160件中 51 - 60件表示
  • コノコフィリップス

    コノコフィリップスから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    旧セブン・シスターズのエクソンモービル・シェブロン・BP・ロイヤル・ダッチ・シェルと共にスーパーメジャーと呼ばれる6大石油会社の1つに名を連ねている。現在では積極的に次世代エネルギーへの投資を進めている。コノコフィリップス フレッシュアイペディアより)

  • サウジアラムコ

    サウジアラムコから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1928年に締結された赤線協定によって、旧トルコ帝国の領土内であるサウジアラビアでは、イラク石油(通称IPC))の株主であったエクソンとモービルは他の株主(アングロ・ペルシャ石油(現 BP)、ロイヤル・ダッチ・シェル、フランス石油(通称CFP)、カルースト・グルベンキアン)の承諾を得ずに単独で石油を開発することができなかったが、この協定を廃止する合意が成立したため、2社がアラビアン・アメリカン・オイルの株主に加わり、アラムコ4社と呼ばれるようになる。サウジアラムコ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ヘイグ

    ウィリアム・ヘイグから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    同大学卒業後はシェルやマッキンゼーで勤務、またINSEADにてMBAの資格を取得した。ウィリアム・ヘイグ フレッシュアイペディアより)

  • モホール計画

    モホール計画から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    モホール計画では、ロサンゼルスのグローバル・マリーン社の石油掘削船カス1号(CUSS I)が使われた。すなわちコンチネンタル(Continental)、ユニオン(Union)、スペリオール(Superior)、およびシェル(Shell)の5石油会社によるコンソーシアムが1956年に技術的試作品として開発したもので、その頭文字をとったもの。当時半径180m内で船位調整した技術は、現在の自動船位保持(dynamic positioning)装置へ進歩した。モホール計画 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1994年にロイヤル・ダッチ・シェルと三井物産、三菱商事の三者が合同でサハリン・エナジー社を設立し、ロシア政府と生産物分与協定(PSA)を締結した。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテルダム港

    ロッテルダム港から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    新マース川とニューヴェヴァーターヴェーフの分岐点上流側にあり、埠頭番号は3000番台。上流から第二石油埠頭(2e Petroleumhaven)、第一石油埠頭(1e Petroleumhaven)がある。エクソンモービル・シェル石油・ネレフコなどの石油化学工業コンビナートがある。エーンハーフェンとメールヴェハーフェンをあわせてペルニス (Pernis) とも呼ばれる。ロッテルダム港 フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪族アルコール

    脂肪族アルコールから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    シェル高級オレフィンプロセスにより、アルケンオリゴマーの混合物の鎖長の分布は、市場の要求に合うように調整することができる。ロイヤル・ダッチ・シェルは、中間体のメタセシス反応を用いてこれを行った。得られた混合物は分画され、続く過程でヒドロホルミル化や水素化される。脂肪族アルコール フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4/4

    マクラーレン・MP4/4から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    燃料 シェル (トルエン84%,ノルマルヘプタン16%)マクラーレン・MP4/4 フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリ・F310

    フェラーリ・F310から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1996年からエンジンをフェラーリ伝統のV型12気筒からV型10気筒に変更した。また、ガソリンも1973年以来の付き合いであったアジップからシェルに変更された。ちなみに1972年以前はシェルを使用していた。1995年ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハがベネトンから移籍してきたため、1990年のアラン・プロスト以来のカーナンバー1をフェラーリがつけることになった。フェラーリ・F310 フレッシュアイペディアより)

  • サンホアキン・バレー

    サンホアキン・バレーから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルがベーカーズフィールドの大きな製油所を運営していたが、2005年にユタ州ソルトレイクシティに本拠を置き、トラックヤードや製油所を経営するフライングJに売却された。2009年にフライングJが破産し、この製油所は閉鎖された。サンホアキン・バレー フレッシュアイペディアより)

160件中 51 - 60件表示