンデント

    2004年には別居、2007年5月に正式に離婚。2人は友人関係に戻ったという。2006年6月27日の「インデペンデント」紙掲載のインタビューで、3億ポンド(当時のレートで600億円)とも言われるエヴァンスの資産や、彼がBBCラジオ2で担当するレギュラー番組の給料54万ポンドを一切受け取らないことを宣言している。またRadio Timesのインタビューでは歌手をやめる頃にはほとんど資産がなかったことも明かしている。ビリー・パイパー フレッシュアイペディアより)

  • サタジット・レイ

    サタジット・レイから見たインデペンデントインデペンデント

    時にサタジットは、他分野の芸術家とも比べられた。例えばアントン・チェーホフ、ジャン・ルノワール、ヴィットリオ・デ・シーカ、ハワード・ホーク、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトなどである。作家のV・S・ナイポールは、『チェスをする人』の場面をウィリアム・シェークスピアの劇と比較して「たった300の単語が口にされるだけなのになんと言うことだ!‐ものすごい」と評した。サタジットの映画にある美学を好まない批評家でさえ、彼の映画には微妙なニュアンスすべての中で、文化全体を包括する能力が発揮されていると認めている。インデペンデント紙が掲載したサタジットの死亡記事にある「誰を彼と並べることができるか?」という文句に、この評が込められている。サタジット・レイ フレッシュアイペディアより)

  • カフェ・ド・パリ・ソース

    カフェ・ド・パリ・ソースから見たインデペンデントインデペンデント

    right|thumb|レアとウェルダンのアントルコート・カフェ・ド・パリ(entrecôte Café de Paris )ル・モンドによると、鶏レバーはタイムを煮た鍋で色が変わるまで湯通しする。別の鍋で、クリームにマスタードを加え煮詰めて、タイムの花の風味を加える。鶏レバーをほどよく切り分け裏ごしし、煮詰めたクリームに加え、バターと少々の水分と共になめらかになるよう混ぜる。塩コショウ少々を挽いて加える。しかしながら、『インデペンデント』は、ル・ルレ・ド・ヴニーズ、ル・アントルコートの経営者が『ル・モンド』の報道を否定したと報じた。カフェ・ド・パリ・ソース フレッシュアイペディアより)

  • オルハン・パムク

    オルハン・パムクから見たインデペンデントインデペンデント

    イスタンブールの裕福な家庭に生まれる。7歳から22歳のときまでは画家を志していた。ロバート・カレッジ・セカンダリー・スクールを卒業後、大学は当初イスタンブール工科大学で建築学を学んでいたが、その後執筆業志望に転向しイスタンブール大学ジャーナリズム科を卒業した。1982年、初めて書いた小説『ジュヴベット・ベイと息子たち』で文壇デビュー、同作はトルコの有力紙『ミリエット』のコンテストで一位となったうえ、トルコにおける文学賞の最高権威であるオルハン・ケマル賞を受賞した。1983年の次作『静かな家』ではマダラル賞を受賞。1985年の『白い城』はほとんどの西欧語に訳され、『ニューヨーク・タイムズ』で絶賛、『インデペンデント』紙の外国語小説賞を受けるなど国際的な知名度を高めた。国内でベストセラーとなった『黒い本』(1990年)、『新しき人生』(1994年)も海外で評判となる。オルハン・パムク フレッシュアイペディアより)

  • イスラムファシズム

    イスラムファシズムから見たインデペンデントインデペンデント

    この語の起源ははっきりしない。William Safireは、1990年のMalise Ruthvenがインデペンデントに書いたのものが最初と記した。イスラムファシズム フレッシュアイペディアより)

  • アウディトリオ・デ・テネリフェ

    アウディトリオ・デ・テネリフェから見たインデペンデントインデペンデント

    アウディトリオ・デ・テネリフェは、2003年9月26日に落成式が行われ、アストゥリアス公フェリペ(のちの国王フェリペ6世)によって公開された。アウディトリオの公開は世界中の新聞や雑誌記者に注目され、アメリカの「ニューヨーク・タイムズ」、イギリスの「フィナンシャル・タイムズ」と「インデペンデント」、フランスの「ル・モンド」、イタリアで最も多くの読者を持つ新聞の一つである「コリエーレ・デラ・セーラ」といった世界的に有名な新聞でも報じられ、各国で発刊されている雑誌、「エル・デコレーション」、「」、「マリ・クレール・メゾン」にも取り上げられた。アウディトリオ・デ・テネリフェ フレッシュアイペディアより)

  • ジェイク・エーデルスタイン

    ジェイク・エーデルスタインから見たインデペンデントインデペンデント

    現在は日本在住。ワシントンポスト、ウォールストリートジャーナル、BBC、インデペンデント、ガーディアンなどの新聞にしばしば寄稿している。ジェイク・エーデルスタイン フレッシュアイペディアより)

  • 原子力資料情報室

    原子力資料情報室から見たインデペンデントインデペンデント

    また、イギリスのインディペンデント紙では、「"an independent watchdog":独立系の監視団体」と紹介されている。また記事では、「長年にわたり、日本列島の海岸沿いに立地する原子力発電所の脆弱性を警告してきた」との原子力資料情報室の談話が掲載された。原子力資料情報室 フレッシュアイペディアより)

153件中 71 - 80件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード

  • 日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。

  • 史上最長ブランク87大会ぶり勝利&花園初勝利

  • 79大会ぶり出場