茂木敏充 ニュース&Wiki etc.

茂木 敏充(もてぎ としみつ、1955年10月7日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、自民党栃木県連会長。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「茂木敏充」のつながり調べ

  • TPP交渉における国益を守り抜く会

    TPP交渉における国益を守り抜く会から見た茂木敏充

    田野瀬良太郎・武部勤・茂木敏充・浜田和幸・松村龍二・加治屋義人・保利耕輔・宮路和明・小林茂樹・船橋利実・川田隆・菅野佐智子・清水誠一・田畑毅・吉川赳・林田彪・上杉光弘・大久保三代・新開裕司・徳田毅・町村信孝・武藤貴也・鳩山邦夫・小泉昭男・赤石清美・島尻安伊子・山崎力・若林健太・中原八一・熊谷大・長島忠美・木村太郎・金子一義・丹羽雄哉・北村茂男も参加していたが、茂木は後に入会を否定、浜田は党を除名された。田野瀬・武部は2012年に引退したが、それぞれ地盤を継いで議員となった息子(田野瀬太道・武部新)が会に入っている。2013年に松村・加治屋が引退。2014年に保利・宮路・大久保が引退、小林・船橋・川田・菅野・清水・田畑・吉川・林田・上杉・新開が落選、徳田が議員辞職した。2015年に町村が死去、武藤が離党した。2016年に鳩山が死去、小泉・赤石が引退、島尻・山崎・若林・中原・熊谷が落選。2017年に長島・木村が死去、金子・丹羽・北村が引退した。(TPP交渉における国益を守り抜く会 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)

    内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)から見た茂木敏充

    第186回国会にて内閣府設置法の一部を改正する法律案や、原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律案が可決、成立した。2014年8月18日、原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律が施行された。それにともない、原子力事故の損害賠償だけでなく、原子炉の廃炉支援に関する行政も、内閣府が所管することになった。これを受け、第2次安倍内閣は「内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)」を新設し、経済産業大臣の茂木敏充が任命された。以降、原子力事故の損害賠償や原子炉の廃炉支援に関する行政を担当する特命担当大臣として、「内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)」の職が継続して設置された。しかし、茂木敏充、小渕優子、宮澤洋一と交代が繰り返され、新設後わすか3か月で3名が就任するという異例の事態となった。(内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当) フレッシュアイペディアより)

「茂木敏充」のニューストピックワード