57件中 11 - 20件表示
  • ベネッセ個人情報流出事件

    ベネッセ個人情報流出事件から見た茂木敏充茂木敏充

    7月11日、茂木敏充経済産業大臣は閣議後の記者会見で全国学習塾協会や日本通信販売協会など業界団体に対して同種事案の再発防止策を求めることを明らかにした。同じく7月11日の閣議後の記者会見で菅義偉内閣官房長官が「個人情報保護法改正も検討せねばならない」と語っている。ベネッセ個人情報流出事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2020年以降の経済財政構想小委員会

    2020年以降の経済財政構想小委員会から見た茂木敏充茂木敏充

    2017年4月、小委の提案の具体的な検討に向けて、「人生100年時代の制度設計特命委員会」が発足した。委員長は茂木敏充政調会長。2020年以降の経済財政構想小委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素25%削減

    二酸化炭素25%削減から見た茂木敏充茂木敏充

    2012年12月28日、再び政権与党となった自由民主党の茂木敏充経済産業大臣は、民主党政権が掲げた「2020年の温室効果ガス排出量を1990年比25%削減する」とした国際公約について、見直す方針とした。2013年1月25日には安倍晋三首相が、温室効果ガス25%削減目標について、ゼロベースでの見直しを指示した。二酸化炭素25%削減 フレッシュアイペディアより)

  • 清水正孝

    清水正孝から見た茂木敏充茂木敏充

    副社長時代の2007年から2008年にかけ、青森県むつ市内に建設中の使用済核燃料中間施設を巡り、西松建設から清水及び皷紀男に対し裏金約2億円が送られ、これによって用地買収交渉費が捻出されていたことが判明した。茂木敏充経済財政担当大臣は、東電に対し調査を命じるとしている が、菅義偉官房長官は「私的な契約にはコメントできない」としている清水正孝 フレッシュアイペディアより)

  • 富岡芳忠

    富岡芳忠から見た茂木敏充茂木敏充

    第44回衆議院議員総選挙に栃木5区から出馬するも茂木敏充に大差で敗れ落選。第45回衆議院議員総選挙では自民党に対する逆風により茂木に8,791票差で惜敗し、比例北関東ブロックで復活当選した。富岡芳忠 フレッシュアイペディアより)

  • 日本を明るくする会

    日本を明るくする会から見た茂木敏充茂木敏充

    衆議院議員の小松裕は「私も、少し薄くなっていることを認定されて準会員にしていただきました」と述べており、頭髪が少し薄くなり始めた程度の状態であっても入会が認められている。また、衆議院議員の冨樫博之については、頭髪が薄いとはいえないものの、誘われて途中参加している。これは、冨樫の出身地である秋田県では民俗行事として「なまはげ」が知られていることから、それに因んで「秋田県のナマハゲのハゲと言う事での参加」だと説明している。また、衆議院議員の中村裕之についても、頭髪が薄いとはいえないものの入会が認められている。これは、中村が「私の選挙区の小樽には、毛無山という山があって、天気の良い日は石狩湾超しに増毛が見えます」と説明したところ、他のメンバーらから受け入れられたためである。そのため、頭髪の薄さは参加の必須条件ではなく、柔軟に運用されている。一方で、衆議院経済産業委員会の審議の席上、八木哲也が日本を明るくする会の活動に言及し、参加議員について「カミに見放されても明るく元気に日本を明るくしようというメンバーばかり」だと紹介した後、委員会審議に出席していた経済産業大臣の茂木敏充の頭髪に目をやり「残念ながら、一見して茂木大臣はメンバーになる資格がございません」と述べた。日本を明るくする会 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)

    内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)から見た茂木敏充茂木敏充

    2011年8月10日、原子力損害賠償支援機構法が公布・施行された。それにともない、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当)が設置され、内閣府特命担当大臣が任命された。同時に、内閣府の内部部局として、政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)の下に原子力損害賠償支援機構担当室が設置された。2014年8月、原子力損害賠償支援機構が原子力損害賠償・廃炉等支援機構へと改組されるのに合わせ、第2次安倍内閣にて廃止された。最後に大臣を務めたのは茂木敏充、経済産業大臣との兼務であった。後継の役職として内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)が設置され、茂木が横滑りで着任している。内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構担当) フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉大和

    稲葉大和から見た茂木敏充茂木敏充

    渡辺美智雄の秘書を務めた後、1993年に再び第40回衆議院議員総選挙に立候補して初当選(当選同期に安倍晋三・野田佳彦・高市早苗・岸田文雄・塩崎恭久・石井啓一・茂木敏充・田中眞紀子・熊代昭彦・横内正明・・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・など)。渡辺派に属す。以後、連続5期当選。科学技術政務次官、文部科学副大臣などを歴任。稲葉大和 フレッシュアイペディアより)

  • 新進党

    新進党から見た茂木敏充茂木敏充

    新党さきがけとの統一会派解消後、江田五月も自身が代表の社会民主連合を解散して合流し、小池百合子と共に副代表就任。衆院では、4月の「改新」参加以降、さきがけに参加するグループが「グループ青雲」、「民主の風」、9月の「改革」参加以降は海江田万里・牧野聖修らが「民主新党クラブ」を結成、離党している。野田佳彦・山田宏・中田宏・伊藤達也・長浜博行・樽床伸二ら松下政経塾出身者が多かった。小泉晨一・石井紘基・茂木敏充・遠藤利明は不参加。新進党 フレッシュアイペディアより)

  • 平成維新の会

    平成維新の会から見た茂木敏充茂木敏充

    そのほか、同会事務総長に茂木敏充、事務局長に長島昭久、事務局長代理に長妻昭、事務局次長に風間直樹、事務局長補佐として花咲宏基、顧問として京セラ会長の稲盛和夫、日本労働組合総連合会会長の山岸章、出雲市長の岩國哲人、富士ゼロックス会長の小林陽太郎、朝日新聞編集委員の船橋洋一、北海道知事の横路孝弘らが就任した(肩書きはいずれも当時)。平成維新の会 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「茂木敏充」のニューストピックワード