136件中 21 - 30件表示
  • 草野 仁

    草野仁から見たショーン・マイケルズ

    WWEのスーパースター、ショーン・マイケルズのニックネーム「HBK(HeartBreak Kid)」をもじって、ファンからはHBK(Hitoshi Bosshoot Kusano)とも呼ばれている。草野自身も過去にWWE日本公演のパンフレットにおけるインタビューでHBKのニックネームについて触れているほか、所属事務所の公式twitterのアカウント名も「HBKOffice」である。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見たリック・フレアー

    大のプロレスファン。特にアメリカのWWEを愛好していることで知られる。きっかけは「2000年に息子がテレビ観戦していた映像を横目で見たこと」といい、以後テレビ放送は毎週欠かさず視聴しているほか、WWEの日本公演もスケジュールが許す限り観戦している。2008年1月には日本公演のプロモーションのため来日したリック・フレアーからWWE・世界ヘビー級王座のチャンピオンベルトを贈られた。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見た杉本清

    草野の実況は杉本清を手本とした部分もあったと優駿2010年5月号での杉本の対談でも語っていた。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見たブエナビスタ (競走馬)

    また、一口馬主としてカッティングエッジ(第24回クイーンカップ優勝)を始めダンスインザダーク、ダンスインザムード、ブエナビスタというGIレース優勝馬を持っている。岡部幸雄を始めとして競馬関係者との交友もあり、自ら執筆した競馬に関するエッセイも書籍化されている。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見た関西大学

    NHK新人時代には上司とアマチュアレスリングの取材に行き「お前もやってみろ」と言われ関西大学の現役学生選手と対戦したところ、未経験ながら勝ちを収めてしまったという逸話もある。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見た国民体育大会

    大学時代はひょんな事から相撲で国体・長崎県予選に参加することになったが、当時77.5kgの体で130kgの前年度優勝者を投げ優勝してしまった。しかし、東京大学の卒業論文を仕上げなければならないとの理由で国体出場を辞退した。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見た全国高等学校総合体育大会

    中学時代は長崎県大会の陸上100mで優勝。高校時には100mを11秒2(当時のインターハイ決勝レベル)で走った。ソフトボール投げは86mを記録し、頼まれて出場した高校野球の新人戦では4番を打った。だが「勉強もしない根性無しがスポーツをやってもダメだ」と父親に叱られ、当時入部していた陸上部を強制的に退部させられた。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見たカステラ

    長崎育ちであり、お酒を飲まないため大好物はカステラ草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見たシンボリルドルフ

    NHK入局当時からの競馬ファンでもあった草野は競馬中継も担当しており、グリーングラスがテンポイント、トウショウボーイを降して勝った1976年の菊花賞やシンボリルドルフが三冠達成した1984年の菊花賞などの実況も担当していた(初実況は1975年の菊花賞)。日本ダービーも1982年に実況した。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見たリンゴ

    剣道の有段者(二段)でもあるほか日頃からウエイトトレーニングを欠かさず、ベンチプレスでは100キロ超を挙上する。リンゴを片手で握りつぶしたり、分厚い電話帳を真っ二つに引きちぎったり、親指と人差し指でクルミを潰すこともできる。これらにより、テレビCMでも草野の肉体にスポットを当てた企画が登場した。多忙の身でありなかなかジムでトレーニングをする時間が取れないため、現在では自宅でトレーニングをしているとのこと。草野仁 フレッシュアイペディアより)

136件中 21 - 30件表示

「草野仁」のニューストピックワード