153件中 81 - 90件表示
  • クラーゲリョー

    クラーゲリョーから見たインデペンデントインデペンデント

    ロンドンの「インデペンデント」紙は、クラーゲリョーについて、「ノルウェーの人は、日常から逃げ出したい時、必ずクラーゲリョーに行く。森、フィヨルド、島が、彼らを待っている。エドヴァルド・ムンクが平安と安らぎを見出した場所でもある。」と紹介している。夏の間、観光客の流入により、クラーゲリョーの人口は4倍にも達する。画家ムンクは、クラーゲリョーを愛し、「海沿いの町の真珠」だと呼んだ。「インデペンデント」紙の記事は、「砂浜のビーチは多くはないが、ノルウェーの海岸は、洗練された、感動的な景観を見せてくれる。」という。クラーゲリョー フレッシュアイペディアより)

  • 100のモノが語る世界の歴史

    100のモノが語る世界の歴史から見たインデペンデントインデペンデント

    インデペンデント紙に寄稿して番組を「完璧なラジオ番組」と評価し、次のように述べている。「ラジオ4とBBCが製作した『100のモノが語る世界の歴史』ほど、人をわくわくさせる、掛け値なしに面白い番組がかつてあっただろうか? 今日まで生き延びてきた所蔵品を通して人間の文明化の歴史を辿る、シンプルで素晴らしいアイディアだ。わずか15分の番組で、我慢強く、寄り道せずに唯ひとつの物をとりあげ、紹介する。番組の終わりには視聴者は何かを学んだ気になれる。それも喜びと好奇心と共に。BBCは、今後何年もこの素晴らしい番組をその好例としてあげることができるだろう。BBCの初代会長」の「知識と文化の伝播」という公共放送への考えをこれ以上ないほどに体現したものだ。」100のモノが語る世界の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 全国紙

    全国紙から見たインデペンデントインデペンデント

    ブロード・シートと呼ばれているのが、日本で言うところの全国紙である。インデペンデント、タイムズ、ガーディアン(オブザーバー)、デイリー・テレグラフ、フィナンシャル・タイムズ、エコノミスト、デイリー・ミラー、デイリー・メール、ザ・サンの9紙が全国紙である。全国紙 フレッシュアイペディアより)

  • エヴァ・ブラウン

    エヴァ・ブラウンから見たインデペンデントインデペンデント

    2014年4月5日、エヴァが使っていたとされているブラシから採取された髪の毛を検査した結果、彼女のミトコンドリアDNAはハプログループN1b1(中世初期に中東欧に定住したアシュケナージ系ユダヤ人と強い関連があり、母から子に引き継がれるハプログループ)であることが判明したとイギリスのインデペンデントなどが報じた。エヴァ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ハローキティ (アヴリル・ラヴィーンの曲)

    ハローキティ (アヴリル・ラヴィーンの曲)から見たインデペンデントインデペンデント

    このビデオは、批評家たちにひどく酷評された。『ビルボード』誌のジェイソン・リップシャッツは、「歌そのもの以上に、忌々しい」と評した。同じアルバムから先行したビデオの出来は「素晴らしい (Excellent)」と認めつつ、「ハローキティ」のビデオが「何もしようとしていない。冒頭からの21秒の間にも、その怠慢ぶりははっきり現れている。ラヴィーンは、カップケーキのプラッシュ・スタック (plush stack) を持ち、尻を振り、カップケーキを見つめ、肩を揺らし、「Someone chuck a cupcake at me ..(誰かカップケーキを私に放って ...)」という歌詞のところで作り物のカップケーキをカメラに投げるが、唇の動きは音楽に対してうまく合っていない。」と述べた。Slant Magazine のアレクサ・キャンプ (Alexa Camp) は、このビデオを「本当に顔をしかめたくなるような、文化を濫用しておもちゃにしている行為だ」と断じた。『インデペンデント』紙は、「「ハローキティ」はあなたの目と耳を出血させかねない」とし、Jezebel は、「まるで、誰かが2004年から2010年にかけてのアメリカのポップ・カルチャーの病んだ下腹部を引きはがして、ドロドロの生ゴミの山の上に気前よくまき散らしたらどうなるか、みたいな感じ」と記した。ハローキティ (アヴリル・ラヴィーンの曲) フレッシュアイペディアより)

  • PRISM (原子炉)

    PRISM (原子炉)から見たインデペンデントインデペンデント

    2011年10月、インデペンデント誌は英国の原子力廃止措置機関とエネルギー・気候変動省の相談役達が英国のプルトニウムの貯蔵量を減らす手段としてPRISMの技術的及び費用的詳細について問い合わせたと報道した。PRISM (原子炉) フレッシュアイペディアより)

  • ヴィネット・ロビンソン

    ヴィネット・ロビンソンから見たインデペンデントインデペンデント

    2009年には、彼女はBBCのTVシリーズ『』にジョジー・ポリット役として出演している。また、『』第5シリーズでは、8話に新米英語教師ヘレン・ホープウェルとして出演した。2009年12月から2010年1月にかけてで上演された "Darker Shores" で、彼女は主演のフローレンスを演じた。デイリー・テレグラフ紙の批評では、この作品自体は2つ星しか付けられなかったものの、は、ロビンソンの演技には「温かさと感情的率直さ」()があると述べている。インデペンデント・オン・サンデー紙のケイト・バセットも同様に彼女を賞賛し、ロビンソンが「素晴らしく演じた」と書いた。2010年には、BBCの『SHERLOCK』でサリー・ドノヴァン巡査部長を演じ、2012年1月に放送されたシーズン2、2014年1月に放送されたシーズン3でも、引き続き同役を演じている。ヴィネット・ロビンソン フレッシュアイペディアより)

  • スパマロット

    スパマロットから見たインデペンデントインデペンデント

    ウェストエンド版には絶賛のレビューも寄せられた。『デイリー・テレグラフ』のチャールズ・スペンサーは、作中のジョークを引用しつつ記事を書き、「素晴らしい夜で、そうでない感想を寄せた人には誰でも屁をひってやる」()と述べた。『インデペンデント』紙のポール・テイラーは、「作品は、パイソン由来の基本的な素材だけでなく、素晴らしいベテランであるマイク・ニコルズの監督で加わった驚くべきスピード、ウィット、生意気さ、ショービジネスへの抜け目無さのおかげで、観る人を大いに笑わせて弱らせる」と評した。『ガーディアン』紙のはそこまで熱狂せず、「ふざけまくったミュージカルを楽しく観ている間、ショーのニューヨークにある起源は、「ユダヤ人無しでショービズの成功なんてできない」と述べる常軌を逸したナンバーで明確に表されていた。これは大西洋のこちら側ではあまり受けないブロードウェイの内輪ネタだ」と述べた。ビリントンはさらに、「皮肉はあったが一晩保たせるには不十分だった。胸に手を当てて、わたしはエリック・アイドルの生意気な『スパマロット』より、ラーナーやの『』が観たかったのだ」と付け加えた。スパマロット フレッシュアイペディアより)

  • 杉の革命

    杉の革命から見たインデペンデントインデペンデント

    3月15日、国連調査団の調査した結果がもれたことによって、レバノンの権威者は、暗殺の証拠が明らかとなった。インディペンデント紙のコラムニストのロバート・フィスク(:en:Robert Fisk)は、(証拠なしに)ハリーリーの2人の子供が暗殺の危険があるので、レバノンから脱出することを主張した。杉の革命 フレッシュアイペディアより)

  • 高慢と偏見 (テレビドラマ)

    高慢と偏見 (テレビドラマ)から見たインデペンデントインデペンデント

    架空のジャーナリストであるブリジット・ジョーンズ(実際の作者はヘレン・フィールディング)は英国での初放送に際して、『インデペンデント』に掲載されていた『ブリジット・ジョーンズの日記』のコラムでこのシリーズへの愛着を書き記している。ジョーンズは「ダーシーがエリザベスといちゃこらしたいという単純な人間的必要」に言及し、このカップルを「ヤること、いやむしろ求愛の分野における選ばれし代表者」と見なしている。フィールディングは1996年のコラムの小説化の際、プロットを『高慢と偏見』にある程度そったものにしており、お堅い人物であるブリジットの恋の対象を「マーク・ダーシー」という名前にし、コリン・ファースそっくりの男性として描写した。1996年の『ぼくのプレミアライフ』の撮影中にフィールディングははじめてファースに会い、協働を申し出た。この結果が1999年の続編にあたる小説『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』での数ページにわたるブリジット・ジョーンズとファースのインタビューである。ローマで実際にファースにインタビューを行い、フィールディングはブリジット・ジョーンズのようなモードに陥って架空のインタビューにあるようにダーシーの濡れたシャツに執着するようになってしまったという。ファースはこの場面の編集に参加し、批評家が「この続編の中で最も笑える場面のひとつ」と呼ぶインタビューの箇所ができた。これ以外でも、小説版では第1作にも続編にも、BBCの『高慢と偏見』に対する多数の言及がある。高慢と偏見 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

153件中 81 - 90件表示

「英紙インディペンデント」のニューストピックワード

  • 日本の敗退を悲しく思う。しかし、彼らは顔を上げて帰国するだろう。

  • 史上最長ブランク87大会ぶり勝利&花園初勝利

  • 79大会ぶり出場