235件中 21 - 30件表示
  • スルホラン

    スルホランから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1960年代、シェル社により、ブタジエンの精製を目的として開発された。スルホラン フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪族ポリケトン

    脂肪族ポリケトンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    シェルケミカルは1996年、ポリケトンを世界で初めて商品化し、「カリロン」の名で販売を始めたが、2000年には販売中止し、SRIインターナショナルに製造権を譲っている。シェルの他、2013年に韓国の社が独自にポリケトン樹脂を開発している。脂肪族ポリケトン フレッシュアイペディアより)

  • 西クルナ油田

    西クルナ油田から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    この油田の開発第I期では、2009年11月、エクソン・モービルとシェルがその契約を500億ドルで獲得した。長い間西側諸国を締め出してきたイラクにおいては、この2社は西側諸国の石油会社として初めて開発権を得た会社であった。この契約によって、両社はそれまで日量27万バレルであった生産量を225万バレルに増加させ、その後7年間にわたってイラク政府から1バレルあたり1ドル90セントが支払われることになった。また、この油田の開発に伴って、開発の遅れていたイラク南部において100,000名の雇用が創出された。西クルナ油田 フレッシュアイペディアより)

  • ボニー島

    ボニー島から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ポートハーコートからフェリーで渡ることができる。シェルやエクソン・モービルなどのメジャーと政府によって石油、天然ガスの開発が行われている。地下資源が地元に還元されずに海外に持ち出されることに対する不満が現地には鬱積しており、石油会社職員やパイプラインへの襲撃が起こっている。ボニー島 フレッシュアイペディアより)

  • オゴニ

    オゴニから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    オゴニ (Ogoni) はナイジェリアのニジェール・デルタ先住民の1つで、タイ、ニョ=カナ、ケン=カナ、ゴカナ、バベの5王国からなり、総人口は約50万人。彼らの居住地もオゴニ或はオゴニランドと呼ばれる。別の先住民エレメと隣接し関係が深い。オゴニが世界に広く知られるようになったのはオゴニで操業するシェルに対するオゴニ民族生存運動 (MOSOP) の抗議行動がとられるようになってからである。thumb|right|180px|ケン・サロ=ウィワの発案によるオゴニの旗オゴニ フレッシュアイペディアより)

  • マトリックス組織

    マトリックス組織から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    マトリックス組織の起源は1970年代の宇宙産業に遡る。TRW、GE、、シティコープ、シェル石油、ダウコーニングが採用した。マトリックス組織 フレッシュアイペディアより)

  • エンリコ・マッテイ

    エンリコ・マッテイから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    この寓話によって彼は当時のイタリアの貧困層から絶大な人気を集めた。こうしてイタリア人の心を掴んだ彼は政界からの援助も受けることになる。メジャーによる石油寡占を打破するため、ENIは中東の最貧国や共産圏の国々との協定を結んだ。1950年代後半にはすでにエクソンやロイヤル・ダッチ・シェルなどの巨大企業との競争を開始し、1957年、彼は極秘裏に対仏独立闘争をしていたアルジェリア独立派に対して融資を開始した。彼はチュニジアやモロッコと協定を結び、これらの国の石油採掘に関してフィフティ・フィフティ・パートナーシップを提唱した。このフィフティ・フィフティ・パートナーシップはそれまでメジャーにより結ばれてきた協定より産油国側にとってはるかに魅力的であった。また、イランとエジプトに対しては、より産油国側に有利な協定をオファーした。まずENIと産油国側が試掘・採掘のためのジョイント会社を設立するが、採掘に関わるリスクは全てENIが受け持つ。したがって仮に石油が出なかったとしても産油国側は1セントたりとも払う必要はない。ジョイント会社の社長は産油国側がなり、役員数はENIと産油国側で半々とする。さらに石油による利益は産油国側75パーセントに対しENI側が25パーセント。これが中東における採掘契約の新基準となり、これによりそれまでのメジャー主導型の採掘協定は過去のものとなった。マッテイは中東の石油試掘・採掘におけるメジャー寡占状態に穴を開けることに成功した。エンリコ・マッテイ フレッシュアイペディアより)

  • テソロ石油

    テソロ石油から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    テソロ石油(てそろせきゆ、)はアメリカ合衆国テキサス州サンアントニオに本社を置く独立系の石油会社である。1968年に創業し、最初の製油所をアラスカ州キナイに設立し、現在米国西部に全部で6つの製油所を持ち、おもに西部で自身のガソリンスタンドも運営していて、シェル石油などに石油製品も供給している。テソロ石油 フレッシュアイペディアより)

  • カルタゴ作戦

    カルタゴ作戦から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    デンマークで活動しているレジスタンスの救出(最悪でもイギリス空軍の爆弾によって殺されることを望んでいたと言われている)を目的とし、イギリス第140航空団のモスキートにより、コペンハーゲンのシェルハウスにあったゲシュタポ司令部を攻撃。18名のレジスタンスがこれによって脱出したものの8名のレジスタンスと55名のゲシュタポ職員・47名のデンマーク人雇員、更に誤爆によって近所の寄宿学校の生徒86名を含む125名の民間人が犠牲となった。カルタゴ作戦 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ピエール・ジョッソー

    ジャン=ピエール・ジョッソーから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1963年にジム・ラッセル・ドライビングスクール、ウィンフィールド・レーシングスクール入学。1964年、シェルの支援を受け、F3に参戦。翌年からマトラのワークスチームに加入、在籍3年間で選手権のランキング上位に着ける活躍を見せる。1970年にフランスF3チャンピオンを獲得、翌1971年にマーチからF2に参戦。1972年はプライベート・チームのブラバムで、マイク・ヘイルウッドとヨーロッパF2選手権チャンピオンを争った。ジャン=ピエール・ジョッソー フレッシュアイペディアより)

235件中 21 - 30件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード