160件中 21 - 30件表示
  • 潜水作業支援船

    潜水作業支援船から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1980年代でもっとも成功した潜水作業支援船といえるのが、コメックス・ホールダー・ダイビング (Comex Houlder diving) が運用した「アンクル・ジョン」(SSSV Uncle John) であった。10年にわたって、水面下でのパイプ接続(高圧接合)やその他の保守作業を北海北部のブレント油田 (Brent oilfield) を操業するロイヤル・ダッチ・シェルの関連で行ってきた。アンクル・ジョンは半潜水式プラットフォームとして設計され、16人用飽和潜水装置と独立したムーンプールを持つ2つの潜水球と2つのクレーンがあり、また特に厳しい気象環境下で活動する能力を持っていた。半潜水式の設計は高圧接合のために大変有用で、広大なデッキスペースを75 トン溶接設備や直径36 インチ、厚さ1.5 インチの鉄パイプを取り扱う能力のあるパイプ取り回し設備の運搬と操作に利用することができた。潜水作業支援船 フレッシュアイペディアより)

  • 上野豊

    上野豊から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    石油輸送の上野グループを国内大手に育てた。石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルとのつながりが深く、本国のシェル上層部と直接話のできる数少ないひとりと言われる。横浜の経済界の実力者であり、横浜商工会議所会頭をつとめたほか、FM横浜の社長などもつとめた。趣味は油絵。上野豊 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ソフィア・エコー

    ザ・ソフィア・エコーから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ソフィア・エコーはブルガリアにおいて主要な英語新聞であり、1997年から発行を続けている。概ね、在ブルガリア外国人コミュニティを対象としている。ソフィア・エコーは、ソフィアの主要なホテルや、OMV、ルクオイル、ロイヤル・ダッチ・シェルといったガソリンスタンド、スーパーマーケットであるビッラ(Billa)などで販売されている。ザ・ソフィア・エコー フレッシュアイペディアより)

  • 富士商

    富士商から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    富士商株式会社(ふじしょう)は、山口県山陽小野田市に本部を置く石油を主力とした企業。昭和シェル石油(旧シェル石油系)の販売代理店。富士商 フレッシュアイペディアより)

  • サンパウロガス

    サンパウロガスから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    現在、サンパウロガスの株式の60.1パーセントをBGグループ、18.2%をロイヤル・ダッチ・シェルが保有している。残りの株式はサンパウロ証券取引所で取引されている。サンパウロガス フレッシュアイペディアより)

  • 武田考玄

    武田考玄から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    武田 考玄(たけだ こうげん、1916年12月1日 - 2000年12月31日)は命理家・遁甲家、演出家。横浜市出身。本名:土屋達一郎。ライジングサン石油株式會社(後のシェル石油→昭和シェル石油)の創設者の1人と妾の間に5人兄妹の長男として生を受けた。旧制私立芝中学校、早稲田大学政治経済学部卒業。NETテレビ(日本教育テレビ)で演出を行なううちに、メークアップの研究が観相学へと結びついた。その後四柱推命などの運命学を中国の原書から研究し始め、本場中国の原書を元にした子平(四柱推命学)の日本への導入に努めた。通信講座などで門弟も多く、日本命理学会を主宰。実妹は舞踏家の花柳三弥、元女優の島崎雪子。武田考玄 フレッシュアイペディアより)

  • ギャリー・マッコイ

    ギャリー・マッコイから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    、マッコイは一足飛びに500ccクラスへステップアップし、シェル・アドバンスチームからホンダ・NSR500Vを駆ってデビューを果たした。開幕から9戦中6戦でポイントを獲得したが、転倒により足首を骨折してシーズン終盤を欠場することになってしまった。ギャリー・マッコイ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス州の石油ブーム

    テキサス州の石油ブームから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    石油ブームの最初の10年間、大資本の会社も幾つか操業していたが、圧倒的多数の小規模生産者がいた。生産が拡大し、新会社が形成されると、統合が行われた。1920年代後半までに、10の会社が州内生産量の半分以上を生産していた。ガルフ生産会社、ハンブル石油精製会社、南部原油購買会社(後にアモコに吸収され、さらにブリティッシュ・ペトローリアムに吸収された)、テキサス会社、シェル石油社、ヨーント・リー石油社、マグノリア石油会社、J・K・ヒューズ石油会社、ピュアオイル社、およびミッド・カンザス石油ガス社(後のマラソン石油)がその10社だった。テキサス州の石油ブーム フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ピエール・ジョッソー

    ジャン=ピエール・ジョッソーから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1963年にジム・ラッセル・ドライビングスクール、ウィンフィールド・レーシングスクール入学。1964年、シェルの支援を受け、F3に参戦。翌年からマトラのワークスチームに加入、在籍3年間で選手権のランキング上位に着ける活躍を見せる。1970年にフランスF3チャンピオンを獲得、翌1971年にマーチからF2に参戦。1972年はプライベート・チームのブラバムで、マイク・ヘイルウッドとヨーロッパF2選手権チャンピオンを争った。ジャン=ピエール・ジョッソー フレッシュアイペディアより)

  • アウディ・R10 TDI

    アウディ・R10 TDIから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2008年のル・マンには燃料にシェルのバイオフューエルを用いた、R10 TDIプロトタイプにて参戦をした。こちらは、リアが2段ウィングであることが特徴である。レギュレーションをすり抜けての投入だが、プジョー・908に対抗するにはもはや限界であり、後継モデルであるR15を開発するきっかけとなった。アウディ・R10 TDI フレッシュアイペディアより)

160件中 21 - 30件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード