213件中 21 - 30件表示
  • 小美玉市

    小美玉市から見た茨城空港百里飛行場

    小美玉市(おみたまし)は、茨城県中南部にある人口約5万人の市。市内の東部に航空自衛隊百里飛行場があり、民間施設として茨城空港が併設されている。小美玉市 フレッシュアイペディアより)

  • V エア

    V エアから見た茨城空港百里飛行場

    9月19日 - 台北/桃園 - 茨城線のチャーター便就航(日本へ就航)V エア フレッシュアイペディアより)

  • 日本の空港

    日本の空港から見た百里飛行場百里飛行場

    関東:百里飛行場(茨城空港)※航空自衛隊と共用日本の空港 フレッシュアイペディアより)

  • 春秋航空

    春秋航空から見た百里飛行場百里飛行場

    6月 : 同年7月下旬から、上海/浦東 - 茨城線を定期チャーター便で就航させる事で合意。9月末までの約2ヶ月間、週3便程度のチャーター便運航を行い、利用状況などを見極めて定期便化を目指す。同日、橋本昌茨城県知事と春秋航空の王正華会長が上海市内で記者会見し就航合意を発表。又、当社初の国際線就航となる。春秋航空 フレッシュアイペディアより)

  • スカイマーク

    スカイマークから見た百里飛行場百里飛行場

    4月16日:神戸 - 茨城線就航。スカイマーク フレッシュアイペディアより)

  • 救難隊

    救難隊から見た百里基地百里飛行場

    1963年(昭和38年)?1969年(昭和44年)までの6年間だけ民生協力として、首都圏や伊豆諸島方面を中心とした救難救助や急患輸送を任務とする「特別救難隊」が陸・海・空の三自衛隊で編制され、航空自衛隊は入間基地の入間救難分遣隊(1964年に入間救難隊に改編)が参加した。入間救難隊は1968年(昭和43年)9月に救難任務を解かれ、同年10月に廃止された。特別救難隊廃止の背景には、1965年(昭和40年)の百里基地に百里救難隊の新編や東京消防庁へのヘリ導入よる東京消防庁航空隊創設があり、1967年(昭和42年)より東京消防庁航空隊は、特別救難隊任務の一翼を担う形で東京都市圏での活動を開始した。その後も海上自衛隊館山航空基地の第101航空隊による伊豆諸島・小笠原諸島方面の急患輸送は継続され、現在では救難飛行隊から航空分遣隊となった救難部隊が主に行なっている。陸上自衛隊では1973年(昭和48年)から航空自衛隊那覇基地に置かれた第101飛行隊があり、現在は第15ヘリコプター隊として南西諸島(琉球諸島)方面で同様の任務に就いている。救難隊 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災

    東日本大震災から見た百里飛行場百里飛行場

    花巻空港(岩手県)は旅客の対応が当面不可能として定期便の運航を停止し、緊急輸送のみを対象に3月11日18時50分から運用を再開した。三沢空港(青森県)も18時50分に運用を再開した。福島空港はタワーのガラスが全壊したものの運用可能であったため、閉鎖された仙台空港の代替として関西や札幌と結ぶ臨時便を運航することになった。山形空港は停電で運用を停止していたが、3月12日4時から運用を再開し、臨時的に24時間運用を開始した。茨城県小美玉市の茨城空港はターミナルビルの天井の一部が落下。3月12日には空港を閉鎖し、全ての便が欠航になった。茨城空港は14日から定期便の発着を再開し、花巻空港も17日にターミナルビルの営業を再開した。東日本大震災 フレッシュアイペディアより)

  • 航空自衛隊百里基地

    航空自衛隊百里基地から見た百里飛行場百里飛行場

    航空自衛隊百里基地 フレッシュアイペディアより)

  • 百里飛行場連絡道路

    百里飛行場連絡道路から見た百里飛行場百里飛行場

    百里飛行場連絡道路(ひゃくりひこうじょうれんらくどうろ)は、茨城県小美玉市の茨城空港(百里飛行場)とその周辺を結ぶ地域高規格道路である。百里飛行場連絡道路 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城空港連絡バス

    茨城空港連絡バスから見た百里飛行場百里飛行場

    茨城空港連絡バス フレッシュアイペディアより)

213件中 21 - 30件表示

「茨城空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]