42件中 31 - 40件表示
  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たインドネシア

    ロイヤル・ダッチは、オランダ領東インド(現インドネシア)を拠点に活動していたジャン・バプティスト・オーガスト=ケスラー(Jean Baptiste August Kessler)が1890年にオランダ王室からの特許状を得て、オランダ領東インド石油開発会社を設立・石油開発に着手したことに端を発する。過酷な気候や風土病に悩まされながらも1892年に操業を開始し、その際スタンダード・オイルへの対抗もありシェルに石油運搬を委託していた。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た貝殻

    後の初代バーステッド子爵)が来日した際に横浜近郊の三浦海岸で見つけた貝があまりにも美しく、拾い集めた貝殻を持って帰国。貝殻細工の製造販売で財をなしてロンドンに開店した小さな骨董品店に始まる。カスピ海から輸入した貝殻が人気となり、利益も大きかったため、次第に事業を拡大して輸出入業へ乗り出し、世界最初の「タンカー王」となった。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たビジネスウィーク・トップブランド・ベスト100

    米国ビジネスウィーク誌が発表する世界の企業のブランド価値をランキングした2008年ビジネスウィーク・トップブランド・ベスト100では97位。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た二元上場会社

    60:40の比率でアライアンスを組んだ状態(二元上場会社)が100年近く続いていた。一般には、「ロイヤル・ダッチ/シェル (蘭・英)」というような表示をされて、便宜的に単一の会社であるように理解されていたが、あくまでも2社の事業提携(アライアンス)であり、単一の事業法人ではなかった。報道紙面での呼称がそのように通例化されていたのはその現れであった。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たブリティッシュコロンビア州

    2012年2月10日、近年国家戦略としてエネルギー資源の獲得に意欲を見せる中華人民共和国の中国石油天然気勘探開発公司(中国石油天然気集団の子会社)が、ロイヤル・ダッチ・シェルが保有する、カナダブリティッシュコロンビア州グラウンドバーチの権益の20%を買収し、同地域の天然ガス液化工場での共同プロジェクトに参画することとなった。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見た水素

    その他、燃料電池車のための水素供給など、新燃料の分野でも幅広く活躍している。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たデン・ハーグ

    ロイヤル・ダッチ・シェル () は、オランダのハーグに本拠を置くオランダとイギリスの企業である。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たオランダ領東インド

    ロイヤル・ダッチは、オランダ領東インド(現インドネシア)を拠点に活動していたジャン・バプティスト・オーガスト=ケスラー(Jean Baptiste August Kessler)が1890年にオランダ王室からの特許状を得て、オランダ領東インド石油開発会社を設立・石油開発に着手したことに端を発する。過酷な気候や風土病に悩まされながらも1892年に操業を開始し、その際スタンダード・オイルへの対抗もありシェルに石油運搬を委託していた。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たフォーチュン誌

    米国フォーチュン誌が発表する2009年フォーチュン・グローバル500では売上高ランキングで世界1位、純利益ランキングで世界3位。ロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ダッチ・シェル

    ロイヤル・ダッチ・シェルから見たガス燃料

    ガス・電力事業 - 天然ガスの加工(GTL燃料)・輸送や発電所の開発などロイヤル・ダッチ・シェル フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示