160件中 31 - 40件表示
  • ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者

    ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    Jorma Ollila ノキア(Nokia)社 最高経営責任者(CEO)、フォード自動車取締役、ロイヤル・ダッチ・シェル役員ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの関係者 フレッシュアイペディアより)

  • グイド・クレパックス

    グイド・クレパックスから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1957年、彼はイタリアでシェル石油の広告キャンペーンで有名になり、ゴールデン・パーム賞を受賞した。翌年から1980年代中頃まで、彼はイタリア初の医学評論誌「テンポ・メディコ (Tempo Medico) 」のすべての表紙を描いた。1960年、終生連れ添うこととなるルイーザと結婚。グイド・クレパックス フレッシュアイペディアより)

  • アーバーダーン危機

    アーバーダーン危機から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1954年8月に、アングロ・イラニアン石油会社は、国際コンソーシアムの配下に置かれ、その株式のうち40%を5つのアメリカ系メジャーが8%ずつ等分した。残りの株式は、イギリスの英国石油が40%、ロイヤル・ダッチ/シェルが14%、フランス石油会社が6%を保有した。アーバーダーン危機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇川徹

    宇川徹から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1999年 - ロードレース世界選手権GP250ランキング2位(2勝/シェルアドバンス・ホンダ)宇川徹 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ホイットル

    フランク・ホイットルから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    終戦直後に体調を崩し除隊したホイットルは、BOAC、シェル、ブリストル顧問などの閑職を経て、1976年以降はアメリカ海軍士官学校の招聘で米に移住した。この地でオハインとの邂逅を果たし、終生親交を結んでいる。フランク・ホイットル フレッシュアイペディアより)

  • 三菱化学

    三菱化学から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1956年(昭和31年)4月 三菱グループとシェル社グループとの共同出資により三菱油化設立。三菱化学 フレッシュアイペディアより)

  • 蘭印作戦

    蘭印作戦から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    スマトラ島のパレンバンは蘭印最大かつ東南アジア有数の大油田地帯であり、ロイヤル・ダッチ・シェルが操業する製油所とともに太平洋戦争における日本軍の最重要攻略目標であった。パレンバンはムシ川の河口からおよそ100キロの内陸に位置するため、陸軍の大発など上陸用舟艇による攻撃では川を遡上している間に油田設備を破壊されるおそれがあり、これを避けるためにはまず空挺攻撃によってこれを奇襲占領し、次いで地上部隊をもって確保する作戦が望ましいと考えられた。こうして第1挺進団(団長:久米精一大佐)が空挺降下し第38師団主力(歩兵第229連隊基幹、兵力 12,360名)が支援する陸軍初の空挺作戦が立案された。ただし、第1挺進団は挺進第1、第2連隊を有していたものの、挺進第1連隊は1月3日に乗船「明光丸」が積載品の自然発火を起こして沈没し、人員は護衛の駆逐艦に救助されたが兵器資材の全てを失っていた。このため空挺降下は挺進第2連隊の329名のみで実施されることになった。蘭印作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 報国丸 (特設巡洋艦)

    報国丸 (特設巡洋艦)から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    11月1日、報国丸は再びインド洋で通商破壊を行うため、愛国丸とともにシンガポールを出撃した。スンダ海峡を抜けインド洋に出た報国丸は11月11日にオランダのタンカー、オンディナ(6,341総トン)とその護衛にあたっていたイギリス海軍(正確にはインド植民地海軍)の掃海艇ベンガルを発見する。この頃、愛国丸はやや離れた位置にあって索敵にあたっていた。オンディナは以前に拿捕したゼノタと同じくロイヤル・ダッチ・シェル系のラ・コロナ所属のタンカーであった。報国丸 (特設巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • グラマン G-44

    グラマン G-44から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    しかしながら2001年6月にBPアモコとシェル・オイルの仕事で海底探査をしていたチームが商船「ローバート・E・リー」が沈んでいる傍で「U-166」の残骸を発見した。7月30日(ホワイトのJ4F-1の飛行の2日前)の「U-166」の沈没は、現在では「ローバート・E・リー」を護衛していた哨戒艇の「PC-556」の戦果とされている。グラマン G-44 フレッシュアイペディアより)

  • オゴニ

    オゴニから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    オゴニ (Ogoni) はナイジェリアのニジェール・デルタ先住民の1つで、タイ、ニョ=カナ、ケン=カナ、ゴカナ、バベの5王国からなり、総人口は約50万人。彼らの居住地もオゴニ或はオゴニランドと呼ばれる。別の先住民エレメと隣接し関係が深い。オゴニが世界に広く知られるようになったのはオゴニで操業するシェルに対するオゴニ民族生存運動 (MOSOP) の抗議行動がとられるようになってからである。thumb|right|180px|ケン・サロ=ウィワの発案によるオゴニの旗オゴニ フレッシュアイペディアより)

160件中 31 - 40件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード