235件中 101 - 110件表示
  • イタヤガイ属

    イタヤガイ属から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    属名のPectenは、ラテン語で「櫛」や「熊手」を意味する。1904年より使われている ロイヤル・ダッチ・シェルのロゴは、ホタテ貝の貝殻を基にしている。イタヤガイ属 フレッシュアイペディアより)

  • 黒潮丸 (タンカー)

    黒潮丸 (タンカー)から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    アメリカ政府は「永灝」が中華人民共和国側に軍事利用されることを懸念し、イギリス政府に「永灝」を接収するよう働きかけた。イギリス政府は中華人民共和国との経済関係に悪影響が及ぶことを予想して悩んだが、最終的に本国の閣議決定を経て1951年4月6日にイギリス総督府は「永灝」の徴用を発令、武装した香港水上警察を動員して接収し、五星紅旗を下ろして船員を退去させた。イギリス政府のは議会下院において、「永灝」が朝鮮戦争で中国人民志願軍や北朝鮮軍の燃料輸送に使用される危険があるため徴用したと報告した。中華人民共和国政府は、報復としてロイヤル・ダッチ・シェル系列のの資産を没収した。黒潮丸 (タンカー) フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F310

    フェラーリ・F310から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1996年からエンジンをフェラーリ伝統のV型12気筒からV型10気筒に変更した。また、ガソリンも1973年以来の付き合いであったアジップからシェルに変更された。ちなみに1972年以前はシェルを使用していた。1995年ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハがベネトンから移籍してきたため、1990年のアラン・プロスト以来のカーナンバー1をフェラーリがつけることになった。フェラーリ・F310 フレッシュアイペディアより)

  • シュルンベルジェ

    シュルンベルジェから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1929年にアメリカへ進出した。ベネズエラへ送った調査隊が良い結果を報告したので、ロイヤル・ダッチ・シェルがルーマニア・スマトラ島・トリニダード島の仕事をくれた。シュルンベルジュはソ連にも調査隊を派遣していた。ソ連は世界恐慌をものともせずバクー油田の開発を進め、シュルンベルジュはここでも仕事にありついた。1932年、シェルの依頼をうけ、テキサスとカリフォルニア沿岸を調べ成功した。兄弟は1934年ヒューストンにシュルンベルジェ検層会社を設立した。この会社はメキシコ湾の地理的恩恵を存分に享受して、シュルンベルジェの稼ぎ頭となった。1936年に兄が他界して、弟(Marcel)がリーダーとなった。このときすでに、北米だけで毎月千件以上の依頼を受けるようになっていた。シュルンベルジェ フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮石油

    朝鮮石油から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    朝鮮の石油市場は大正末期まで中国、満州などと同様に外国企業3社(スタンダード・シェル・テキサコ)で独占されていたが、昭和初期より日本石油が市場の開拓をはじめ販売店および特約店を設けて外国企業に対抗していた。日本石油は朝鮮石油設立後にこれら販売地盤を朝鮮石油に無償譲渡。朝鮮唯一の製油所で製造された商品は石油業法にて保護され外国企業製品にかわり朝鮮全土に普及した。朝鮮石油 フレッシュアイペディアより)

  • シェル石油

    シェル石油から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    シェル石油 フレッシュアイペディアより)

  • マックロバートソン・エアレース

    マックロバートソン・エアレースから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    レースは、ロンドン近郊のミルデンホールから、5か所の指定寄港地、バクダッド、アラハバード、シンガポール、ダーウィン、チャールビル(クイーンズランド州)を経由してメルボルンまでであるが、それ以外の経由地は参加者の自由であった。指定寄港地を巡った場合の全区間距離は、地球半周に近い約11,300マイル(約18,200 km)に及んだ。22個所の空港にロイヤル・ダッチ・シェルとスタンダード・オイルが燃料・オイルを提供した。参加機体のサイズやエンジン出力には制限なし、乗員人数も制限しないが、イギリス出発後は途中着陸地から新たなパイロットを乗り組ませることは認めていなかった。マックロバートソン・エアレース フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ2100形貨車

    国鉄タキ2100形貨車から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    落成時の所有者はゼネラル物産、出光興産、日本石油、三菱石油、日本石油運送(現在の日本石油輸送)、日本漁網船具、シェル石油、歴世砿油、丸善海運、昭和石油、アジア石油、日本陸運産業の12社であった。国鉄タキ2100形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • イランの国際関係

    イランの国際関係から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2010年の国連の他で行われているアメリカの対イラン制裁の圧力の中でもイランで活動するヨーロッパの企業がある。イギリスの大手石油会社シェル社は対イラン制裁にも関わらず、イランからの原油輸入を27パーセント増加させ、イラン国営石油会社に対し、少なくとも15億ドル支払ったとされるイランの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • キンバリー地域

    キンバリー地域から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    全世界で年間に産出されるダイヤモンドの3分の1が、アーガイルとエレンデールの鉱山よりもたらされている。ブリナ油田からは原油の採掘がおこなわれており、その沖合からは天然ガスの採掘も見込まれている。フィッツロイクロッシングの近郊のピララ、サレーマレー、カジュバットの鉱山からは亜鉛ならび鉛が採掘されている。これら鉱産物の最寄りの積み出し港として、ダービーが利用されている。キンバリーが面するチモール海では、海底ガス田の探査が進められ、2000年代以降、イクシスガス田、バユ・ウンダンガス田などの開発が本格化。国際石油開発帝石やシェルなどがLNGの本格的な生産に向けた準備を進めている。キンバリー地域 フレッシュアイペディアより)

235件中 101 - 110件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード