235件中 81 - 90件表示
  • 1988年のル・マン24時間レース

    1988年のル・マン24時間レースから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    ポルシェ・962Cは古さを隠せず、一時V型8気筒エンジンを搭載する新型を投入する動きもあったが、長年のロスマンズの支援が終焉し新たなスポンサーが現れなければ試作もできない状況で、車両規則が変わる可能性が出て来たことがポルシェの新シャシ開発断念を後押しした。すでにワークスはスポーツカー世界選手権に参戦しておらず、ル・マン24時間レースのみへの参戦とした。チームマネージャーのピーター・フォーク、デザイナー兼エンジニアのノルベルト・ジンガーにとりまさにこのレースが最後の仕事で、ジンガーは後に「まだやり残した仕事がある、という気分だった。962Cはまだ充分戦える。だったら、最後にひと花咲かせてやろうじゃないか、と逆に闘志が湧いたものさ」と語っており、連覇を7に伸ばすべく努力した。当初は到底ジャガーに敵わないと思われていたが、エンジンマネージメントシステムをボッシュと共同で従来の6MBマイクロプロセッサ1個搭載のモトロニックMP1.2に代わって20MBプロセッサを5個搭載するMP1.7という新型を開発、フルデジタル化して制御をきめ細かくして燃費を大幅に向上しながらも圧縮比9.5から決勝ブーストでも常時700PSを実現して燃費と出力を両立、ル・マン24時間レースのためだけに3.2リットルの水冷エンジンを準備、ヴァイザッハの風洞でロングテールの形状を検討、高速走行で有利なように低くし、既存のシャシナンバー007、008に加えシャシ番号010を新規に制作して計3台を投入するなど連勝記録伸長に意欲を見せた。外観はシェルカラーに塗り替えられていた。勝利に対する意気込みはものすごく、エースカーの17号車にはル・マン2勝のハンス=ヨアヒム・スタック/ル・マン3勝のクラウス・ルドヴィック/ル・マン5勝のデレック・ベルと実績を持つドライバーを揃えた。勝利だけでなくアメリカ合衆国での宣伝を考慮し3台目のワークスカー19号車にはアメリカレース界のスーパースター、マリオ・アンドレッティ/マイケル・アンドレッティ/ジョン・アンドレッティ親子を配した。1988年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • エドムンド・ド・ロスチャイルド

    エドムンド・ド・ロスチャイルドから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    英国内の銀行業の方も順風満帆であり、化学のインペリアル・ケミカル・インダストリーズ、石油のロイヤル・ダッチ・シェル、ダイヤモンドのデ・ビアス、重工業のヴィッカース、紅茶のリプトン、保険のなどの大企業を財政面から支えた。エドムンド・ド・ロスチャイルド フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・ドーリットル

    ジミー・ドーリットルから見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    1930年に中尉で退役し、シェル石油の航空部に支配人として入社。同年ハーモン・トロフィを獲得。ジミー・ドーリットル フレッシュアイペディアより)

  • ハーリド・アブドゥルアズィーズ・アル=ファーリハ

    ハーリド・アブドゥルアズィーズ・アル=ファーリハから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    2004年10月、サウディ・アラムコ社の取締役に就任。同時に、サウディ・アラムコと シェル、Total社との合弁事業である南ルブア アル・ハーリー社(SPAK)の取締役会長にも就任した。ハーリド・アブドゥルアズィーズ・アル=ファーリハ フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪族アルコール

    脂肪族アルコールから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    シェル高級オレフィンプロセスにより、アルケンオリゴマーの混合物の鎖長の分布は、市場の要求に合うように調整することができる。ロイヤル・ダッチ・シェルは、中間体のメタセシス反応を用いてこれを行った。得られた混合物は分画され、続く過程でヒドロホルミル化や水素化される。脂肪族アルコール フレッシュアイペディアより)

  • ロータス・72

    ロータス・72から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    燃料・潤滑油 ロイヤル・ダッチ・シェル・テキサコ・ダッカムスロータス・72 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン2

    サハリン2から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    1994年にロイヤル・ダッチ・シェルと三井物産、三菱商事の三者が合同でサハリン・エナジー社を設立し、ロシア政府と生産物分与協定(PSA)を締結した。サハリン2 フレッシュアイペディアより)

  • 計算機の歴史

    計算機の歴史から見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    世界初の商用コンピュータは、1951年2月にマンチェスター大学に納入された Ferranti Mark 1 である。Manchester Mark I を元に設計された。Manchester Mark I からの主な改良点は、記憶装置の容量増、乗算器の高速化、命令の追加である。基本サイクル時間は1.2ミリ秒で、乗算を約2.16ミリ秒で実行した。真空管を4050本使っており、その4分の1が乗算器に使われている。2号機がトロント大学に売れ、その後さらに改良を施した Mark 1 Star が完成した。Mark 1 Star は少なくとも7台が1953年から1957年までに売れており、シェルのアムステルダムにある研究所にその1つが納入された。計算機の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • マールテン・アルバート・ヴァン・デン・バーグ

    マールテン・アルバート・ヴァン・デン・バーグから見たロイヤル・ダッチ・シェルロイヤル・ダッチ・シェル

    マールテン・ヴァン・デン・バーグは32年間をかけてロイヤル・ダッチ・シェルの取締役会の会長にまで昇進した。マールテン・アルバート・ヴァン・デン・バーグ フレッシュアイペディアより)

  • 武田考玄

    武田考玄から見たシェル石油ロイヤル・ダッチ・シェル

    武田 考玄(たけだ こうげん、1916年12月1日 - 2000年12月31日)は命理家・遁甲家、演出家。横浜市出身。本名:土屋達一郎。ライジングサン石油株式會社(後のシェル石油→昭和シェル石油)の創設者の1人と妾の間に5人兄妹の長男として生を受けた。旧制私立芝中学校、早稲田大学政治経済学部卒業。NETテレビ(日本教育テレビ)で演出を行なううちに、メークアップの研究が観相学へと結びついた。その後四柱推命などの運命学を中国の原書から研究し始め、本場中国の原書を元にした子平(四柱推命学)の日本への導入に努めた。通信講座などで門弟も多く、日本命理学会を主宰。実妹は舞踏家の花柳三弥、元女優の島崎雪子。武田考玄 フレッシュアイペディアより)

235件中 81 - 90件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード