160件中 91 - 100件表示
  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    欧州連合加盟国からは世界有数とされる多国籍企業の多くが生まれ、世界規模での本社もおかれている。そのような企業には分野別で世界最大の規模を持つものもある。例えばアリアンツは金融業の売上高では世界最大であり、エアバスは世界のジェット機のほぼ半分を製造している。エールフランス‐KLMは運行本数で世界最大の航空会社、アモリムは世界最大のコルク加工・製造会社、アルセロール・ミッタルは世界最大の鉄鋼会社、ダノン・グループは乳製品市場の世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブは世界最大のビール会社、ロレアル・グループは世界最大の化粧品会社、LVMHは世界最大の高級嗜好品コングロマリット、ノキアは世界最大の携帯電話製造会社、ロイヤル・ダッチ・シェルは世界最大のエネルギー資本、ストゥーラ・エンソは世界最大の生産能力を持つパルプ・製紙会社である。欧州連合にはこのほかにも売上高、営業利益、市場占有率、従業員数などの指標で世界最大規模の企業が存在する。欧州連合に本拠を置く企業の多くがそれぞれの部門で世界上位10位以内に入っている。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ケン・サロ=ウィワ

    ケン・サロ=ウィワから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    サロ=ウィワは1950年代から原油の採掘が始まったニジェール・デルタの先住民の1つである少数民族オゴニの出身で、現在のリバーズ州南部オゴニランドのボリで生まれた。オゴニ民族生存運動 (Movement for the Survival of the Ogoni People, MOSOP) の創立者の一人で当初は広報係のちに代表として非暴力で国際石油資本とりわけシェルの操業による環境汚染に反対した。ケン・サロ=ウィワ フレッシュアイペディアより)

  • デット・ノルスケ・ベリタス

    デット・ノルスケ・ベリタスから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    主な取引企業はBP、シェル、グラクソ・スミスクライン、ラファージュ、テスコ、ロールス・ロイス、ブリティッシュ・エアウェイズ、シェブロンテキサコ、エレクトラベル(:en:Electrabel)、バッテンフォール 等。デット・ノルスケ・ベリタス フレッシュアイペディアより)

  • ニジェール・デルタ解放運動

    ニジェール・デルタ解放運動から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2006年頃より、小火器を用いて少人数で石油関係施設(大は海上油田基地、小はガソリンスタンド)を襲撃した上で破壊、頻繁に外国人を誘拐するようになった。解放に際しての要求は、政府による拘束者の解放と石油利益の地元還元であるが、前者については目的は達成されず、後者については非公開の交渉過程により内容は明らかにされていない。戦闘員は数百人程度と考えられているが、度重なる誘拐による身代金の奪取により、資金は潤沢とされている。ナイジェリア国内では2006年だけでも、ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社や大宇建設(大宇建設社員拉致事件参照)の社員らをはじめとして70人以上が誘拐されており、少なからずニジェール・デルタ解放運動が直接、間接的に関与しているとされる。ニジェール・デルタ解放運動 フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・ロブソン

    ローラ・ロブソンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルの幹部を務める父アンドリューと、元プロバスケットボール選手でスポーツ監督の母キャシー の間に、2人兄妹の長女としてオーストラリアのメルボルンで生まれる。ローラが1歳半の頃、家族はシンガポールに移住。ローラが6歳になると今度はイギリスに移住し、後に同国に帰化。ロンドン・ウィンブルドン地区のオールイングランド・クラブから徒歩5分足らずの場所に居を構えた。母キャシーは、この頃には既にいつもラケットを手放さずテニスを楽しんでいた娘に才能の片鱗を感じ取っていたという。7歳になるとサリー州にあるジュニア・テニスアカデミーに入学。10歳で世界的なスポーツマネジメント会社の一つとして知られるオクタゴン・ワールドワイドと専属マネジメント契約を結び、11歳でアディダスと契約。この時点で既にウイルソンとのラケット使用契約を交わし、2009年3月には同社と全面的な用具使用契約を締結している。イギリスのテニス協会であるから派遣された協会の代表カール・メイズら複数のコーチの指導を受けた後、2007年に現在のコーチであるオランダ人のマタイン・ボークと指導契約を結んだ。ボークはロブソンのテニスを初めて見た当時を振り返り、「試合中に感情の制御が効かなかったり、また幾つかの欠点もあったが、それ以上に彼女に多くの可能性を感じた」と語っている。この年からロブソンは協会が新設したナショナルトレーニングセンターでメイズ、ボーク、協会女子テニス部門責任者のナイジェル・シアーズ(アマンダ・クッツァー、ダニエラ・ハンチュコバ、バルバラ・シェットらのコーチを歴任してきた人物)の下で訓練を受けるようになり、テニスに専念するため学校には通わずホームスクーリングで学業を行うようになる。ローラ・ロブソン フレッシュアイペディアより)

  • 計算機の歴史

    計算機の歴史から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    世界初の商用コンピュータは、1951年2月にマンチェスター大学に納入された Ferranti Mark 1 である。Manchester Mark I を元に設計された。Manchester Mark I からの主な改良点は、記憶装置の容量増、乗算器の高速化、命令の追加である。基本サイクル時間は1.2ミリ秒で、乗算を約2.16ミリ秒で実行した。真空管を4050本使っており、その4分の1が乗算器に使われている。2号機がトロント大学に売れ、その後さらに改良を施した Mark 1 Star が完成した。Mark 1 Star は少なくとも7台が1953年から1957年までに売れており、シェルのアムステルダムにある研究所にその1つが納入された。計算機の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • マレー鉄道

    マレー鉄道から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1901年、ポートディクソンにシェル石油の製油所が操業を開始し、ポート・ディクソン支線は石油製品の輸送で輸送量を大きく伸ばした。その後1964年にエッソの製油所が操業を開始し、それ以来ポート・ディクソン支線は石油製品の輸送ルートとして大きく貢献した。マレー鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • フローニンゲン

    フローニンゲンから見たロイヤルダッチシェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1959年に発見されたフローニンゲン・ガス田は南北45km・東西25kmの大きさで、世界で10本の指に入る埋蔵量を有する。1963年の生産開始以来、その60%を生産したが、まだ50年は保つと言われる。現在ロイヤルダッチシェルとエクソンモービルが共同で操業している。フローニンゲン フレッシュアイペディアより)

  • パレスチナ解放人民戦線

    パレスチナ解放人民戦線から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1974年1月31日:日本赤軍と共同でシンガポールのロイヤル・ダッチ・シェルの石油精製施設を爆破し、その後船舶をシージャックした(詳細は「シンガポール事件」を参照)パレスチナ解放人民戦線 フレッシュアイペディアより)

  • 白樺ガス田

    白樺ガス田から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ガス田は2006年1月28日に生産を開始した中国海洋石油総公司 (CNOOC) と中国石油化工 (Sinopec) が用地を運営。ユノカルとシェルは、高コスト、付加埋蔵量の不確実さと領土問題を理由に2004年後半にプロジェクトから撤退した。白樺ガス田 フレッシュアイペディアより)

160件中 91 - 100件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード