235件中 51 - 60件表示
  • グイド・クレパックス

    グイド・クレパックスから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1957年、彼はイタリアでシェル石油の広告キャンペーンで有名になり、ゴールデン・パーム賞を受賞した。翌年から1980年代中頃まで、彼はイタリア初の医学評論誌「テンポ・メディコ (Tempo Medico) 」のすべての表紙を描いた。1960年、終生連れ添うこととなるルイーザと結婚。グイド・クレパックス フレッシュアイペディアより)

  • カシャガン油田

    カシャガン油田から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    カスピ海への関心は1992年にカザフスタン政府が探索プログラムの立ち上げを発表した後に起こった。カザフスタン政府は関心を持つ30を超える企業に対して探索参加を呼びかけた。1993年、カザフスタン政府、エニ、、BP/スタトイル、モービル、ロイヤル・ダッチ・シェル、トタルが共同出資したコンソーシアム、カザフスタンカスピシェルフが設立された。このコンソーシアムはカスピ海付近で地震が発生した1997年まで4年間にわたって継続された。カシャガン油田 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ州

    デルタ州から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    デルタ州には25の地方行政区が置かれている。石油産出州の一つでシェルとシェブロンが操業している。デルタ州 フレッシュアイペディアより)

  • サンホアキン・バレー

    サンホアキン・バレーから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルがベーカーズフィールドの大きな製油所を運営していたが、2005年にユタ州ソルトレイクシティに本拠を置き、トラックヤードや製油所を経営するフライングJに売却された。2009年にフライングJが破産し、この製油所は閉鎖された。サンホアキン・バレー フレッシュアイペディアより)

  • A1グランプリカー

    A1グランプリカーから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    燃料・潤滑油:シェルE10 102 RONA1グランプリカー フレッシュアイペディアより)

  • 穂高工業所

    穂高工業所から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    名古屋に乱立していたバイクメーカーが次々と消えていく中でも穂高工業所は数少ない生き残ったメーカーとなっていたが、1963年、頼みの山口自転車が突然倒産してしまった。大量のストックの納品先を突然失った穂高工業所は台湾にこれらを輸出してストックを処分すると同時に、山口自転車に代わる新たな取引先を探し始めた。そんな穂高工業所に救いの手を差し伸べたのが、アメリカで山口自転車のオートバイを輸入販売していたシェル石油出資の輸入商社である PABATCO (Pacific Basin Trading Company 、太平洋沿岸商社)であった。販売網だけを残して突然売るべきオートバイを失ってしまったPABATCOは、山口自転車のオートバイのエンジンとトランスミッションを作っていた穂高工業所に完成車体の生産を持ちかけたのである。穂高工業所 フレッシュアイペディアより)

  • フィッシャー・トロプシュ法

    フィッシャー・トロプシュ法から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    シェル社はマレーシアのサラワク州ビントゥル (Bintulu) で天然ガスを原料とし、主に低硫黄ディーゼル燃料や食品品質のワックスを製造している。また、カタールで新たなプラントを2009年から稼働予定である。フィッシャー・トロプシュ法 フレッシュアイペディアより)

  • ペンゾイル

    ペンゾイルから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ペンズオイル(、ペンゾイルと表記される場合もある)は、アメリカ合衆国の石油関連企業。1913年にカリフォルニア州ロサンゼルスで設立された。当初は"Penn's Oil"としていたがすぐに現在のPennzoilに改名された。1955年にペンシルベニア州オイルシティを拠点とするサウス・ペン・オイル社(以前はスタンダード・オイル社の一部門)に買収される。1963年にサウス・ペン・オイルはサパタ・ペトロリアムと合併し、ペンゾイルを社名とする。1970年代に同社はテキサス州ヒューストンに移転した。本社はダウンタウン・ヒューストンに所在し、その社屋はペンゾイル・プレイスと呼ばれる。1998年にはライバル社であったクエーカー・ステートと合併し、ペンゾイル=クエーカー・ステートとなる。2002年、ロイヤル・ダッチ・シェルがペンゾイル=クエーカー・ステートを買収し、SOPUS (Shell Oil Products US) を形成した。ペンゾイル フレッシュアイペディアより)

  • コノコフィリップス

    コノコフィリップスから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    旧セブン・シスターズのエクソンモービル・シェブロン・BP・ロイヤル・ダッチ・シェルと共にスーパーメジャーと呼ばれる6大石油会社の1つに名を連ねている。現在では積極的に次世代エネルギーへの投資を進めている。コノコフィリップス フレッシュアイペディアより)

  • アーバーダーン危機

    アーバーダーン危機から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1954年8月に、アングロ・イラニアン石油会社は、国際コンソーシアムの配下に置かれ、その株式のうち40%を5つのアメリカ系メジャーが8%ずつ等分した。残りの株式は、イギリスの英国石油が40%、ロイヤル・ダッチ/シェルが14%、フランス石油会社が6%を保有した。アーバーダーン危機 フレッシュアイペディアより)

235件中 51 - 60件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード