48件中 21 - 30件表示
  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たムール貝

    トレードマークは当初ムール貝であったが、1904年に現在のマークの原型となるホタテ貝に変更した。ヨーロッパホタテの貝殻をモチーフにしたペクテンマークの起源はここにある。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たホタテガイ

    これが大規模なものに成長し、1897年にシェル・トランスポート&トレーディング・カンパニーを設立した。社名は、貝殻を販売していたことと、出資者の家紋がヨーロッパホタテ(、ホタテガイに近縁なホタテガイ属の1種)であったことにちなむ。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たユダヤ人

    シェルの歴史は、ユダヤ人マーカス・サミュエル(Marcus Samuel, 1st Viscount Bearsted、ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た家紋

    これが大規模なものに成長し、1897年にシェル・トランスポート&トレーディング・カンパニーを設立した。社名は、貝殻を販売していたことと、出資者の家紋がヨーロッパホタテ(、ホタテガイに近縁なホタテガイ属の1種)であったことにちなむ。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たカナダ

    2012年2月10日、近年国家戦略としてエネルギー資源の獲得に意欲を見せる中華人民共和国の中国石油天然気勘探開発公司(中国石油天然気集団の子会社)が、ロイヤル・ダッチ・シェルが保有する、カナダブリティッシュコロンビア州グラウンドバーチの権益の20%を買収し、同地域の天然ガス液化工場での共同プロジェクトに参画することとなった。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た石油

    石油販売事業 - ガソリンスタンド シェル (Shell) を世界中で展開ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た発電所

    ガス・電力事業 - 天然ガスの加工(GTL燃料)・輸送や発電所の開発などロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た外債

    後の初代バーステッド子爵)が来日した際に横浜近郊の三浦海岸で見つけた貝があまりにも美しく、拾い集めた貝殻を持って帰国。貝殻細工の製造販売で財をなしてロンドンに開店した小さな骨董品店に始まる。カスピ海から輸入した貝殻が利益を上げ、次第に事業を拡大、世界最初の「タンカー王」となった。また、弟と横浜に開いたサミュエル商会は数回にわたり日本の外債を引き受けた。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たアゼルバイジャン

    世界各地でアメリカのロックフェラー系のスタンダード・オイル(現 エクソンモービル)との競争が熾烈になったため、シェルとロイヤル・ダッチは石油の利権を確保するため業務提携し、1907年に事業提携して「ロイヤル・ダッチ/シェルグループ」を形成した。1911年にアゼルバイジャンの油田をロスチャイルドから購入した。世界恐慌のころからシュルンベルジェに油田探査を依頼し、青天井に原油生産量を増やした。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た骨董品店

    後の初代バーステッド子爵)が来日した際に横浜近郊の三浦海岸で見つけた貝があまりにも美しく、拾い集めた貝殻を持って帰国。貝殻細工の製造販売で財をなしてロンドンに開店した小さな骨董品店に始まる。カスピ海から輸入した貝殻が利益を上げ、次第に事業を拡大、世界最初の「タンカー王」となった。また、弟と横浜に開いたサミュエル商会は数回にわたり日本の外債を引き受けた。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル」のニューストピックワード