160件中 11 - 20件表示
  • 旧マクベインビル

    旧マクベインビルから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    英国資本のシェルとオランダ資本のロイヤル・ダッチ石油会社の提携会社ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社である、亜細亜火油公司がこのビルを長期にわたって借りることになった。このため、このビルはアジアビルと呼ばれることが多くなった。ここは亜細亜火油会社の華北、朝鮮半島での事業において本部として使われた。旧マクベインビル フレッシュアイペディアより)

  • シェル・ナイジェリア

    シェル・ナイジェリアから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    SPDC出資企業はナイジェリア国営石油会社 (55%) ロイヤル・ダッチ・シェル (30%) トタル (10%) アジップ (5%) である。SPDCの他にシェル系は数社ある。シェル・ナイジェリア フレッシュアイペディアより)

  • ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル

    ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    フェスティバルが無事開催に漕ぎ着けた背景には、2006年より新たに主要スポンサーとなったシェル石油の存在が大きいと言われている。同社が支払った額は公開されていないが、フェスティバル会場では同社のロゴ・マークがかなり目立っており、その金額は少なくなかったとみられる。一方、ゴスペル・テントのスポンサーを長年務めてきた地元のローズ葬儀社が撤退し、保険会社のAIGが後任スポンサーとなるという変化もあった。尚、シェルはフェスティバルのスポンサーを2010年まで継続することを表明している。ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • エンリコ・マッテイ

    エンリコ・マッテイから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    この寓話によって彼は当時のイタリアの貧困層から絶大な人気を集めた。こうしてイタリア人の心を掴んだ彼は政界からの援助も受けることになる。メジャーによる石油寡占を打破するため、ENIは中東の最貧国や共産圏の国々との協定を結んだ。1950年代後半にはすでにエクソンやロイヤル・ダッチ・シェルなどの巨大企業との競争を開始し、1957年、彼は極秘裏に対仏独立闘争をしていたアルジェリア独立派に対して融資を開始した。彼はチュニジアやモロッコと協定を結び、これらの国の石油採掘に関してフィフティ・フィフティ・パートナーシップを提唱した。このフィフティ・フィフティ・パートナーシップはそれまでメジャーにより結ばれてきた協定より産油国側にとってはるかに魅力的であった。また、イランとエジプトに対しては、より産油国側に有利な協定をオファーした。まずENIと産油国側が試掘・採掘のためのジョイント会社を設立するが、採掘に関わるリスクは全てENIが受け持つ。したがって仮に石油が出なかったとしても産油国側は1セントたりとも払う必要はない。ジョイント会社の社長は産油国側がなり、役員数はENIと産油国側で半々とする。さらに石油による利益は産油国側75パーセントに対しENI側が25パーセント。これが中東における採掘契約の新基準となり、これによりそれまでのメジャー主導型の採掘協定は過去のものとなった。マッテイは中東の石油試掘・採掘におけるメジャー寡占状態に穴を開けることに成功した。エンリコ・マッテイ フレッシュアイペディアより)

  • ニール・ホジソン

    ニール・ホジソンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1994年 - ロードレース世界選手権GP500ランキング32位(シェル・ハリス・ヤマハ)ニール・ホジソン フレッシュアイペディアより)

  • A1グランプリカー

    A1グランプリカーから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    燃料・潤滑油:シェルE10 102 RONA1グランプリカー フレッシュアイペディアより)

  • ブランドなんか、いらない

    ブランドなんか、いらないから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    この著作では基本的に経済的なグローバリゼーションを背景としながら成長している多国籍企業での労働の実態を描き出している。そして、そのような国際的に有名なブランドを保持して影響力を行使している企業に対する活動家の反企業運動を記述する。クラインの意図とは、世界を超えて広がりつつある経済システムと企業の権力について分析を加えることによって、新しい市民運動の可能性を示すことにあった。クラインの説明によれば、19世紀後半にブランドが成立してから企業は自社のブランドを計画的に形成しながら都市、音楽、スポーツ、学校、社会運動などに展開させ、自社の知名度と影響力を国際的に拡大し続けてきた。こうして台頭したブランドは結果として人々が公共空間と選択肢を明け渡すように仕向けていると指摘されている。クラインが特に強調しているのはこのブランドによってもたらされる失業や労働の問題である。彼女は商品を海外で生産して輸入する方法を採っているナイキを代表的な事例として挙げながら、企業が自由貿易を活用しながら世界各地で労働力を使い捨てていると主張する。このような情勢の中で、反企業運動や反グローバリゼーション運動の活動家によって採用されている戦略は企業のブランドの価値を破壊する戦略である。実際に、ナイキ、シェル、マクドナルドに対するブランド攻撃は企業の方針を変更させるに至った。このような戦略を通じて、世界的に結びつきを強めながら、多国籍企業の権力を規制し、弱める国際的な市民運動が成長しつつあるものと論じられている。ブランドなんか、いらない フレッシュアイペディアより)

  • 日本のオーストラリア空襲

    日本のオーストラリア空襲から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2日 15:30 ダーウィン(Harvey St, McMinn St, ロイヤル・ダッチ・シェル燃料タンク)。日本のオーストラリア空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 半潜水艇

    半潜水艇から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    別な方式の半潜水式が石油プラットフォームに見られる。ロイヤル・ダッチ・シェルのブルース・コリップ (Bruce Collip) が発明者であるとみなされている。海底油田の掘削が次第に深海へ移動し、100 フィート程度までは固定式プラットフォームが建造され、メキシコ湾の100から400 フィートの深さでの掘削設備が必要とされるようになると甲板昇降式プラットフォームがENSCOインターナショナル (Ensco International) のような専門海底掘削契約業者から出現するようになった。最初の半潜水式プラットフォームは1961年に偶然出現した。ブルー・ウォーター・ドリリング社 (Blue Water Drilling Company) は4基の柱を持つ潜水式のブルー・ウォーター・リグNo.1をメキシコ湾でロイヤル・ダッチ・シェルのために保有し、運用していた。ポンツーンの浮力がリグとその消耗品の重量を支えるためには不十分であったため、ポンツーンの上部と甲板の下側の真ん中くらいまで沈んだ状態で、引っ張られて移動した。この喫水では動揺がとても小さいことが観察されたため、ブルー・ウォーター・ドリリングとロイヤル・ダッチ・シェルはこのリグは浮いた状態で運営することを決定した。それ以来半潜水式プラットフォームが石油産業向けに専用に設計されるようになった。半潜水艇 フレッシュアイペディアより)

  • ペンゾイル

    ペンゾイルから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ペンゾイル(英語:Pennzoil)は、アメリカ合衆国の石油関連企業。1913年にカリフォルニア州ロサンゼルスで設立された。1955年にペンシルベニア州オイルシティを拠点とするサウス・ペン・オイル社(以前はスタンダード・オイル社の一部門)に買収される。1963年にサウス・ペン・オイルはサパタ・ペトロリアムと合併し、ペンゾイルを社名とする。1970年代に同社はテキサス州ヒューストンに移転した。本社はダウンタウン・ヒューストンに所在し、その社屋はペンゾイル・プレイスと呼ばれる。1998年にはライバル社であったクエーカー・ステートと合併し、ペンゾイル=クエーカー・ステートとなる。2002年、ロイヤル・ダッチ・シェルがペンゾイル=クエーカー・ステートを買収し、SOPUS (Shell Oil Products US) を形成した。ペンゾイル フレッシュアイペディアより)

160件中 11 - 20件表示