45件中 11 - 20件表示
  • 参議院合同選挙区

    参議院合同選挙区から見た荒井広幸荒井広幸

    2015年7月21日、鳥取県と島根県、徳島県と高知県の選挙区をそれぞれ2つ選挙区に合区することを含む公職選挙法改正案(10増10減案)を自民党と維新の党など野党4党で合意。元となる案は荒井広幸新党改革代表が事実上発案した。合区が4県のみとなった理由として、都道府県単位の選挙区を極力尊重しつつ最高裁判決を踏まえて較差是正を目指すという考え方に基づき、最大会派である自民党が合意できそうな案であること、合区の対象となった4県は人口の少ない順からの4県でありなおかつ互いに隣接する人口の少ない県同士での組合せが可能であるが、それ以外の合区については次に人口の少ない福井県については福井県に隣接する県のいずれも人口がそれほど少ないわけではなく、合区対象県と福井県を合区した場合には合区対象県より人口が少ない県との間で不公平さを生じさせることが説明された。参議院合同選挙区 フレッシュアイペディアより)

  • 親学推進議員連盟

    親学推進議員連盟から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(副会長・2016年に落選)親学推進議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 国民新党

    国民新党から見た荒井広幸荒井広幸

    総選挙後は、衆参両院で新党日本と統一会派を組む。衆議院では無所属の野呂田芳成も会派に加わり「国民新党・日本・無所属の会」を、参議院では「国民新党・新党日本の会」を結成した。だが、2006年9月、新党日本幹事長の荒井広幸参議院議員が、首相指名選挙で綿貫代表でなく旧知の仲であった自民党の安倍晋三総裁に投票したことにより、田中康夫新党日本代表に荒井の処分を求めたが断られ、新党日本との統一会派を解消した。国民新党 フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックを支援する議員の会

    北京オリンピックを支援する議員の会から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸 改革クラブ 参議院北京オリンピックを支援する議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 創生「日本」

    創生「日本」から見た荒井広幸荒井広幸

    。自民党以外でも荒井広幸・水野賢一・城内実(2012年5月に自民党に復党)ら安倍晋三と親しい議員が多い。活動を一時中断した背景には石破茂への配慮もあった。創生「日本」 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮実進

    蓮実進から見た荒井広幸荒井広幸

    2005年の第44回衆議院議員総選挙でも渡辺との公認争いに敗れるが、党の方針により比例区単独での立候補が2回までとされているため、やむなく荒井広幸の参議院転出により空白区となっていた福島3区に転出。しかし、地盤に隣接する選挙区とは言え県境を超える急な転出であったための準備不足に加え、元々は郵政民営化に反対する荒井の地盤であることなど悪条件が重なり民主党現職の玄葉光一郎に大差を付けられ、落選した。蓮実進 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見た荒井広幸荒井広幸

    22日 - 新党改革代表の舛添要一が、参院議員を引退した為、「代表」を辞任。後任に、幹事長の荒井広幸が就任。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の政治

    2016年の政治から見た荒井広幸荒井広幸

    11日 - 新党改革代表の荒井広幸は、自党の議席がゼロとなり政党要件を喪失した責任を取り、政界の引退と解党を表明した。2016年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 議事進行係

    議事進行係から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(1996年11月8日?)議事進行係 フレッシュアイペディアより)

  • 自由連合 (政党)

    自由連合 (政党)から見た荒井広幸荒井広幸

    2004年第19回参議院議員通常選挙では政党要件を満たしながら公認候補を擁立せず、自民党新人荒井広幸の鞍替えに貢献。同年、公選法上の政党要件を喪失した。自由連合 (政党) フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示