235件中 11 - 20件表示
  • デルタ人民志願軍

    デルタ人民志願軍から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2004年、油田地帯で操業する石油メジャーの原油生産関連施設への攻撃を予告。ロイヤル・ダッチ・シェルの従業員200名が国外へ避難する騒ぎとなった。結果的に攻撃は行われなかったものの、当時上昇傾向にあった国際原油相場においてネガティブ要因として働き、10月に1バレル50ドルを突破するきっかけの一つにもなった。デルタ人民志願軍 フレッシュアイペディアより)

  • ウッドサイド・ペトロリアム

    ウッドサイド・ペトロリアムから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    グレーター・サンライズ協定(ティモール海、軽油、LPG の埋蔵量:約3億バレル、LNG埋蔵量:8兆立方フィート の採掘協定)を、 ロイヤル・ダッチ・シェル 、 コノコフィリップス、 大阪ガスと結んでいる。ウッドサイド・ペトロリアム フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ソフィア・エコー

    ザ・ソフィア・エコーから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ソフィア・エコーはブルガリアにおいて主要な英語新聞であり、1997年から発行を続けている。概ね、在ブルガリア外国人コミュニティを対象としている。ソフィア・エコーは、ソフィアの主要なホテルや、OMV、ルクオイル、ロイヤル・ダッチ・シェルといったガソリンスタンド、スーパーマーケットであるビッラ(Billa)などで販売されている。ザ・ソフィア・エコー フレッシュアイペディアより)

  • 白樺ガス田

    白樺ガス田から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ガス田は2006年1月28日に生産を開始した中国海洋石油総公司 (CNOOC) と中国石油化工 (Sinopec) が用地を運営。ユノカルとシェルは、高コスト、付加埋蔵量の不確実さと領土問題を理由に2004年後半にプロジェクトから撤退した。白樺ガス田 フレッシュアイペディアより)

  • 1,3-ジクロロプロペン

    1,3-ジクロロプロペンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    燻蒸式農業用殺虫剤として、野菜畑などで土壌中に拡散させ、線虫の駆除に使用される。1,3-ジクロロプロペンを主成分とした製剤にはシェルが開発したD-Dやダウ・ケミカルが開発したテロンがあり、1999年の実績で原体10,998キロリットル、単剤17,734キロリットルが生産されている。日本では1950年3月10日に農薬登録を受け、1984年に1,2-ジブロモエタンに発癌性があるとして農林水産省が農薬業界に生産自粛を要請したことにより、代替品として生産が増加した。1,3-ジクロロプロペン フレッシュアイペディアより)

  • Ferranti Mark 1

    Ferranti Mark 1から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    最初の2台を製造後、新たな改良版の設計が完了し、Ferranti Mark 1* または Ferranti Mark 1 Star と呼ばれた。命令セットがより使いやすく整理されている。二進数と文字のランダムな対応は改善され、0から31までの数に対応した文字は ø£?0@:$ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ となった。またインデックスレジスタを使った命令には副作用があるため、プログラミングに奇妙な対処を必要としていたが、その副作用も除去された。同様に JUMP 命令は指定したアドレスの1つ前のアドレスに分岐するという、これもインデックスレジスタの奇妙な振る舞いと同様の理由でそうなっていた。しかしそのようなこだわりは、理論的には意味があっても実用には迷惑なだけだったため、修正された。入出力も修正され、5ビットの最下位ビットを「右」に置くようにした。このような様々な修正により、大幅にプログラミングが容易になった。少なくとも7台の Mark 1* が1951年から1957年にかけて顧客に納入されており、例えばアムステルダムのシェルの研究所にも納入されている。Ferranti Mark 1 フレッシュアイペディアより)

  • ディーコン法

    ディーコン法から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ディーコン法に基づき、アメリカのM.W.ケロッグ社が開発したKel-Chlor法、オランダのシェル石油が開発したShell-Chlor法、日本の三井東圧が開発したMT-Chlor法が商業的に実施された。2000年代に入り、住友化学により酸化ルテニウム(IV)を触媒とする方法が開発された。ディーコン法 フレッシュアイペディアより)

  • オゴニ民族生存運動

    オゴニ民族生存運動から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    オゴニ民族生存運動(おごに みんぞくせいぞんうんどう、Movement for the Survival of the Ogoni People, MOSOP)はニジェール・デルタの先住民の一つであるオゴニの民族的及び環境に関する権利を代表する社会運動である。その主な批判対象はナイジェリア政府とオゴニ地域で操業してきたロイヤル・ダッチ・シェルである。MOSOPはオゴニ民族全国青年評議会 (NYCOP)、オゴニ女性協会連盟の様な部門別の組織からの参加者が多い。オゴニ民族生存運動 フレッシュアイペディアより)

  • アンティーク (デュオ)

    アンティーク (デュオ)から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2006年7月、「V-Power」と呼ばれるアンティークの新曲がインターネット上で流れた。これは、ロイヤル・ダッチ・シェル社の無鉛ハイオクガソリンのコマーシャル・ソングとして使われ、英語版とギリシャ語版の2バージョンがあった。多くのファンは、この曲はアンティークが解散する2003年以前に録音されたものだと考えている。しかし、この曲が実際にいつ録られたのか、またそれまで何故リリースされていなかったのかについては明らかになっていない。ふたりは、将来こそ分からないが、少なくとも今はデュオを再結成する意志を持ってはいない。アンティーク (デュオ) フレッシュアイペディアより)

  • イジョ

    イジョから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    産油地であるにも関わらず、南部への還元が少ないとして反政府武装組織デルタ人民志願軍が活動中。2005年10月には石油メジャーに対して攻撃予告を行い、ロイヤル・ダッチ・シェルの従業員が避難する騒ぎとなった。結果的に攻撃は行われなかったものの原油価格高騰の一因となった。イジョ フレッシュアイペディアより)

235件中 11 - 20件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード