114件中 61 - 70件表示
  • 朝のホットライン

    朝のホットラインから見た草野仁草野 仁

    初代総合司会はTBSアナウンサーの五味陸仁が務めたが、半年後に番組がリニューアルされ、新総合司会には静岡放送アナウンサー(当時)の荻島正己。進行司会には宇江佐りえ、天気キャスターに前田武彦が起用された。また、1985年には、NHKからフリーに転じた草野仁が、TBSと専属契約を結び、同年4月1日から本番組の総合キャスターを務めた。朝のホットライン フレッシュアイペディアより)

  • AOKIホールディングス

    AOKIホールディングスから見た草野仁草野 仁

    CMのイメージキャラクターは亀梨和也、上戸彩、佐々木蔵之介、東山紀之、Sexy Zone、礼服は草野仁で、役所広司は2005年10月に吸収合併した株式会社トリイのイメージキャラクターであった。CMソングはTRICERATOPS「僕らの一歩」、槇原敬之「カイト」、カジヒデキ「ロリポップ・キャンディー」などを用いている。AOKIホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 神田 正輝

    神田正輝から見た草野仁草野 仁

    生放送の旅情報番組で、1997年4月5日よりメインキャスター(司会)を務めている(初代司会の草野仁の後任)。番組ではよく駄洒落を連発する。神田正輝 フレッシュアイペディアより)

  • 高田文夫のラジオビバリー昼ズ

    高田文夫のラジオビバリー昼ズから見た草野仁草野 仁

    9月3日(月)は草野仁、9月6日(木)はアンガールズ、9月7日(金)はスターダストレビューの根本要が代理出演。高田文夫のラジオビバリー昼ズ フレッシュアイペディアより)

  • 関根 麻里

    関根麻里から見た草野仁草野 仁

    大学卒業後、父と同じ浅井企画に所属し芸能活動を開始。2006年6月17日にタレントとして本格デビューして、TBS系「王様のブランチ」、フジテレビ「もしもツアーズ」、さらに「コサキンDEワァオ!」の3番組に続けてゲスト出演した。2007年3月22日には日本テレビ「あの人は今」で先代の草野仁・山田邦子とともに初めて司会を担当。関根麻里 フレッシュアイペディアより)

  • 1944年

    1944年から見た草野仁草野 仁

    2月24日 - 草野仁、フリーアナウンサー・元NHKアナウンサー1944年 フレッシュアイペディアより)

  • 隆の里俊英

    隆の里俊英から見た草野仁草野 仁

    同時入門した2代若乃花は「自分(2代若乃花)が週刊平凡や週刊明星を読んでいるとき、隆の里は文藝春秋、プレジデントを愛読する読書家で、NHKのニュースセンター9時を見終わったら寝て、早朝から稽古に励んでいたと語っている。また、親交のあった草野仁は、「角界の親方衆には珍しい読書家で、インテリジェンスに溢れる方でもありました。相撲界の古い体質を嘆くことも多く、ご自身なりの前向きな協会改革案もいくつもお持ちのようでした。」と証言している。隆の里俊英 フレッシュアイペディアより)

  • 日活

    日活から見た草野仁草野 仁

    1992年(平成4年) - にっかつ80周年記念超大作『落陽』制作。監督を原作者に任せ、宣伝プロデューサーに水野晴郎を迎え、30億といわれる巨額の制作費にかかわらず、記録的な不入りで、にっかつ倒産の引き金を引いたと言われる。9月8日創立80周年記念パーティがホテルニューオータニで催される。財津和夫作詞作曲の80周年記念歌が披露され、司会は草野仁が務めた。日活 フレッシュアイペディアより)

  • ブエナビスタ (競走馬)

    ブエナビスタ (競走馬)から見た草野仁草野 仁

    2世代上のウオッカやダイワスカーレットに続く、牝馬時代を支えた名牝である。草野仁が一口馬主として出資していたことでも知られる。ブエナビスタ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 森富美

    森富美から見た草野仁草野 仁

    1999年4月、勝恵子の後任として『ザ・ワイド』(読売テレビ・日本テレビ共同制作)の司会となり、2007年9月の最終回までのおよそ8年間に渡り草野仁とコンビを組んだ。森富美 フレッシュアイペディアより)

114件中 61 - 70件表示

「草野仁」のニューストピックワード