42件中 11 - 20件表示
  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た天然ガス

    ガス・電力事業 - 天然ガスの加工(GTL燃料)・輸送や発電所の開発などロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たシェル・ナイジェリア

    1960年代以降ナイジェリアでも操業し、政府系企業などと合弁でシェル・ナイジェリアとして活動している。この事業提携が事実上の単一企業と看做されて98年続いてきた。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た中国石油天然気集団

    2012年2月10日、近年国家戦略としてエネルギー資源の獲得に意欲を見せる中華人民共和国の中国石油天然気勘探開発公司(中国石油天然気集団の子会社)が、ロイヤル・ダッチ・シェルが保有する、カナダブリティッシュコロンビア州グラウンドバーチの権益の20%を買収し、同地域の天然ガス液化工場での共同プロジェクトに参画することとなった。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た子会社

    2012年2月10日、近年国家戦略としてエネルギー資源の獲得に意欲を見せる中華人民共和国の中国石油天然気勘探開発公司(中国石油天然気集団の子会社)が、ロイヤル・ダッチ・シェルが保有する、カナダブリティッシュコロンビア州グラウンドバーチの権益の20%を買収し、同地域の天然ガス液化工場での共同プロジェクトに参画することとなった。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たムール貝

    トレードマークは当初ムール貝であったが、1904年に現在のマークの原型となるホタテ貝に変更した。ヨーロッパホタテの貝殻をモチーフにしたペクテンマークの起源はここにある。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た家紋

    これが大規模なものに成長し、1897年にシェル・トランスポート&トレーディング・カンパニーを設立した。社名は、貝殻を販売していたことと、出資者の家紋がヨーロッパホタテ(、ホタテガイに近縁なホタテガイ属の1種)であったことにちなむ。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たフォーブス・グローバル2000

    米国フォーブス誌が発表する売上高、利益、資産、時価総額の4つの要素を基にランキングしている2008年フォーブス・グローバル2000では世界6位。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たオランダ

    ロイヤル・ダッチ・シェル () は、オランダのハーグに本拠を置くオランダとイギリスの企業である。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た中華人民共和国

    2012年2月10日、近年国家戦略としてエネルギー資源の獲得に意欲を見せる中華人民共和国の中国石油天然気勘探開発公司(中国石油天然気集団の子会社)が、ロイヤル・ダッチ・シェルが保有する、カナダブリティッシュコロンビア州グラウンドバーチの権益の20%を買収し、同地域の天然ガス液化工場での共同プロジェクトに参画することとなった。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たカスピ海

    後の初代バーステッド子爵)が来日した際に横浜近郊の三浦海岸で見つけた貝があまりにも美しく、拾い集めた貝殻を持って帰国。貝殻細工の製造販売で財をなしてロンドンに開店した小さな骨董品店に始まる。カスピ海から輸入した貝殻が人気となり、利益も大きかったため、次第に事業を拡大して輸出入業へ乗り出し、世界最初の「タンカー王」となった。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示