前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • 新党改革

    新党改革から見た荒井広幸荒井広幸

    2008年(平成20年)8月に、民主党執行部の党運営に反発する渡辺秀央らと自民党への復帰を望む荒井広幸らにより「改革クラブ」として結成される。結党の翌月から政党助成法上の要件を満たす政党であったが、2009年8月30日投開票の第45回衆議院議員総選挙後の一時期、国会議員が定数を満たさず、政治団体に転落していたことがあった。なお、1998年から2000年まで国会に議席を有していた改革クラブとは構成メンバー・政策などいずれの面からも無関係である。新党改革 フレッシュアイペディアより)

  • 第166回国会

    第166回国会から見た荒井広幸荒井広幸

    5月14日-参議院本会議で国民投票法案が賛成122反対99で可決され、成立。自民・公明などが賛成し、民主・共産・社民・国民新党は反対、新党日本の荒井広幸議員は欠席した。その際、民主党から渡辺秀央参議院議員が造反して賛成にまわり、離党などを懸念した同党執行部は国対委員長名での厳重注意と党規約に定めのない軽めの処分を下した。第166回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た荒井広幸荒井広幸

    2006年9月の首班指名選挙では、新党日本に所属する荒井広幸参議院議員が、新党日本と統一会派を組んでいる国民新党の綿貫民輔に投票せず、自民党総裁の安倍晋三に投票。新党日本は、代表の田中康夫が国会議員ではないために自主投票としていたが、国民新党がこれを問題視し、荒井への厳正処分を要求。党代表の田中が処分をしない方針を打ち出したため、国民新党は、衆参両院において新党日本との統一会派を解消した。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の政治

    2017年の政治から見た荒井広幸荒井広幸

    自民党を除名された元参議院議員・衆議院議員の荒井広幸の自民党への復党が了承された。2017年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎養世

    山崎養世から見た荒井広幸荒井広幸

    『だまされるな!郵政民営化』(荒井広幸・八木沢徹らとの共著 2005年)山崎養世 フレッシュアイペディアより)

  • 新党日本

    新党日本から見た荒井広幸荒井広幸

    郵政三事業民営化関連法案(郵政民営化)に反対した自由民主党所属議員に対し、法案が参議院で否決されると、第2次小泉内閣はこれを理由に衆議院を解散し、反対した衆議院議員は第44回衆議院議員総選挙で党公認しないと発表。対立候補(いわゆる「刺客」)を急ピッチで擁立した。自由民主党の公認を受けられず離党した議員・元議員と長野県知事(当時)・田中康夫により、新党日本が結成された。設立時の国会議員は滝実、青山丘、小林興起、荒井広幸の4人だった。1994年の政党助成法が成立されて政党交付金に関する政党要件が規定されて以降、政党要件を満たす政党としては都道府県知事が党首に就任するのは初めてである。新党日本 フレッシュアイペディアより)

  • 全国貸金業政治連盟

    全国貸金業政治連盟から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸 自民党・衆議院比例東北ブロック全国貸金業政治連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の政治

    2008年の政治から見た荒井広幸荒井広幸

    8月28日 -民主党の渡辺秀央、大江康弘、姫井由美子各参議院議員が民主党に離党届を提出し無所属の荒井広幸、松下新平参議院議員と共に新党改革クラブの結成を総務省に届け出。2008年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県第2区 (中選挙区)

    福島県第2区 (中選挙区)から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(自由民主党:1993年)福島県第2区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

  • 石川英治

    石川英治から見た荒井広幸荒井広幸

    2000年に報道2001へ生出演をし、森喜朗、荒井広幸議員と政府のネットセキュリティ問題について激論を交わした。石川英治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「荒井広幸」のニューストピックワード

  • ドスパラ秋葉原本店拡張リニューアルキャンペーン第二弾

  • Ryzen 7 3700X