160件中 41 - 50件表示
  • 永瀬石油

    永瀬石油から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1939年(昭和14年)合名会社永瀬久之助商店設立。1949年(昭和24年)戦後石油統制解除により、シェル石油株式会社(英国系元ライジングサン石油改称)と特約店契約を結ぶ。販売地区は、鳥取県、島根県。1950年(昭和25年)株式会社シェル石油松江発売所と合併、社名を株式会社永瀬石油店と改称。1965年(昭和40年)8月30日商号を変更して永瀬石油株式会社となる。永瀬石油 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・ウォレク

    ボブ・ウォレクから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    スキーのアクシデントによる選手生命を絶たれる前に、ウォレクは自動車レースを始めていた。1967年のモンブランラリーにルノー・8ゴルディーニで参戦し、ウォレクは勝利を収めた。翌1968年、スキーのキャリアが終了したウォレクはル・マンのブガッティ・サーキットで行われた"Volant Shell"スカラシップに参加し、フランソワ・ミゴーに次ぐ2位となった。ウォレクはその後「アルパイン・トロフィー・ル・マン」に勝利するとル・マン24時間レースへの参戦する機会を得、ル・マン24時間のデビュー戦を11位でフィニッシュした。ボブ・ウォレク フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・シュワルツ

    ピーター・シュワルツから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ハーマン・カーンがいたランド研究所に勤めたあと、石油会社ロイヤル・ダッチ・シェルに出向する。ピーター・シュワルツ フレッシュアイペディアより)

  • 気候研究ユニット

    気候研究ユニットから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1971年、CRUはイースト・アングリア大学の環境学の学部の一つとして設立された。CRUの設立は、イギリス気象庁の元長官のグラハム・サットン卿(Graham Sutton)、イースト・アングリア大学の顧問のソリー・ズッカーマン卿、1971年と1972年に環境学の学部長であったキース・クレイトン教授(Keith Clayton)とブライアン・ファンネル教授( Brian Funnel)のサポートに負うところが大きい。初期のスポンサーにはブリティッシュ・ペトロリアム、ナフィールド財団(Nuffield Foundation)、ロイヤル・ダッチ・シェルが参加している。ロックフェラー財団はもう一つの初期の支援者で、ウォルフソン財団(Wolfson Foundation)は1986年に現在の建物をCRUに寄贈した。1970年代後半から、CRUは、気候の再構築や温室効果ガス排出の気候に対する効果の解析を含む、これらの仕事を支援するアメリカ合衆国エネルギー省との一連の契約を通じて財政的支援を受けている。気候研究ユニット フレッシュアイペディアより)

  • エクアドルの歴史

    エクアドルの歴史から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1944年5月、軍、共産党、社会党を巻き込んだ広範な民衆蜂起により、アロヨ政権が崩壊し、亡命先のコロンビアから帰国したベラスコ・イバラが大統領に就任し、五月革命が成功した。しかし、第二次イバラ政権下で腐敗政治とインフレが進み、1947年に軍事クーデターでベラスコ・イバラは失脚し、アルゼンチンに亡命した。1948年に自由党系のガーロ・プラサが大統領選挙で勝利した。プラサ政権は地震や軍の反乱などに見舞われたが、この時期に東部アマゾンの油田が合衆国資本のシェル石油によって開発された。また、1949年以降ユナイテッド・フルーツ社をエクアドルに誘致した。エクアドルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ムタンチス (アルバム)

    ムタンチス (アルバム)から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    この頃、バンドはロイヤル・ダッチ・シェルのブラジル法人のCMの仕事を行う。本作収録曲「もっとなにか(Algo Mais)」は、このCMのジングルとして作られた曲で、また、やはり本作に収録されている「ドンキホーテ(Dom Quixote)」がフィーチャーされたヴァージョンのCMもある。セルジオ・ヂアスは2009年、アンディ・ゲンスラーによるインタビューにおいて、「自分達の曲を元にしたビデオを作ったのは凄いことだったよ。初めてのミュージック・ビデオだったね」と述懐している。ムタンチス (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • Ferranti Mark 1

    Ferranti Mark 1から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    最初の2台を製造後、新たな改良版の設計が完了し、Ferranti Mark 1* または Ferranti Mark 1 Star と呼ばれた。命令セットがより使いやすく整理されている。二進数と文字のランダムな対応は改善され、0から31までの数に対応した文字は ø£?0@:$ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ となった。またインデックスレジスタを使った命令には副作用があるため、プログラミングに奇妙な対処を必要としていたが、その副作用も除去された。同様に JUMP 命令は指定したアドレスの1つ前のアドレスに分岐するという、これもインデックスレジスタの奇妙な振る舞いと同様の理由でそうなっていた。しかしそのようなこだわりは、理論的には意味があっても実用には迷惑なだけだったため、修正された。入出力も修正され、5ビットの最下位ビットを「右」に置くようにした。このような様々な修正により、大幅にプログラミングが容易になった。少なくとも7台の Mark 1* が1951年から1957年にかけて顧客に納入されており、例えばアムステルダムのシェルの研究所にも納入されている。Ferranti Mark 1 フレッシュアイペディアより)

  • スルホラン

    スルホランから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1960年代、シェル社により、ブタジエンの精製を目的として開発された。スルホラン フレッシュアイペディアより)

  • ブライト地区

    ブライト地区から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    セリア郊外にアンドゥキ飛行場があり、ロイヤル・ダッチ・シェルグループの従業員が乗降する設備とプラットホームを設けている。(詳しくはセリア (ブルネイ)を参照。)ブライト地区 フレッシュアイペディアより)

  • カルカスカ郡 (ミシガン州)

    カルカスカ郡 (ミシガン州)から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    カルカスカ郡となった地域に入った最初の開拓者はウィリアム・コープランドというイギリス人であり、1855年に郡の北西隅の土地を購入した。カルカスカ郡は1840年に設立され、当初は「ウォバシー郡」と名付けられていたが、1843年に改名された。「カルカスカ」という名前はチッペワ族インディアンの言葉で「平らな国」あるいは「焼かれた国」を意味すると考えられている。別の説ではヘンリー・スクールクラフトが作った新語であり、当初は"Calcasca" と綴られていた。これは言葉遊びだとする学者もいる。スクールクラフトの姓は元々"Calcraft"であり、インディアンの言葉らしくするために"K" の文字に変えられたというものである。郡の当初の重要産業は製材業だった。かなりの量の石油と天然ガスの埋蔵量が発見され、1973年にはシェル石油の石油精製プラントが建設され、大きなブームになった。カルカスカ郡 (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

160件中 41 - 50件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード