36件中 21 - 30件表示
  • 除名

    除名から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(2005年):郵政民営化法案に反対。新党日本を経て新党改革へ移籍。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 滝実

    滝実から見た荒井広幸荒井広幸

    総選挙後は国民新党、新党日本に無所属の野呂田芳成元防衛庁長官を加えた統一会派「国民新党・日本・無所属の会」に参加していたが、2006年9月の首班指名選挙において、新党日本幹事長の荒井広幸が国民新党の綿貫民輔代表ではなく自由民主党総裁に選出されたばかりの安倍晋三に投票したため、国民新党側がこれを問題視し、田中康夫新党日本代表に荒井の処分を求めたものの田中が断ったため、統一会派を解消した。なお、滝は首班指名選挙で綿貫に投票している。滝実 フレッシュアイペディアより)

  • 5月15日

    5月15日から見た荒井広幸荒井広幸

    1958年 - 荒井広幸、政治家5月15日 フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学雄弁会

    早稲田大学雄弁会から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(新党改革参議院議員・元衆議院議員、2)早稲田大学雄弁会 フレッシュアイペディアより)

  • 原発ゼロの会

    原発ゼロの会から見た荒井広幸荒井広幸

    大河原雅子・武内則男・田城郁・ツルネン・マルテイ(以上、民主党)長谷川岳(自由民主党)小野次郎・川田龍平(以上、みんなの党)加藤修一(公明党)市田忠義・井上哲士・紙智子・大門実紀史・田村智子・山下芳生(以上、日本共産党)福島みずほ・山内徳信・吉田忠智(以上、社会民主党)森ゆうこ(生活の党)亀井亜紀子・行田邦子・谷岡郁子・平山誠(以上、みどりの風)荒井広幸(新党改革)糸数慶子(無所属)原発ゼロの会 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た荒井広幸荒井広幸

    「官は民の補完でなければならない」が持論。2005年(平成17年)に郵政民営化の議論が本格化した際、民営化とそれに関する議論に反対していた荒井広幸を諭している。荒井は後に郵政民営化に関する立場を反対から賛成へと全面的に転換し、郵政民営化推進への支持・協力を積極的に行うようになる。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 船引町

    船引町から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(新党改革参議院議員・元衆議院議員)船引町 フレッシュアイペディアより)

  • 平山誠

    平山誠から見た荒井広幸荒井広幸

    2005年、長野県知事・田中康夫を中心メンバーとする政策集団チーム・ニッポンの設立に際して編集長に就任。その後、郵政民営化に反対して自民党を離党した造反組のうち滝実・荒井広幸らが田中を党首に担ぎ、新党日本を結党。田中が新党日本代表となったことに伴い、平山は総務局長に就任。第44回衆議院議員総選挙に比例北関東ブロックから新党日本公認で出馬するが落選。平山誠 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た荒井広幸荒井広幸

    1991年(平成3年)に総裁候補の最有力と目されていた父・晋太郎が急死。1993年(平成5年)に父の地盤を受け継ぎ、第40回衆議院議員総選挙に山口1区から出馬し初当選した(安倍後援会は新生党古賀敬章や日本新党江島潔含め三分裂、江島は1995年下関市長となり手打ち)。当選後はかつて父・晋太郎が会長を務めた清和政策研究会に所属する(当時の会長は三塚博)。1995年(平成7年)の自民党総裁選では荒井広幸や石原伸晃と共に小泉純一郎選対の中核になった。1997年(平成9年)自民党青年局長に就任。1998年(平成10年)に政策集団NAISの会を結成。厚生族として社会保障などに通じた議員と見られていた。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • 国民新党

    国民新党から見た荒井広幸荒井広幸

    総選挙後は、衆参両院で新党日本と統一会派を組む。衆議院では無所属の野呂田芳成も会派に加わり「国民新党・日本・無所属の会」を、参議院では「国民新党・新党日本の会」を結成した。だが、2006年9月、新党日本幹事長の荒井広幸参議院議員が、首相指名選挙で綿貫代表でなく旧知の仲であった自民党の安倍晋三総裁に投票したことにより、田中康夫新党日本代表に荒井の処分を求めたが断られ、新党日本との統一会派を解消した。国民新党 フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「荒井広幸」のニューストピックワード