235件中 61 - 70件表示
  • アーサー・ヘスケス・グルーム

    アーサー・ヘスケス・グルームから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1897年、神戸外国人居留地内にあったオリエンタルホテルをエドワード・ハズレット・ハンターらと共同で買収し、社長に就任した。1908年には居留地6番地に同ホテルの新館を建設。ゲオルグ・デ・ラランデの設計したこの新館は「東洋一の洋館ホテル」と呼ばれ、高級ホテルとして繁盛した。しかし同時期に起こった恐慌のあおりを受けてオリエンタルホテルの経営状態は悪化。1913年に現在の阪神電鉄青木駅近くで横屋ゴルフアソシエーションのあった土地をサミュエル商会に売却。1916年にはホテルの経営権を日本人実業家の浅野総一郎に売却した。アーサー・ヘスケス・グルーム フレッシュアイペディアより)

  • 旧マクベインビル

    旧マクベインビルから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    英国資本のシェルとオランダ資本のロイヤル・ダッチ石油会社の提携会社ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社である、亜細亜火油公司がこのビルを長期にわたって借りることになった。このため、このビルはアジアビルと呼ばれることが多くなった。ここは亜細亜火油会社の華北、朝鮮半島での事業において本部として使われた。旧マクベインビル フレッシュアイペディアより)

  • 日蘭会商

    日蘭会商から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    続く、第2次近衛内閣も前内閣の方針を継承して蘭印からの石油等の安定した物資供給の確約を得るべく、小林一三商工大臣をバタビアに派遣し1940年9月13日から交渉を開始した(第2次会商)。オランダ側は本土を占領されており、船員の統治はイギリスに設置された亡命政府がコントロールしていたが、会商団としてファン・モーク蘭印経済長官および現地石油会社役員・資本元のロイヤル・ダッチ・シェル・スタンダード・オイルからの代表が交渉にあたった。ところが、日本側は蘭印が大東亜共栄圏の一員であることを表明することやインドネシア人に自治権を付与することを期待する態度を示し、更に9月27日には日独伊三国同盟が締結されたことから、蘭印側の警戒感を一気に高めて日本を仮想敵視する動きを見せた。このため、10月22日に一旦小林商相を召還した。1941年1月15日には代表を元外務大臣の芳沢謙吉に代えて再交渉を開始するが、蘭印側は既にナチス・ドイツの同盟国である日本の侵攻を見越してアメリカ・イギリスに支援を求め、その一方で早すぎる決裂が日本側を早期開戦に踏み切らせないために強硬な態度を示しながらも決裂だけは回避する引き伸ばし工作を行った。その結果、6月17日には現状の経済関係の維持と一部地域での石油採掘権の日本側への提供、再交渉の意思の相互確認のみを合意として、事実上の決裂のまま交渉は打ち切られた。だが、翌月の日本軍による南部仏印進駐をきっかけに蘭印側は日本との経済協定を破棄し、太平洋戦争(大東亜戦争)開戦とともに日本軍の蘭印作戦を招くことになる。日蘭会商 フレッシュアイペディアより)

  • 挺進連隊

    挺進連隊から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1942年、パレンバン空挺作戦には挺進第1連隊が投入される予定であったが、移動途中で輸送船「明光丸」が発火事故を起こして沈没し装備を失ったうえ、パラチフスが隊内に流行したため、挺進第2連隊が交代した。2月14日、挺進飛行戦隊、第12輸送飛行中隊、飛行第98戦隊(物資投下担当)、飛行第64戦隊・飛行第59戦隊(戦闘機による直掩・間掩。戦闘機隊の総指揮官は第64戦隊長加藤建夫)の支援で、挺進第2連隊からなる第1挺進団・約400名が降下しオランダ軍守備隊と戦闘、結果、パレンバン大油田とロイヤル・ダッチ・シェルの製油所、および飛行場2箇所をほぼ無傷で制圧した。挺進連隊 フレッシュアイペディアより)

  • 半潜水艇

    半潜水艇から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    石油プラットフォームではまた異なった形式の半潜水船が用いられる。これはロイヤル・ダッチ・シェルのブルース・コリップ(Bruce Collip)が発明者であるとみなされている。海底油田の掘削深度が100フィート程度になるまでは固定式プラットフォームが建造されていたが、次第に深海へ移動してメキシコ湾で100から400フィートの深さでの掘削設備が必要とされるようになると、ENSCOインターナショナル(Ensco International)のような専門海底掘削契約業者が甲板昇降式プラットフォームを投入するようになった。最初の半潜水式プラットフォームは1961年に偶然見いだされた。ブルー・ウォーター・ドリリング社(Blue Water Drilling Company)がメキシコ湾でロイヤル・ダッチ・シェルのために保有・運用していた潜水式のブルー・ウォーター・リグNo.1は、ポンツーンの浮力がリグとその消耗品の重量を支えるためには不十分であったため、ポンツーンの上部から甲板の下側の中間くらいまで沈んだ状態で曳航された。その際、この喫水では動揺が非常に小さいことが観察されたため、両社はこのリグを浮いた状態で運営することを決定した。それ以来、石油産業向けに専用に設計された半潜水式プラットフォームが用いられるようになった。半潜水艇 フレッシュアイペディアより)

  • ブランドなんか、いらない

    ブランドなんか、いらないから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    この著作では基本的に経済的なグローバリゼーションを背景としながら成長している多国籍企業での労働の実態を描き出している。そして、そのような国際的に有名なブランドを保持して影響力を行使している企業に対する活動家の反企業運動を記述する。クラインの意図とは、世界を超えて広がりつつある経済システムと企業の権力について分析を加えることによって、新しい市民運動の可能性を示すことにあった。クラインの説明によれば、19世紀後半にブランドが成立してから企業は自社のブランドを計画的に形成しながら都市、音楽、スポーツ、学校、社会運動などに展開させ、自社の知名度と影響力を国際的に拡大し続けてきた。こうして台頭したブランドは結果として人々が公共空間と選択肢を明け渡すように仕向けていると指摘されている。クラインが特に強調しているのはこのブランドによってもたらされる失業や労働の問題である。彼女は商品を海外で生産して輸入する方法を採っているナイキを代表的な事例として挙げながら、企業が自由貿易を活用しながら世界各地で労働力を使い捨てていると主張する。このような情勢の中で、反企業運動や反グローバリゼーション運動の活動家によって採用されている戦略は企業のブランドの価値を破壊する戦略である。実際に、ナイキ、シェル、マクドナルドに対するブランド攻撃は企業の方針を変更させるに至った。このような戦略を通じて、世界的に結びつきを強めながら、多国籍企業の権力を規制し、弱める国際的な市民運動が成長しつつあるものと論じられている。ブランドなんか、いらない フレッシュアイペディアより)

  • 富士商

    富士商から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    富士商株式会社(ふじしょう)は、山口県山陽小野田市に本部を置く石油を主力とした企業。昭和シェル石油(旧シェル石油系)の販売代理店。富士商 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテルダム港

    ロッテルダム港から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    ニューウェ・マース川とニューウェ・ウァーターウェーフの分岐点上流側にあり、埠頭番号は3000番台。上流から第二石油埠頭(2e Petroleumhaven)、第一石油埠頭(1e Petroleumhaven)がある。エクソンモービル、シェル石油、などの石油化学工業コンビナートがある。エーンハーフェンとメールウェハーフェンをあわせてペルニス (Pernis) とも呼ばれる。ロッテルダム港 フレッシュアイペディアより)

  • シリル・ワイルド

    シリル・ワイルドから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1929年おじの紹介でロイヤル・ダッチ・シェルの子会社ライジングサン石油へ就職することを決める。同年7月、の第4大隊に入隊し訓練を受ける。シリル・ワイルド フレッシュアイペディアより)

  • セントリカ

    セントリカから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1812年にロンドン・ウェストミンスター地区で設立されたをルーツに持つ。テムズ川北側地域へのガス供給を主体に、他のエネルギー事業者の合併を重ね、ロンドン最大のガス事業者に成長した。第二次世界大戦後の1948年にガス法が施行され、をはじめとするロンドン周辺のガス事業者は、公営組織のに一括吸収された。1986年のガス法の改正によりイギリスのガス事業は民営化、ブリティッシュガス()が設立された。1997年2月に同社はセントリカ、(2016年ロイヤル・ダッチ・シェルに統合)、(2002年ナショナル・グリッドが買収)の3社に分割されるが、セントリカは「ブリティッシュガス」のブランド名を引き継ぎ、ブリティッシュガスはセントリカの一部門として運営されることになった。セントリカ フレッシュアイペディアより)

235件中 61 - 70件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード