235件中 111 - 120件表示
  • カルースト・グルベンキアン

    カルースト・グルベンキアンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    石油商人の息子として生まれる。バクーの石油工場で働くべく、父の命でロンドンのキングス・カレッジ・ロンドンで石油工学を学び、1902年にはイギリスの市民権を取得。1907年のロイヤル・ダッチ/シェルグループの合併に尽力し、同社の5%の株式を取得した。1912年にイラクでトルコ石油会社(TPC、の前身)を立ち上げる。このトルコ石油会社には(現在のBP)、ロイヤル・ダッチ・シェル、ドイツ銀行が出資し、グルベンキアン自身も5%出資した。第1次世界大戦終結後のオスマン帝国崩壊に伴い、イラクはイギリスの委任統治領となるが、グルベンキアンは粘り強い交渉の末にトルコ石油会社のイラクでの石油採掘権を認めさせることに成功。そして1925年にはキルクーク付近のに石油鉱床(キルクーク油田)が発見される。結果として、1928年にアングロ・ペルシアン、ロイヤル・ダッチ・シェル、フランス石油、そしてスタンダード・オイルとで中近東における石油権益について規定した赤線協定を結び、グルベンキアンは自身の5%の権益を認めさせた。そしてグルベンキアンは石油の売買により莫大な財産を手にすることとなる。彼は世界中に流浪したアルメニア人のために教会を多数寄贈した。カルースト・グルベンキアン フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの歴史

    エクアドルの歴史から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1944年5月、軍、共産党、社会党を巻き込んだ広範な民衆蜂起により、アロヨ政権が崩壊し、亡命先のコロンビアから帰国したベラスコ・イバラが大統領に就任し、五月革命が成功した。しかし、第二次イバラ政権下で腐敗政治とインフレが進み、1947年に軍事クーデターでベラスコ・イバラは失脚し、アルゼンチンに亡命した。1948年に自由党系のガーロ・プラサが大統領選挙で勝利した。プラサ政権は地震や軍の反乱などに見舞われたが、この時期に東部アマゾンの油田が合衆国資本のシェル石油によって開発された。また、1949年以降ユナイテッド・フルーツ社をエクアドルに誘致した。エクアドルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀穂

    田中秀穂から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1974年にパレスチナゲリラ及び日本赤軍の和光晴生と山田義昭の混成部隊が、シンガポール沖にあったシェル石油傘下のシンガポール・イースタン・ペトローリアム社ブクム島製油所を爆破し、警官隊と銃撃戦を展開、さらにその6日後、パレスチナ解放人民戦線が在クウェート日本大使館を占拠、石川良孝(大使)らを人質にして、和光らを送還し南イエメンへ脱出させることを日本政府に要求した事件(シンガポール・クウェート事件)に、中近東アフリカ局長として対応にあたり、人質解放後、日本政府が派遣した特別機に、犯人グループが南イエメンのアデンに脱出するまで人質の身代わりとして同乗した。田中秀穂 フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルは、コロラドにおいて地中でシェール油を抽出する技術によって1バレル30ドル(190ドル/m3)を達成し、さらに一貫生産に切り替えれば1バレルが20ドルを割り込むと発表している。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • 経営戦略論

    経営戦略論から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1990年、アリー・デ・グースとロイヤル・ダッチ・シェルで協働していたPeter Sengeは、グースの学習する組織の概念を、拡張・普及させた。基礎となる理論は、企業が情報を収集・分析・利用する能力が、情報時代におけるビジネスの成功に必要であるということである。Sengeは、この能力を高めるためには、組織は以下の様に構造化される必要があると論じた。経営戦略論 フレッシュアイペディアより)

  • ポートハーコート

    ポートハーコートから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1958年にシェルによるオゴニで原油採掘が始まって以来石油関連産業はこの地に集積されており、現在ではナイジェリアの主要な石油精製都市となっている。他にアジップ、エルフ、ミシュラン、BPといった企業が進出しているが環境対策がなされず、地元に利益が還元されないため度々非難の対象とされてきた1。ポートハーコート フレッシュアイペディアより)

  • NNグループ

    NNグループから見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    日本事業は1982年にシェル石油のオフィスでの代理店開設が始まりとなる。生命保険分野の日本法人は、ナショナーレ・ネーデルランデン時代の1986年に設立され、1997年に「アイエヌジー生命保険株式会社」に商号変更、NNグループの分離過程の2015年4月、「エヌエヌ生命保険株式会社」に商号が変更された。東京(ニューオータニガーデンコート内)に本社を持つほか、各地に営業拠点がある。NNグループ フレッシュアイペディアより)

  • 二元上場会社

    二元上場会社から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェル 蘭/英、石油関連は現在、単一法人。)二元上場会社 フレッシュアイペディアより)

  • 西洋環境開発

    西洋環境開発から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1983年に東京テアトル、1985年に東海観光へ資本参加して傘下に収めた、1986年に横浜の不動産会社である太洋不動産興業とシティ・クリエイトを吸収合併し社名を西洋環境開発と変更した。同年に日本郵船と業務提携し、ホテルエドモンドの運営参画、地中海クラブと提携、シェル石油の関連会社シェル興産と提携して六本木WAVEビルの建設やシェルガーデンへの資本参加、など一挙に業容を拡大した。西洋環境開発 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ワースリー

    フランク・ワースリーから見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    ワースリーの死後、未亡人のジーンは未出版の日記をスコット極圏研究所に寄付した。ジーンはそれ以前に長く住んでいたアバディーンに戻り、そこで母と共に暮らした。ジーンは母の死後にクレイゲイトに移転し、バンフォード家と共に暮らした。その晩年は比較的豊かだった。ワースリーは市の数年前にベネズエラ石油の株に投資しており、それがシェル石油となって、ジーンに大きな利益を与えた。ジーンは1978年、78歳のときにバンフォード家で死んだ。それは夫が死のときに使っていたのと同じ部屋だった。この夫婦に子供は居なかった。フランク・ワースリー フレッシュアイペディアより)

235件中 111 - 120件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード