160件中 71 - 80件表示
  • 1990年以後の企業の買収・合併の実績

    1990年以後の企業の買収・合併の実績から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1985年、昭和石油とシェル石油が合併して社名を昭和シェル石油に変更。1990年以後の企業の買収・合併の実績 フレッシュアイペディアより)

  • デンバー地震

    デンバー地震から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    戦後はRMA内の施設の民間利用(リースプログラム)も許可され、Julius Hyman and Company(JHC)が1946年に殺虫剤の生産を開始した、1952年にはシェル石油がJHCを買収し操業を継続、RMAでは60年代にロケットエンジンの推進剤の製造も開始した。1982年には 東西の緊張緩和また環境への懸念から民間部門を含むRMAにおける製造活動は停止した。その後貯蔵も中止され、現在の唯一の業務は地域の除染と自然回復である。デンバー地震 フレッシュアイペディアより)

  • 挺進連隊

    挺進連隊から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1942年、パレンバン空挺作戦には挺進第1連隊が投入される予定であったが、移動途中で輸送船「明光丸」が発火事故を起こして沈没し装備を失ったうえ、パラチフスが隊内に流行したため、挺進第2連隊が交代した。2月14日には挺進飛行戦隊、第12輸送飛行中隊、飛行第98戦隊(物資投下担当)、飛行第64戦隊・飛行第59戦隊(戦闘機による直掩・間掩。戦闘機隊の総指揮官は第64戦隊・戦隊長加藤建夫)の支援で約400名が降下しオランダ軍守備隊と戦闘、結果、パレンバン大油田とロイヤル・ダッチ・シェルの製油所、および飛行場2箇所をほぼ無傷で制圧した。挺進連隊 フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルは、コロラドにおいて地中でシェール油を抽出する技術によって1バレル30ドル(190ドル/m3)を達成し、さらに一貫生産に切り替えれば1バレルが20ドルを割り込むと発表している。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • LNGタンカー

    LNGタンカーから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1957年、シェル石油や野党の反対を押し切って、英ガスカウンシルと米コンストック・リキッドメタン社の共同開発計画が承認された。この米コンストックはシカゴのユニオンストックヤード&トランシェット社とコンチネンタル・オイル社、J.J.ヘンリー社(船舶設計会社)の3社の合弁企業であった。LNGタンカー フレッシュアイペディアより)

  • ポートシカゴの惨事

    ポートシカゴの惨事から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    ディビジョン6(多くがNSGLによるトレーニングを経たばかりの新米兵士)の102名の水兵は、真夜中に始まる任務である、爆薬の搭載に備えて新造されたビクトリー船、キノールトビクトリー号に装備を搭載するために忙殺されていた。キノールトビクトリー号は精製途上の原油を収容していた。そして、その一部は攪拌により時間と共に、または即座に可燃性ガスを放出するタイプだった。燃料(7月17日正にシェル石油会社マーティネズ精油所に運ばれる)は通常次の24時間で他の燃料タンクに水路で運搬される。ポートシカゴの惨事 フレッシュアイペディアより)

  • 穂高工業所

    穂高工業所から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    名古屋に乱立していたバイクメーカーが次々と消えていく中でも穂高工業所は数少ない生き残ったメーカーとなっていたが、1963年、頼みの山口自転車が突然倒産してしまった。大量のストックの納品先を突然失った穂高工業所は台湾にこれらを輸出してストックを処分すると同時に、山口自転車に代わる新たな取引先を探し始めた。そんな穂高工業所に救いの手を差し伸べたのが、アメリカで山口自転車のオートバイを輸入販売していたシェル石油出資の輸入商社である PABATCO (Pacific Basin Trading Company 、太平洋沿岸商社)であった。販売網だけを残して突然売るべきオートバイを失ってしまったPABATCOは、山口自転車のオートバイのエンジンとトランスミッションを作っていた穂高工業所に完成車体の生産を持ちかけたのである。穂高工業所 フレッシュアイペディアより)

  • ポートハーコート

    ポートハーコートから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1958年にシェルによるオゴニで原油採掘が始まって以来石油関連産業はこの地に集積されており、現在ではナイジェリアの主要な石油精製都市となっている。ポートハーコート フレッシュアイペディアより)

  • アンティーク (デュオ)

    アンティーク (デュオ)から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2006年7月、「V-Power」と呼ばれるアンティークの新曲がインターネット上で流れた。これは、ロイヤル・ダッチ・シェル社の無鉛ハイオクガソリンのコマーシャル・ソングとして使われ、英語版とギリシャ語版の2バージョンがあった。多くのファンは、この曲はアンティークが解散する2003年以前に録音されたものだと考えている。しかし、この曲が実際にいつ録られたのか、またそれまで何故リリースされていなかったのかについては明らかになっていない。ふたりは、将来こそ分からないが、少なくとも今はデュオを再結成する意志を持ってはいない。アンティーク (デュオ) フレッシュアイペディアより)

  • シェルガーデン

    シェルガーデンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1966年(昭和41年)12月、目黒区自由が丘のシェル石油のガソリンスタンド(現・自由が丘店所在地)に併設する形で、島商、英シェル石油、国分の三社の出資により、輸入食材を扱う「スーパーマーケット シェルガーデン」が開店した。1983年(昭和58年)に西友が資本参加し、セゾングループ入りすることとなる。1995年(平成7年)には西武百貨店池袋店に出店、このとき店名を「ザ・ガーデン自由が丘」に変更、同時に同社の傘下となった。シェルガーデン フレッシュアイペディアより)

160件中 71 - 80件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード