235件中 31 - 40件表示
  • ニジェール・デルタ解放運動

    ニジェール・デルタ解放運動から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2006年頃より、小火器を用いて少人数で石油関係施設(大は海上油田基地、小はガソリンスタンド)を襲撃した上で破壊、頻繁に外国人を誘拐するようになった。解放に際しての要求は、政府による拘束者の解放と石油利益の地元還元であるが、前者については目的は達成されず、後者については非公開の交渉過程により内容は明らかにされていない。戦闘員は数百人程度と考えられているが、度重なる誘拐による身代金の奪取により、資金は潤沢とされている。ナイジェリア国内では2006年だけでも、ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社や大宇建設(大宇建設社員拉致事件参照)の社員らをはじめとして70人以上が誘拐されており、少なからずニジェール・デルタ解放運動が直接、間接的に関与しているとされる。ニジェール・デルタ解放運動 フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・SMVW

    フォルクスワーゲン・SMVWから見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    車両名は「省エネルギー・フォルクスワーゲン」(Spar-Mobil Volkswagen )に由来しており、シェル石油が主催するエコマラソンなどに参加するために製作された。Cd値は0.15と極端に低い数値に押さえられている。フォルクスワーゲン・SMVW フレッシュアイペディアより)

  • シェル エコマラソン

    シェル エコマラソンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    シェル エコマラソンは、毎年シェルの後援によって開催される可能な限り燃費を向上させた自動車によって競われる競技である。エコマラソンはヨーロッパを中心にアメリカ、アジア等、世界各地で開催される。参加者達は愛好家、大学生、自動車会社の社員など、さまざまである。シェル エコマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 潜水作業支援船

    潜水作業支援船から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1980年代でもっとも成功した潜水作業支援船といえるのが、コメックス・ホールダー・ダイビング (Comex Houlder diving) が運用した「アンクル・ジョン」(SSSV Uncle John) であった。10年にわたって、水面下でのパイプ接続(高圧接合)やその他の保守作業を北海北部のブレント油田 (Brent oilfield) を操業するロイヤル・ダッチ・シェルの関連で行ってきた。アンクル・ジョンは半潜水式プラットフォームとして設計され、16人用飽和潜水装置と独立したムーンプールを持つ2つの潜水球と2つのクレーンがあり、また特に厳しい気象環境下で活動する能力を持っていた。半潜水式の設計は高圧接合のために大変有用で、広大なデッキスペースを75 トン溶接設備や直径36 インチ、厚さ1.5 インチの鉄パイプを取り扱う能力のあるパイプ取り回し設備の運搬と操作に利用することができた。潜水作業支援船 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤賢二

    近藤賢二から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    明治27年(1894年)同志社を卒業。台湾総督府に勤めた後実業界に入り、サミュエル商会(ロイヤル・ダッチ・シェルの前身)・ライジングサン石油(昭和シェル石油の前身)に勤務する。横浜鉄道、横浜電気鉄道両社の常務や東洋麻糸紡績(トスコの前身)、日本カーボン、石綿紡績、昭和特殊鋼、眞崎大和鉛筆(三菱鉛筆の前身)、横浜帆布(東洋繊維の前身)、朝日石綿工業、朝日スレート(ともにエーアンドエーマテリアルの前身)各社の社長、横浜耐火煉瓦会長及び日の出石綿工業、朝日ビルディング(エーアンドエーマテリアルの前身)両社の代表を歴任し、横浜商工会議所常議員も務めた。近藤賢二 フレッシュアイペディアより)

  • BMCソフトウェア

    BMCソフトウェアから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1970年代後半、後に BMCソフトウェアを創業する Scott Boulett、John Moores、Dan Cloer の3人はヒューストンでプログラミングに関するパートナー契約を結んだ。1980年、それが会社として形を持つようになり、BMCソフトウェアが設立された。初代CEOの Moores は、シェル石油でのIBMメインフレームのソフトウェア改良を行ったプログラマとしての経験があった。1988年7月、BMCはNASDAQへの株式公開を果たした。BMCソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • 結合仮説問題

    結合仮説問題から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    一方で例外的に結合仮説問題を回避できるような実証研究を行える場合もある。例えば、異なる市場で同一の企業体が上場している二元上場会社の場合である。1907年に石油メジャーのオランダのロイヤル・ダッチとイギリスのシェルは利益をロイヤル・ダッチに60%、シェルに40%を分配するという形で提携を行った。その後、2005年に合併してロイヤル・ダッチ・シェルとなるまでオランダ市場ではロイヤル・ダッチが上場し、イギリス市場ではシェルが上場していた。この際、利益を6:4の割合で分配しているので、ロイヤル・ダッチの株価とシェルの株価もまた6:4の比率にならなければならない。この比率は特定の資産価格モデルから導かれているものではないので、この比率が達成されていないのであれば、それは市場の非効率性を意味する。実際には、この2社の株価比率は6:4から逸脱している方が常態であった。ただ、このような例は非常に例外的で、一般の効率的市場仮説の実証研究においては常に結合仮説問題がつきまとう。結合仮説問題 フレッシュアイペディアより)

  • 裁定の限界

    裁定の限界から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1907年に石油メジャーのオランダのロイヤル・ダッチとイギリスのシェルは利益をロイヤル・ダッチに60%、シェルに40%を分配するという形で提携を行った。その後、2005年に合併してロイヤル・ダッチ・シェルとなるまでオランダ市場ではロイヤル・ダッチが上場し、イギリス市場ではシェルが上場していた(いわゆる二元上場会社)。利益を6:4で分け合う形になるので裁定取引が機能していればロイヤル・ダッチとシェルの株価もまた6:4となるはずである。つまりロイヤル・ダッチの株価は理論的にはシェルの1.5倍でなくてはならない。しかし、実際にはそうならずロイヤル・ダッチの株価はシェルの株価の1.5倍を逸脱した状況が継続していた。裁定の限界 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空諮問委員会

    アメリカ航空諮問委員会から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    ジミー・ドーリットル(シェル石油)1957年-1958年アメリカ航空諮問委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ムタンチス (アルバム)

    ムタンチス (アルバム)から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    この頃、バンドはロイヤル・ダッチ・シェルのブラジル法人のCMの仕事を行う。本作収録曲「もっとなにか(Algo Mais)」は、このCMのジングルとして作られた曲で、また、やはり本作に収録されている「ドンキホーテ(Dom Quixote)」がフィーチャーされたヴァージョンのCMもある。セルジオ・ヂアスは2009年、アンディ・ゲンスラーによるインタビューにおいて、「自分達の曲を元にしたビデオを作ったのは凄いことだったよ。初めてのミュージック・ビデオだったね」と述懐している。ムタンチス (アルバム) フレッシュアイペディアより)

235件中 31 - 40件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード