235件中 41 - 50件表示
  • プロイェシュティ

    プロイェシュティから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    また、1989年のルーマニア革命の後、外国の企業からの多くの投資により、プロイェシュティは経済的に急速に成長した。OMV-ペトロム、ルクオイル、シェル・ガス、Timken、矢崎総業、コカ・コーラ、Efes Pilsener、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、Interbrewなど、多くの対外投資がプロイェシュティに集まっている。プロイェシュティ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    欧州連合加盟国からは世界有数とされる多国籍企業の多くが生まれ、世界規模での本社もおかれている。そのような企業には分野別で世界最大の規模を持つものもある。例えばアリアンツは金融業の売上高では世界最大であり、エアバスは世界のジェット機のほぼ半分を製造している。エールフランス‐KLMは運行本数で世界最大の航空会社、アモリムは世界最大のコルク加工・製造会社、アルセロール・ミッタルは世界最大の鉄鋼会社、ダノン・グループは乳製品市場の世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブは世界最大のビール会社、ロレアル・グループは世界最大の化粧品会社、LVMHは世界最大の高級嗜好品コングロマリット、ノキアは世界最大の携帯電話製造会社、ロイヤル・ダッチ・シェルは世界最大のエネルギー資本、ストゥーラ・エンソは世界最大の生産能力を持つパルプ・製紙会社である。欧州連合にはこのほかにも売上高、営業利益、市場占有率、従業員数などの指標で世界最大規模の企業が存在する。欧州連合に本拠を置く企業の多くがそれぞれの部門で世界上位10位以内に入っている。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ギャリー・マッコイ

    ギャリー・マッコイから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    、マッコイは一足飛びに500ccクラスにステップアップし、シェル・アドバンスチームからホンダ・NSR500Vを駆ってデビューを果たした。開幕から9戦中6戦でポイントを獲得したが、転倒により足首を骨折してシーズン終盤を欠場することになってしまった。ギャリー・マッコイ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・612スカリエッティ

    フェラーリ・612スカリエッティから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2005年8月、フェラーリは612スカリエッティで中国を横断する「チャイナ・ツアー」と称するPRキャラバンを行った (参考リンク)。これにはロイヤル・ダッチ・シェル、ピレリが協賛しており、フロント部分にフェラーリの中国語表記「法拉利」のデカールを貼っていた。8月末、上海を出発し、9月末には標高5231mのチベットのタングラシャン峠に到達した。フェラーリ・612スカリエッティ フレッシュアイペディアより)

  • イドリース1世 (リビア王)

    イドリース1世 (リビア王)から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    即位後は冷戦下において、旧宗主国のイギリスやアメリカと緊密な関係を保ち続け、アーマンド・ハマー率いるオクシデンタル・ペトロリウムやロイヤル・ダッチ・シェルなどの両国の石油関連企業が同国内で石油の掘削を行う際の後見人的立場となり、西側諸国への安定した石油供給に協力し続けた。イドリース1世 (リビア王) フレッシュアイペディアより)

  • A1グランプリ

    A1グランプリから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2008-2009年シーズンからは、新たにフェラーリは向こう6年間に渡りエンジン・シャーシを供給することが発表され、当初は一部報道で「シャーシはスクーデリア・フェラーリのF1マシンであるF2007に準拠したものになるほか、エンジン出力も650?700馬力と従来よりもパワーアップする」と伝えられていた。しかし結局はシャーシが2004年にスクーデリア・フェラーリが使用したF1マシン・F2004を新たにスクーデリア・フェラーリのロリー・バーンなどが改良したシャーシとなり、エンジンは600馬力V8エンジンが採用された。またタイヤにおいてはミシュラン社製のスリックタイヤが採用されている。また、パワーブーストボタンも引き続き備えられている。燃料にはガソリンに150リットルの容量に対し最大50%までバイオマスエタノールを混合できるバイオ燃料をシェルが提供している。A1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ニール・ホジソン

    ニール・ホジソンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1994年 - ロードレース世界選手権GP500ランキング32位(シェル・ハリス・ヤマハ)ニール・ホジソン フレッシュアイペディアより)

  • ムアラ

    ムアラから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ムアラ港の港湾施設のうち2つはロイヤル・ダッチ・シェルの石油関連施設である。ブルネイシェルマーケティング社(Brunei Shell Marketing、BSM)はムアラ・ターミナルにおいて非常に大きな存在感がある。同所には大量のガスボンベを積むコンテナと歴青などの製品を保管する施設がある。ムアラ フレッシュアイペディアより)

  • マレー技術博物館

    マレー技術博物館から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    マレー技術博物館(マレーぎじゅつはくぶつかん、、)は、ブルネイ・ダルサラーム国の首都バンダルスリブガワン(正確にはバンダルスリブガワン近郊のブルネイ・ムアラ地区コタ・バトゥ郡コタ・バトゥ村)にある博物館。ブルネイ博物館の隣に立地する。建物はロイヤル・ダッチ・シェルグループより、1984年のブルネイ独立の際に寄付された。公式には、博物館は1988年2月29日にブルネイの国王が開館した。マレー技術博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ブライト地区

    ブライト地区から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    セリア郊外にアンドゥキ飛行場があり、ロイヤル・ダッチ・シェルグループの従業員が乗降する設備とプラットホームを設けている。(詳しくはセリア (ブルネイ)を参照。)ブライト地区 フレッシュアイペディアより)

235件中 41 - 50件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード