160件中 61 - 70件表示
  • マニトワック (ウィスコンシン州)

    マニトワック (ウィスコンシン州)から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    グレイハウンドのバスストップは市南西部にあるシェルのガソリンスタンドに併設されており、同社と提携しているバス会社によって運行されている、ミルウォーキーとグリーンベイを結ぶ中距離バスが停車する。マニトワック (ウィスコンシン州) フレッシュアイペディアより)

  • イドリース1世 (リビア王)

    イドリース1世 (リビア王)から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    即位後は冷戦下において、旧宗主国のイギリスやアメリカと緊密な関係を保ち続け、両国のオクシデンタル・ペトロリウムやロイヤル・ダッチ・シェルなどの石油関連企業が同国内で石油の掘削を行う際の後見人的立場となり、西側諸国への安定した石油供給に協力し続けた。イドリース1世 (リビア王) フレッシュアイペディアより)

  • A1グランプリ

    A1グランプリから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2008-2009年シーズンからは、新たにフェラーリは向こう6年間に渡りエンジン・シャーシを供給することが発表され、当初は一部報道で「シャーシはスクーデリア・フェラーリのF1マシンであるF2007に準拠したものになるほか、エンジン出力も650?700馬力と従来よりもパワーアップする」と伝えられていた。しかし結局はシャーシが2004年にスクーデリア・フェラーリが使用したF1マシン・F2004を新たにスクーデリア・フェラーリのロリー・バーンなどが改良したシャーシとなり、エンジンは600馬力V8エンジンが採用された。またタイヤにおいてはミシュラン社製のスリックタイヤが採用されている。また、パワーブーストボタンも引き続き備えられている。燃料にはガソリンに150リットルの容量に対し最大50%までバイオマスエタノールを混合できるバイオ燃料をシェルが提供している。A1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・72

    ロータス・72から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    燃料・潤滑油 ロイヤル・ダッチ・シェル・テキサコ・ダッカムスロータス・72 フレッシュアイペディアより)

  • マルメ空港

    マルメ空港から見たロイヤルダッチシェルロイヤル・ダッチ・シェル

    この空港で給油作業を実施しているのはマルメ・フュエリング・サービス(Malmö Fueling Services)1社である。同社はシェル、スタトイルとエアBPの塗装がされたタンクローリーを使用している。マルメ空港 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空諮問委員会

    アメリカ航空諮問委員会から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    ジミー・ドーリットル(シェル石油)1957年-1958年アメリカ航空諮問委員会 フレッシュアイペディアより)

  • バリクパパン

    バリクパパンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    大規模な戦闘でこの地域のほとんど全ての石油生産設備が破壊され、ロイヤル・ダッチ・シェルが主な修理を行なった。シェルはこの地で1965年まで操業を続け、同年にプルタミナ(:en:Pertamina)はインドネシア政府の所有となった。石油埋蔵を探索するための技術、熟練労働力、資本が不足していたので、1970年代にプルタミナは石油採掘権の請負を多国籍企業に又貸しした。バリクパパン フレッシュアイペディアより)

  • ロッキーマウンテン兵器工場

    ロッキーマウンテン兵器工場から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    主な利用者はシェル石油、モービル石油、ジュリアスハイマン社、コロラドFuel&Iron社などがロッキーマウンテン兵器工場 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・コスワース・HBエンジン

    フォード・コスワース・HBエンジンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    燃料・潤滑油 モービル,BP,カストロール,アジップ,ロイヤル・ダッチ・シェル,エルフ(チームで異なる)フォード・コスワース・HBエンジン フレッシュアイペディアより)

  • マレー技術博物館

    マレー技術博物館から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    マレー技術博物館(マレーぎじゅつはくぶつかん、、)は、ブルネイ・ダルサラーム国の首都バンダルスリブガワン(正確にはバンダルスリブガワン近郊のブルネイ・ムアラ地区コタ・バトゥ郡コタ・バトゥ村)にある博物館。ブルネイ博物館の隣に立地する。建物はロイヤル・ダッチ・シェルグループより、1984年のブルネイ独立の際に寄付された。公式には、博物館は1988年2月29日にブルネイの国王が開館した。マレー技術博物館 フレッシュアイペディアより)

160件中 61 - 70件表示