235件中 71 - 80件表示
  • ティモール海

    ティモール海から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    この海域においては、石油および天然ガスの埋蔵が知られており、バユ・ウンダンガス田からの生産やグレーターサンライズガス田などの探鉱・開発が行われている。これらの海底資源については、オーストラリア資本を中心に開発が行われてきた。東ティモールが長らく非独立地域であったことと、大陸棚境界の位置の問題により、排他的経済水域の設定には論争があった。このエリアはティモール・ギャップと呼ばれ、2007年2月に両国は領海線を確定せずに、共同石油開発エリアを批准し、海底資源の東ティモール・オーストラリア間の分配を決定した。オーストラリア側では、シェルや国際石油開発帝石などがLNGの生産に向けた取り組みを進めている。ティモール海 フレッシュアイペディアより)

  • サンパウロガス

    サンパウロガスから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    現在、サンパウロガスの株式の60.1パーセントをBGグループ、18.2%をロイヤル・ダッチ・シェルが保有している。残りの株式はサンパウロ証券取引所で取引されている。サンパウロガス フレッシュアイペディアより)

  • フォード・コスワース・HBエンジン

    フォード・コスワース・HBエンジンから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    燃料・潤滑油 モービル,BP,カストロール,アジップ,ロイヤル・ダッチ・シェル,エルフ(チームで異なる)フォード・コスワース・HBエンジン フレッシュアイペディアより)

  • グラマン G-44

    グラマン G-44から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    しかしながら2001年6月にBPアモコとシェル・オイルの仕事で海底探査をしていたチームが商船「ローバート・E・リー」が沈んでいる傍で「U-166」の残骸を発見した。7月30日(ホワイトのJ4F-1の飛行の2日前)の「U-166」の沈没は、現在では「ローバート・E・リー」を護衛していた哨戒艇の「PC-556」の戦果とされている。グラマン G-44 フレッシュアイペディアより)

  • 永瀬石油

    永瀬石油から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    昭和14年合名会社永瀬久之助商店設立。昭和24年戦後石油統制解除により、シェル石油株式会社(英国系元ライジングサン石油改称)と特約店契約を結ぶ。販売地区は、鳥取県、島根県。昭和25年株式会社シェル石油松江発売所と合併、社名を株式会社永瀬石油店と改称。昭和40年8月30日商号を変更して永瀬石油株式会社となる。永瀬石油 フレッシュアイペディアより)

  • Octan

    Octanから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1992年以前は、実在する企業のShellとExxonが使用されていた。それ以後もShellのロゴは、プロモーションセットで使用され続けたが、 2014年にレゴ社は、環境保護団体グリーンピースからの抗議で、シェルとの販売契約を更新しないと発表。Octan フレッシュアイペディアより)

  • カルカスカ郡 (ミシガン州)

    カルカスカ郡 (ミシガン州)から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    カルカスカ郡となった地域に入った最初の開拓者はウィリアム・コープランドというイギリス人であり、1855年に郡の北西隅の土地を購入した。カルカスカ郡は1840年に設立され、当初は「ウォバシー郡」と名付けられていたが、1843年に改名された。「カルカスカ」という名前はチッペワ族インディアンの言葉で「平らな国」あるいは「焼かれた国」を意味すると考えられている。別の説ではヘンリー・スクールクラフトが作った新語であり、当初は"Calcasca" と綴られていた。これは言葉遊びだとする学者もいる。スクールクラフトの姓は元々"Calcraft"であり、インディアンの言葉らしくするために"K" の文字に変えられたというものである。郡の当初の重要産業は製材業だった。かなりの量の石油と天然ガスの埋蔵量が発見され、1973年にはシェル石油の石油精製プラントが建設され、大きなブームになった。カルカスカ郡 (ミシガン州) フレッシュアイペディアより)

  • Shell Ocean Discovery XPRIZE

    Shell Ocean Discovery XPRIZEから見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    これまでにAnsari X PrizeやGoogle Lunar X Prizeを主催してきたXプライズ財団による主催で各チームが製作した水中探査ロボットで4000m級の海底を探査するという競技でシェル石油がメインスポンサーを務め、アメリカ海洋大気庁(NOAA)とあわせた賞金は総額700万ドル。Shell Ocean Discovery XPRIZE フレッシュアイペディアより)

  • BBC Two

    BBC Twoから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    BBC2の発足に先立ち、BBCテレビジョンでは、カンガルーの母子のキャラクター "Hullabaloo" と "Custard" を用いたアニメーションで新チャンネルの広告を行った。また、正式放送開始に先立って(正式放送開始後も数年間)技術試験放送(Trade Test Transmissions)と呼ばれる短編映像を放送していた。これは、BP や シェルのような外部の企業によって制作されたもので、技術者がテレビの受信を確認するのに用いられた。この技術試験カラー映像は、カルトな人気を博すことになる。BBC Two フレッシュアイペディアより)

  • レイスウェイク

    レイスウェイクから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    欧州特許庁(Europees Octrooibureau)およびオランダ特許庁(Octrooicentrum Nederland)が置かれている。また、ロイヤル・ダッチ・シェルの技術研究所や欧州霊長類研究所(Biomedical Primate Research Centre)もレイスウェイクにある。レイスウェイク フレッシュアイペディアより)

235件中 71 - 80件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード