前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
160件中 1 - 10件表示
  • 国際石油資本

    国際石油資本から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    セブン・シスターズのうち、5社がアメリカ資本で、残りの2社が、イギリス資本系のBP(ブリティッシュ・ペトロリアム)と、イギリスとオランダ資本系のロイヤル・ダッチ・シェルである。国際石油資本 フレッシュアイペディアより)

  • フォーブス・グローバル2000

    フォーブス・グローバル2000から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェル (オランダ)フォーブス・グローバル2000 フレッシュアイペディアより)

  • 浮体式生産貯蔵積出設備

    浮体式生産貯蔵積出設備から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    最初のFPSOは1977年にスペインに建造された「シェル・カステロン」であった。アンゴラ沖に設置された 「センハLPG FPSO」は液化天然ガス生産積出をする初のFPSOであった。浮体式生産貯蔵積出設備 フレッシュアイペディアより)

  • GTL

    GTLから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    民間企業では、ロイヤル・ダッチ・シェル社、三菱商事子会社、マレーシアサラワク州政府及びマレーシア国営石油ペトロナスの合弁企業がマレーシアにプラントを設置し、1993年(平成5年)より商業ベースでGTL技術を用いた天然ガスからの石油製品精製を開始している。GTL フレッシュアイペディアより)

  • スクーデリア・フェラーリ

    スクーデリア・フェラーリから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1998年、スポンサーであるロイヤル・ダッチ・シェルグループのCMとして、走行中のF1マシンが空中給油機から給油を受ける、という実写CMを放送し話題になる。スクーデリア・フェラーリ フレッシュアイペディアより)

  • オランダ

    オランダから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    エネルギー・資源産業では、オランダは天然ガスの大生産地であり輸出国でもある。石油精製産業も重要であり、代表企業としてロイヤル・ダッチ・シェルが国内だけでなく、石油メジャーとして世界中でエネルギー資源開発を行っている。オランダ フレッシュアイペディアより)

  • ディーコン法

    ディーコン法から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ディーコン法に基づき、アメリカのM.W.ケロッグ社が開発したKel-Chlor法、オランダのシェル石油が開発したShell-Chlor法、日本の三井東圧が開発したMT-Chlor法が商業的に実施された。2000年代に入り、住友化学により酸化ルテニウム(IV)を触媒とする方法が開発された。ディーコン法 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ湾岸油田

    メキシコ湾岸油田から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1980年代になり油田開発が一巡すると、従来では考えられなかった深度での探査が進んだ。その中で、1989年にロイヤル・ダッチ・シェル社が水深1,000フィートを超える深度での油田開発を成功。沖合に向けた油田の探査が一気に活発になった。メキシコ湾岸油田 フレッシュアイペディアより)

  • オゴニ民族生存運動

    オゴニ民族生存運動から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    オゴニ民族生存運動(ーみんぞくせいぞんうんどう、Movement for the Survival of the Ogoni People, MOSOP)はニジェール・デルタの先住民の一つであるオゴニの民族的及び環境に関する権利を代表する社会運動である。その主な批判対象はナイジェリア政府とオゴニ地域で操業してきたロイヤル・ダッチ・シェルである。MOSOPはオゴニ民族全国青年評議会 (NYCOP)、オゴニ女性協会連盟の様な部門別の組織からの参加者が多い。オゴニ民族生存運動 フレッシュアイペディアより)

  • 1,3-ジクロロプロペン

    1,3-ジクロロプロペンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    燻蒸式農業用殺虫剤として、野菜畑などで土壌中に拡散させ、線虫の駆除に使用される。1,3-ジクロロプロペンを主成分とした製剤にはシェルが開発したD-Dやダウ・ケミカルが開発したテロンがあり、1999年の実績で原体10,998キロリットル、単剤17,734キロリットルが生産されている。日本では1950年3月10日に農薬登録を受け、1984年に1,2-ジブロモエタンに発癌性があるとして農林水産省が農薬業界に生産自粛を要請したことにより、代替品として生産が増加した。1,3-ジクロロプロペン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
160件中 1 - 10件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード