213件中 41 - 50件表示
  • 2014年の航空

    2014年の航空から見た百里飛行場百里飛行場

    (就航開始&運航再開) スカイマークが、名古屋/中部 - 茨城線を1日1便で運航再開。福岡 - 茨城線を1日2便で就航開始。2014年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 小川町 (茨城県)

    小川町 (茨城県)から見た百里飛行場百里飛行場

    茨城県のほぼ中央に位置し、東京からは約80kmの霞ヶ浦沿岸にある人口約2万人足らずの町で、現在は小美玉市の東南部の地域にあたる。2006年(平成18年)3月27日に東茨城郡美野里町と新治郡玉里村と合併して、小美玉市となった。かつて、水戸と東京(江戸)を結ぶ霞ケ浦の水運の町として栄えた。昭和後期からは近代農業を主な産業に、「おかめ納豆」で知られるタカノフーズ本社などの企業を持ち、住宅地が調和する町で、主な農産業は茨城県指定銘柄のニラのほか、ダイコン、ゴボウなどの野菜、水稲ではコシヒカリを中心に生産し、果樹園芸も盛んだった。また、航空自衛隊の百里基地のあるところでも知られる。百里基地では2年に1度、一般公開の航空祭が催され、この時ばかりは県内外から数万人の人出でごったがえし、片側一車線の周辺道路は数kmにわたって渋滞する。行政面では、全国でも例のない孝子褒制定条例を制定し、毎年の町村合併記念式典では親に感謝し孝養を尽くす町民をたたえて賞を授与するなど、緑とやすらぎの町として心豊かな人づくりを進めるユニークな施策が行われており、教育・文化の面では、町民のシンボルでもある「小川町音頭」が小学校教育に取り入れられたり、町内の三大行事である「町民運動会」「盆踊り大会」「文化祭」で小川町婦人会を中心に披露された。小川町 (茨城県) フレッシュアイペディアより)

  • かしてつバス

    かしてつバスから見た百里飛行場百里飛行場

    かしてつバスとは、関鉄グリーンバスが運行する鹿島鉄道代替バスの愛称。ここでは、一ルートの主要経路が同一の茨城空港連絡バス石岡ルートについても記載する。かしてつバス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の航空

    2011年の航空から見た百里飛行場百里飛行場

    (空港閉鎖) 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の影響により、いわて花巻空港(岩手県花巻市)がターミナルビル損傷の影響により、仙台空港(宮城県名取市、岩沼市)が冠水の影響により、茨城空港(茨城県小美玉市)がターミナルビル中央部分の天井の落下による影響により、それぞれ空港を閉鎖。2011年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・フランセン

    ルイ・フランセンから見た茨城空港百里飛行場

    茨城空港 『想い出』(ステンドグラス) 2010年1月ルイ・フランセン フレッシュアイペディアより)

  • 石岡小美玉スマートインターチェンジ

    石岡小美玉スマートインターチェンジから見た百里飛行場百里飛行場

    本IC設置の目的の一つに、茨城空港へのアクセスの利便性向上があげられる。現在、茨城空港への常磐自動車道 土浦・東京方面からの最寄ICは千代田石岡ICだが、接続道路である国道6号は石岡市内の慢性的な渋滞が問題となっている。本ICが完成することにより、渋滞の少ない石岡市の北部から茨城空港へアクセスすることができ、渋滞地域の交通量の分散を図ることができる。石岡小美玉スマートインターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 百里原海軍航空隊

    百里原海軍航空隊から見た百里飛行場百里飛行場

    終戦後、飛行場は引揚者の開拓地に転用され、いったん破壊されることとなった。しかし航空自衛隊は入間基地に代わる戦闘機基地を模索しており、昭和31年に旧百里原飛行場の再開をもくろんだ。百里基地訴訟をはじめ様々な問題を起こしつつも、百里基地は昭和41年に開隊された。以後、首都圏で唯一の戦闘機運用が可能な基地として機能し、例年の航空観閲式は多くの見学客で賑わう一方、基地反対派の活動も活発である。2009年以降の民間機共用開始を目指し、民間航空施設の増設が進行中である。百里原海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 永山 (企業)

    永山 (企業)から見た茨城空港百里飛行場

    茨城空港、広島空港、米子空港、佐賀空港に免税店を出店している。永山 (企業) フレッシュアイペディアより)

  • エア・アスタナ

    エア・アスタナから見た百里飛行場百里飛行場

    2008年にはカザフスタン政府により日本への乗り入れを希望し、日本政府側と早期の直行便開設で合意した。その際、関西国際空港への発着枠は認められたものの、就航を希望する首都圏(羽田か成田)には認められていない。2009年当時、両空港への発着枠は当分与えられる見込がないため、原子力関連で関係が深く、首都圏に近い茨城への就航を検討しているとされた。2014年の時点で日本との直行便は就航しておらず、日本・カザフスタン間の渡航は、韓国の仁川国際空港経由が最短経路となる。なお、仁川国際空港からカザフスタンへは、既存のアルマティ路線だけでなく、2015年6月にはアスタナへの直行便も開設されるため、日本からは両都市に1回の乗り換えで行くことができるようになる。また、2015年3月、翌月に社長就任を控えたANAホールディングス(HD)の片野坂真哉副社長は、日本の航空会社が就航していない中央アジアに路線を開設する考えを発表した。「資源が豊富なカザフスタンなどを含む中央アジアへの路線は、日本の航空会社で初めて」とのこと。エア・アスタナ フレッシュアイペディアより)

  • 榎本駅

    榎本駅から見た百里飛行場百里飛行場

    かつて航空自衛隊百里基地への燃料輸送基地であったため、構内は広く、留置線を有した。この駅から基地へパイプラインが敷設され、自衛隊への燃料輸送に利用されていたが、パイプラインの老朽化により2001年(平成13年)8月に廃止された。榎本駅 フレッシュアイペディアより)

213件中 41 - 50件表示

「茨城空港」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]