27件中 11 - 20件表示
  • 行政改革

    行政改革から見た茂木敏充茂木敏充

    茂木敏充 2008年(平成20年)8月行政改革 フレッシュアイペディアより)

  • アーバンコーポレイション

    アーバンコーポレイションから見た茂木敏充茂木敏充

    上述の2008年における転換社債の発行に際しては6月26日の計画発表後から市場では「BNPパリバを割当先とするCB発行が頓挫したのでは」との憶測が流れていた。アーバンコーポはモーニングスターなどの取材などに対し、7月10日に「7月8日付でBNPパリバとCBの買取契約を締結した」と話しCB発行頓挫のうわさを完全否定、7月11日には「予定通りBNPパリバから発行総額300億円より諸費用5000万円を差し引き299億5000万円を取得したことを確認した。調達資金は短期借入金など債務の返済に充当する予定である」と述べた。この情報により、7月4日に一時ストップ安まで下落していた同社株価は7月11日の株価は268円まで3日続伸した。しかし、上述したようにこの時点では実際に92億円しか調達出来ず、さらには300億円調達の目的も実際にはスワップ契約に基づくBNPパリバへの資産運用目的であり、300億円は入金後BNPパリバへ即時返金されていた。このことは民事再生法申請まで未公表であった。このスワップ契約の内容は、BNPパリバが引き受けた転換社債を株式に転換し、その株式を株式市場で売却して得た資金をアーバンコーポレイション社に振り込むという契約だった。このデリバティブ契約を解除したことにより営業外損失が58億円発生した。これについて、当時の茂木敏充金融担当大臣が閣議後の記者会見で破たん前に具体的な使途や仕組みを公表せずに起債をしていた問題に対し「情報開示の厳格化を検討する」とコメントした。また、この問題に茂木金融担当相は、アーバンコーポがCB発行にかかる臨時報告書を提出したのが6月26日で、訂正報告書を提出したのが同社が民事再生法の適用を申請した8月13日だったことを事実関係として挙げた上で「一般論として、臨時報告の資金使途は投資家に誤解を招かないよう記載しなければならない。また、誤りがあった場合には、速やかに訂正報告書を提出しなければならない」と指摘した。さらに「その上で、どんな対応をしていくかは今後の検討になる」と述べている。アーバンコーポレイション フレッシュアイペディアより)

  • 平成維新の会

    平成維新の会から見た茂木敏充茂木敏充

    そのほか、同会事務総長に茂木敏充(現自由民主党衆議院議員)、事務局長に長島昭久(現民主党衆議院議員)、事務局長代理に長妻昭(現民主党衆議院議員)、事務局次長に風間直樹(現民主党参議院議員)、事務局長補佐として花咲宏基(現民主党衆議院議員)、顧問として京セラ会長の稲盛和夫、日本労働組合総連合会会長の山岸章、出雲市長の岩國哲人、富士ゼロックス会長の小林陽太郎、朝日新聞編集委員の船橋洋一、北海道知事の横路孝弘らが就任した(肩書きはいずれも当時)。平成維新の会 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県立足利高等学校

    栃木県立足利高等学校から見た茂木敏充茂木敏充

    茂木敏充 - 衆議院議員、自民党、国務大臣(経済産業大臣、沖縄及び北方対策担当、個人情報保護担当、科学技術政策担当、情報通信技術(IT)担当)栃木県立足利高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た茂木敏充茂木敏充

    2011年(平成23年)9月30日、自民党政調会長を退任する(後任は茂木敏充)。その後、出身派閥の額賀派から離脱。衆議院予算委員会野党筆頭理事、自民党安全保障調査会会長に就任。12月に派閥横断型政策勉強会「さわらび会」を立ち上げる。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓議員連盟

    日韓議員連盟から見た茂木敏充茂木敏充

    茂木敏充 栃木5区 幹事日韓議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 福田康夫

    福田康夫から見た茂木敏充茂木敏充

    2008年8月13日、福田は雇用・能力開発機構について「早く結論を出してくれ。決して厚労省から出てくる案を待つ必要はない」と指示した。これを受け、行政改革担当大臣茂木敏充は私のしごと館の売却か廃止、職業能力開発総合大学校の廃止、職業能力開発促進センターの移譲か廃止により雇用・能力開発機構の解体を図ると表明した。福田康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 新進党

    新進党から見た茂木敏充茂木敏充

    新党さきがけとの統一会派解消後、江田五月も自身が代表の社会民主連合を解散して合流し、小池百合子と共に副代表就任。衆院では、4月の「改新」参加以降、さきがけに参加するグループが「グループ青雲」、「民主の風」、9月の「改革」参加以降は海江田万里・牧野聖修らが「民主新党クラブ」を結成、離党している。野田佳彦・山田宏・中田宏・伊藤達也・長浜博行・樽床伸二ら松下政経塾出身者が多かった。小泉晨一・石井紘基・茂木敏充・遠藤利明は不参加。新進党 フレッシュアイペディアより)

  • TPP参加の即時撤回を求める会

    TPP参加の即時撤回を求める会から見た茂木敏充茂木敏充

    北関東の衆院小選挙区27人、衆院比例代表6人、参院選挙区7人の中で18人が入会している。茨城では9人中葉梨康弘、石川昭政、長谷川大紋以外の6人が、栃木では6人中茂木敏充以外の5人が参加する一方、埼玉では18人中中根一幸、野中厚、三ツ林裕巳、関口昌一の4人の参加であった。群馬は佐田玄一郎、井野俊郎、小渕優子が参加し、笹川博義、福田達夫、中曽根弘文、山本一太が不参加と分かれた。TPP参加の即時撤回を求める会 フレッシュアイペディアより)

  • 野中広務

    野中広務から見た茂木敏充茂木敏充

    「士志の会」を主宰する古賀誠とは同期当選ながら師弟関係にある。また、2度総裁選に出馬している亀井静香、鈴木宗男、茂木敏充、野田聖子、さらに麻生太郎を親しく期待していた。野中広務 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「茂木敏充」のニューストピックワード