45件中 21 - 30件表示
  • 日本郵政株式会社、郵便貯金銀行及び郵便保険会社の株式の処分の停止等に関する法律

    日本郵政株式会社、郵便貯金銀行及び郵便保険会社の株式の処分の停止等に関する法律から見た荒井広幸荒井広幸

    2007年(平成19年)12月12日に参議院本会議で採決され、与党反対・野党賛成によって可決され、衆議院に送付された。この採決では2005年(平成17年)の郵政国会で自民党に在籍もしくは提携している郵政造反組の投票が注目されたが、荒井広幸と藤井孝男は反対、衛藤晟一は棄権している。日本郵政株式会社、郵便貯金銀行及び郵便保険会社の株式の処分の停止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 第二アサ秘ジャーナル

    第二アサ秘ジャーナルから見た荒井広幸荒井広幸

    現役政治家を中心に、三宅久之や岸井成格、岩見隆夫といった政治評論家、野中広務や松野頼三といった元政治家、落選議員、知事をゲストに迎え、政策や政治展望などについて浅草キッドがインタビューする。私生活に関する質問も多く、麻生太郎のマンガ好きや平沼赳夫の政界モノマネ、荒井広幸のマジックショーなど、ゲストの意外な一面を引き出した。第二アサ秘ジャーナル フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学雄弁会

    早稲田大学雄弁会から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(新党改革参議院議員・元衆議院議員、2)早稲田大学雄弁会 フレッシュアイペディアより)

  • 泡沫候補

    泡沫候補から見た荒井広幸荒井広幸

    政党要件は、公職選挙法と政治資金規正法で基準が違うため、両者が使い分けられることがある。新党日本は、第46回総選挙の時点で、国会議員1人で前々回(2007年、第21回参院選)のみ全国得票率が2%を超えていたため、公職選挙法上の政党要件は失っていたが、政治資金規正法上の政党要件は維持していた。2012年11月30日に日本記者クラブ主催で行われた党首討論会では、政党要件を満たした政党のみが招かれたが、新党日本の田中康夫代表は、公職選挙法上の政党要件を失ったことを理由に招かれなかった。同様に、新党改革は第47回総選挙の時点で、国会議員1人で前々回(2010年、第22回参院選)のみ全国得票率が2%を超えていたため、公職選挙法上の政党要件は失っていたが、政治資金規正法上の政党要件は維持していた。2014年12月1日に日本記者クラブ主催で行われた党首討論会では、前回の新党日本と同様の理由で、新党改革の荒井広幸代表は招かれなかった。泡沫候補 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県議会

    福島県議会から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(参議院議員)福島県議会 フレッシュアイペディアより)

  • 平山誠

    平山誠から見た荒井広幸荒井広幸

    2005年、長野県知事・田中康夫を中心メンバーとする政策集団チーム・ニッポンの設立に際して編集長に就任。その後、郵政民営化に反対して自民党を離党した造反組のうち滝実・荒井広幸らが田中を党首に担ぎ、新党日本を結党。田中が新党日本代表となったことに伴い、平山は総務局長に就任。第44回衆議院議員総選挙に比例北関東ブロックから新党日本の公認候補として立候補するが落選。2006年1月、新党日本が設立した政策立案団体「チーム・ニッポン」(特定非営利活動法人「ニッポンネットワーク」)の「編集長」(代表)となる。平山誠 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉謙太郎

    上杉謙太郎から見た荒井広幸荒井広幸

    2005年(平成17年)8月、参議院議員荒井広幸事務所入所。2007年(平成19年)から2010年(平成22年)7月まで、公設秘書。上杉謙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第2次森内閣

    第2次森内閣から見た荒井広幸荒井広幸

    自治政務次官 - 中谷元、荒井広幸第2次森内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た荒井広幸荒井広幸

    2013年7月25日、前年の第46回衆議院議員総選挙および第23回参議院議員通常選挙での敗北の責任を取り、2003年以来10年近く務めていた社民党党首を辞任した。党首辞任理由に選挙戦での敗北に伴う引責を掲げる一方で、兼任していた党の選挙対策の総責任者である社民党選挙対策委員長については留任する。辞任前の日本国会における政党要件を満たす政党の党首の中では、山口那津男(公明党)や荒井広幸(新党改革)とともに数少ない参議院議員であった。このため、衆議院通常国会で代表質問などを行うことはできず(参議院では行った)、この役目は社民党幹事長だった重野安正らが担った。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会 (会派)

    無所属の会 (会派)から見た荒井広幸荒井広幸

    2013年7月に新党改革の参議院会派に無所属の浜田和幸、平野達男の2議員が参加し、会派名を「新党改革・無所属の会」として活動していた(浜田は2014年11月に次世代の党に入党)。2016年の第24回参議院議員通常選挙での荒井広幸の落選と平野の自民党入党に伴い会派を解散した。無所属の会 (会派) フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「荒井広幸」のニューストピックワード

  • ドスパラ秋葉原本店拡張リニューアルキャンペーン第二弾

  • Ryzen 7 3700X