160件中 81 - 90件表示
  • プロイェシュティ

    プロイェシュティから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    また、1989年のルーマニア革命の後、外国の企業からの多くの投資により、プロイェシュティは経済的に急速に成長した。OMV-ペトロム、ルクオイル、シェル・ガス、Timken、矢崎総業、コカ・コーラ、Efes Pilsener、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、Interbrewなど、多くの対外投資がプロイェシュティに集まっている。プロイェシュティ フレッシュアイペディアより)

  • エネクスフリート

    エネクスフリートから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    エネクスフリートは石油販売(ガソリンスタンド、インタンク向け販売)を主な事業とし、ガソリンスタンドに併設する形でファミリーマート、カーコンビニ倶楽部のフランチャイズ展開、中古車販売などを行っている日本の企業。複数の石油元売業者(JX、コスモ石油、シェル石油、カーエネクス)と契約しており、自社ブランド「エネフリ」の看板と供給元の看板を並べて掲げている。主に運送会社を中心とした顧客層で、トレーラーなどの大型車が給油可能なガソリンスタンドを2011年現在約150店舗展開している。2011年現在、伊藤忠エネクスの軽油販売の60%、ガソリン販売の15%を占める。ホームセンターのコーナンとは創業者が同じ。エネクスフリート フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール事件

    シンガポール事件から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1974年1月31日に、武装した日本赤軍メンバー2人(和光晴生と山田義昭)とPFLPのメンバー2人の計4名が、シンガポールのブクム島にあるロイヤル・ダッチ・シェルの石油精製施設にボートで上陸し、石油タンクなどの施設をプラスチック爆弾で爆破した。なおこの理由として、同施設が石油メジャーの経営であることと、ベトナム戦争においてアメリカ軍への石油供給を行っていたことを理由に挙げた。シンガポール事件 フレッシュアイペディアより)

  • 在クウェート日本大使館占拠事件

    在クウェート日本大使館占拠事件から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1974年1月31日に、武装した日本赤軍メンバー2人(和光晴生と山田義昭)とPFLPのメンバー2人の計4名が、シンガポールのブクム島にあるロイヤル・ダッチ・シェルの石油精製施設にボートで上陸し、石油タンクなどの施設をプラスチック爆弾で爆破した。在クウェート日本大使館占拠事件 フレッシュアイペディアより)

  • BMCソフトウェア

    BMCソフトウェアから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1970年代後半、後に BMCソフトウェアを創業する Scott Boulett、John Moores、Dan Cloer の3人はヒューストンでプログラミングに関するパートナー契約を結んだ。1980年、それが会社として形を持つようになり、BMCソフトウェアが設立された。初代CEOの Moores は、シェル石油でのIBMメインフレームのソフトウェア改良を行ったプログラマとしての経験があった。1988年7月、BMCはNASDAQへの株式公開を果たした。BMCソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • イジョ

    イジョから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    産油地であるにも関わらず、南部への還元が少ないとして反政府武装組織デルタ人民志願軍が活動中。2005年10月には石油メジャーに対して攻撃予告を行い、ロイヤル・ダッチ・シェルの従業員が避難する騒ぎとなった。結果的に攻撃は行われなかったものの原油価格高騰の一因となった。イジョ フレッシュアイペディアより)

  • 大野勝巳

    大野勝巳から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1964-86年外務省顧問。この間1967年にシェル石油副社長、1972-76年には帝国ホテル社長も務めた。2006年9月1日に老衰のため、死去。享年101。著書に「霞ヶ関外交」がある。大野勝巳 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野正美

    宇野正美から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    また、世界の様々な事象の背後に存在するユダヤ人の「影響力」、世界を支配する4つの要素(石油、穀物、金融、情報)におけるユダヤ人の「支配力」に目を瞠っていた。具体的には、独占的な資源メジャーである、石油メジャー(ロイヤル・ダッチ・シェル、エクソン、ブリティッシュ・ペトロリアム、テキサコ、モービル、シェブロン)、穀物メジャー(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、ブンゲ、カーギル、ルイ・ドレフュス)、金融(FRB、BIS、IMF、投資銀行、証券会社)、情報の国際的通信社(ロイター、AP通信、UPI通信社、AFP通信)、世界的新聞社&マスメディア(タイムズ、フォーチューン、ニューズウィーク、ニューヨーク・タイムズ、ニューヨーク・ポスト、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポスト)、IBMなどコンピュータ関連企業などである。宇野正美 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀穂

    田中秀穂から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1974年にパレスチナゲリラ及び日本赤軍の和光晴生と山田義昭の混成部隊が、シンガポール沖にあったシェル石油傘下のシンガポール・イースタン・ペトローリアム社ブクム島製油所を爆破し、警官隊と銃撃戦を展開、さらにその6日後、パレスチナ解放人民戦線が在クウェート日本大使館を占拠、石川良孝(大使)らを人質にして、和光らを送還し南イエメンへ脱出させることを日本政府に要求した事件(シンガポール・クウェート事件)に、中近東アフリカ局長として対応にあたり、人質解放後、日本政府が派遣した特別機に、犯人グループが南イエメンのアデンに脱出するまで人質の身代わりとして同乗した。田中秀穂 フレッシュアイペディアより)

  • ムアラ

    ムアラから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ムアラ港の港湾施設のうち2つはロイヤル・ダッチ・シェルの石油関連施設である。ブルネイシェルマーケティング社(Brunei Shell Marketing、BSM)はムアラ・ターミナルにおいて非常に大きな存在感がある。同所には大量のガスボンベを積むコンテナと歴青などの製品を保管する施設がある。ムアラ フレッシュアイペディアより)

160件中 81 - 90件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード