136件中 31 - 40件表示
  • 草野 仁

    草野仁から見たニュースキャスター

    草野 仁(くさの ひとし、1944年2月24日 - )は日本のニュースキャスター、司会者。元NHKアナウンサー。身長169cm、胸囲120cm(2005年時点)。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見た菊花賞

    NHK入局当時からの競馬ファンでもあった草野は競馬中継も担当しており、グリーングラスがテンポイント、トウショウボーイを降して勝った1976年の菊花賞やシンボリルドルフが三冠達成した1984年の菊花賞などの実況も担当していた(初実況は1975年の菊花賞)。日本ダービーも1982年に実況した。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見たWWE

    大のプロレスファン。特にアメリカのWWEを愛好していることで知られる。きっかけは「2000年に息子がテレビ観戦していた映像を横目で見たこと」といい、以後テレビ放送は毎週欠かさず視聴しているほか、WWEの日本公演もスケジュールが許す限り観戦している。2008年1月には日本公演のプロモーションのため来日したリック・フレアーからWWE・世界ヘビー級王座のチャンピオンベルトを贈られた。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見た日本の高校野球

    中学時代は長崎県大会の陸上100mで優勝。高校時には100mを11秒2(当時のインターハイ決勝レベル)で走った。ソフトボール投げは86mを記録し、頼まれて出場した高校野球の新人戦では4番を打った。だが「勉強もしない根性無しがスポーツをやってもダメだ」と父親に叱られ、当時入部していた陸上部を強制的に退部させられた。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見た東京優駿

    NHK入局当時からの競馬ファンでもあった草野は競馬中継も担当しており、グリーングラスがテンポイント、トウショウボーイを降して勝った1976年の菊花賞やシンボリルドルフが三冠達成した1984年の菊花賞などの実況も担当していた(初実況は1975年の菊花賞)。日本ダービーも1982年に実況した。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見たまぼろしの邪馬台国

    まぼろしの邪馬台国(2008年) - シンポジウム司会者役草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見たニックネーム

    WWEのスーパースター、ショーン・マイケルズのニックネーム「HBK(HeartBreak Kid)」をもじって、ファンからはHBK(Hitoshi Bosshoot Kusano)とも呼ばれている。草野自身も過去にWWE日本公演のパンフレットにおけるインタビューでHBKのニックネームについて触れているほか、所属事務所の公式twitterのアカウント名も「HBKOffice」である。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見たプロレス

    大のプロレスファン。特にアメリカのWWEを愛好していることで知られる。きっかけは「2000年に息子がテレビ観戦していた映像を横目で見たこと」といい、以後テレビ放送は毎週欠かさず視聴しているほか、WWEの日本公演もスケジュールが許す限り観戦している。2008年1月には日本公演のプロモーションのため来日したリック・フレアーからWWE・世界ヘビー級王座のチャンピオンベルトを贈られた。草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見た日本有線大賞

    日本有線大賞(TBS系列、司会、2007年 - )草野仁 フレッシュアイペディアより)

  • 草野 仁

    草野仁から見た主婦

    現在でも、主に主婦向けのテレビ番組で人気を博している。また、フリーなってからは各地で講演もしている。穏やかな人柄、相手への気配り、長年の経験から得られた司会者としての技術は特筆すべきものがある。草野仁 フレッシュアイペディアより)

136件中 31 - 40件表示

「草野仁」のニューストピックワード