45件中 31 - 40件表示
  • 滝実

    滝実から見た荒井広幸荒井広幸

    総選挙後は国民新党、新党日本に無所属の元防衛庁長官・野呂田芳成を加えた統一会派「国民新党・日本・無所属の会」に参加していたが、2006年9月の首班指名選挙において、新党日本幹事長の荒井広幸が国民新党代表の綿貫民輔ではなく自由民主党総裁の安倍晋三に投票したため、国民新党側がこれを問題視。新党日本代表の田中康夫に荒井の処分を求めたものの田中が断ったため、統一会派を解消した。なお、滝は首班指名選挙で綿貫に投票している。滝実 フレッシュアイペディアより)

  • 第44回衆議院議員総選挙

    第44回衆議院議員総選挙から見た荒井広幸荒井広幸

    こうした状況下で、郵政民営化法案に反対票を投じ、自民党の公認を得られなかった衆議院議員は、元衆議院議長綿貫民輔、元建設大臣亀井静香らが綿貫を代表に「国民新党」を、元財務副大臣小林興起、荒井広幸らは長野県知事田中康夫を代表に迎え、「新党日本」を結党した。この新党日本は結党時は国会議員が4人であったため、公職選挙法上の政党として認められる国会議員5人以上ではなかったことから、国民新党の参議院議員長谷川憲正を名簿上移籍させることで政党として認められたが、このことで、新党結成は理念や政策の一致によるものではなく、政党としての権利を得るためだけの数合わせで、選挙互助会に過ぎないと批判を浴びることとなった。また、復活を目指す元北海道開発庁長官鈴木宗男も北海道で政治団体「新党大地」を結成した。第44回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 船引町

    船引町から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(元新党改革参議院議員・元衆議院議員)船引町 フレッシュアイペディアより)

  • 横山蔵人

    横山蔵人から見た荒井広幸荒井広幸

    参議院議員の岩城光英、荒井広幸の盟友としても知られ、元福島県知事の佐藤栄佐久からは遠ざけられていた。横山蔵人 フレッシュアイペディアより)

  • 5月15日

    5月15日から見た荒井広幸荒井広幸

    1958年 - 荒井広幸、政治家5月15日 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県立安積高等学校

    福島県立安積高等学校から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(新党改革参議院議員)福島県立安積高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 玄葉光一郎

    玄葉光一郎から見た荒井広幸荒井広幸

    1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙に旧福島2区から自民党の公認を得られず無所属で出馬し、初当選。同年11月、非自民の細川内閣が提出した政治改革四法案に賛成、翌月自民党を離党し新党さきがけに入党した。1996年(平成8年)9月に新党さきがけを離党し、同様にさきがけを離党した鳩山由紀夫や菅直人らを中心に結成された旧民主党に参加する。同年の第41回衆議院議員総選挙では、福島3区から出馬するも自民党の荒井広幸に敗れ、重複立候補していた比例東北ブロックで復活し2選。玄葉光一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房参与

    内閣官房参与から見た荒井広幸荒井広幸

    荒井広幸(地域活性化)内閣官房参与 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のTPP交渉及び諸議論

    日本のTPP交渉及び諸議論から見た荒井広幸荒井広幸

    党としての立場は定まっていない。舛添要一代表はTPP推進派であるが、荒井広幸幹事長は、2011年10月25日に全国農業協同組合中央会(JA全中)が衆参両議院議長に提出した「環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に反対する請願」の紹介議員となっている。日本のTPP交渉及び諸議論 フレッシュアイペディアより)

  • 溝手顕正

    溝手顕正から見た荒井広幸荒井広幸

    2014年9月9日、参院執行部会において、参院幹事長の脇雅史から一票の格差を是正するための選挙制度改革に対する後ろ向きな姿勢を批判され、参院議員会長を辞任するよう求められるが、溝手は辞任に応じず、12日の特別総会で脇を参院幹事長から更迭した。選挙制度改革については新党改革の荒井広幸代表が事実上提案していた4つの選挙区を2つ合区して2つの合同選挙区を創設する公職選挙法改正案を受け入れる政治的決断をし、2015年7月28日に法案が国会で成立した。溝手顕正 フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示