前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
213件中 1 - 10件表示
  • ブルーインパルス

    ブルーインパルスから見た百里飛行場百里飛行場

    1994年10月1日には松島基地第4航空団に「臨時第11飛行隊」が編成され、翌1995年7月30日には研究飛行と称するアクロバット飛行が松島基地航空祭において一般公開され、T-2のブルーインパルスと競演した。同年11月12日には百里基地で一般公開された航空訓練展示でもT-2のブルーインパルスと競演したが、この時はブルーインパルス塗装のF-86Fも展示されたため、3世代のブルーインパルスが同時に展示されることになった。同年12月22日、第4航空団第21飛行隊内の戦技研究班が解散すると同時に、「臨時」のない第11飛行隊が制式飛行隊として発足した。ブルーインパルス フレッシュアイペディアより)

  • 関鉄グリーンバス

    関鉄グリーンバスから見た百里飛行場百里飛行場

    運行する路線エリアは主に農村部などを走るローカル線が多いが、水郷潮来、水戸(偕楽園など)、茨城県フラワーパーク、茨城空港など沿線に観光地も多く、高速バスや筑波山シャトルバス(増発時の一部便を担当)といった比較的収益性の高い路線にも進出している特徴がある。関鉄グリーンバス フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島鉄道

    鹿島鉄道から見た百里飛行場百里飛行場

    航空自衛隊百里基地への航空ジェット燃料による貨物輸送の収入によって、何とか経営が成り立っていたが、2001年(平成13年)8月に燃料輸送が終了したため、深刻な経営悪化に陥った(2002年〈平成14年〉4月1日に貨物営業は廃止)。これに対し、親会社である関東鉄道の経営支援、沿線自治体と茨城県による公的支援が5年間行われることとなり、廃線の危機は一旦回避された。鹿島鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県道359号茨城空港線

    茨城県道359号茨城空港線から見た百里飛行場百里飛行場

    2001年(平成13年)12月13日、百里飛行場を起点とし、東茨城郡小川町を終点とする一般県道百里飛行場線(整理番号359)として路線認定され、茨城空港(百里飛行場)への連絡道路として2004年着工により建設された。茨城空港開港に先駆けて2010年(平成22年)2月16日に暫定2車線にて開通。同年3月11日に茨城空港開港と同時に、路線名称を茨城空港線へ改称した。茨城県道359号茨城空港線 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県道360号大和田羽生線

    茨城県道360号大和田羽生線から見た茨城空港百里飛行場

    鉾田市大和田の菅野谷交差点から百里飛行場(茨城空港)の西側外周を回り、行方市羽生の国道355号交点まで南北に結ぶ、延長約11kmの一般県道である。茨城県道360号大和田羽生線 フレッシュアイペディアより)

  • 第5航空団

    第5航空団から見た百里飛行場百里飛行場

    1985年(昭和60年)3月2日 - 百里基地の第7航空団第301飛行隊(F-4EJ)が新田原基地に移駐し、これを隷下に編入。機種を改編した第204飛行隊(F-15)が百里基地に移駐し第7航空団の隷下に編入。第5航空団 フレッシュアイペディアより)

  • 新田原基地

    新田原基地から見た百里飛行場百里飛行場

    1985年(昭和60年)3月2日 - 第204飛行隊が機種改変と同時に百里基地へ移動、第301飛行隊が百里基地から移動新田原基地 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県

    茨城県から見た百里飛行場百里飛行場

    県北部は日立市・ひたちなか市で工業化が進み、太平洋や八溝山地のある緑豊かな地域を形成する。県中央部は水戸市に茨城県の県庁が置かれ、小美玉市に茨城空港がある。県東部の鹿嶋市・神栖市では鹿島臨海工業地帯を形成し、工業化が進んでいる。県西部は関東平野の中央部にあたる農業を中心とした内陸の地域となっており、県南部は筑波研究学園都市や首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの整備等東京特別区のベッドタウンとしての開発が進められた地域となっている。茨城県 フレッシュアイペディアより)

  • F-4 (戦闘機)

    F-4 (戦闘機)から見た百里飛行場百里飛行場

    現在、F-4はF-15Jへの更新や部隊の改編、老朽化により徐々にその数を減らしている。2016年現在、日本でF-4を戦闘機部隊で運用しているのは茨城県百里基地の第7航空団第301飛行隊・第302飛行隊の二個飛行隊となっている。F-4 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • 常陸小川駅

    常陸小川駅から見た百里飛行場百里飛行場

    駅舎は営業廃止後すぐ2007年(平成19年)5月に解体され、敷地は更地になった。駅前は現在も代替バス(かしてつバス)のターミナルとして機能しているほか、茨城空港への路線バスが運行されている。2014年(平成26年)7月1日には、新たなバスターミナルとしてリニューアルされ、トイレや駐輪場などが整備された。常陸小川駅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
213件中 1 - 10件表示

「茨城空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]