61件中 31 - 40件表示
  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た第20回参議院議員通常選挙

    2003年自由民主党総裁選挙で志帥会会長代行の亀井静香の推薦人となる。第43回衆議院議員総選挙では福島3区から出馬するが、玄葉に2万票弱の大差をつけられ、落選。翌2004年の第20回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、当選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た第41回衆議院議員総選挙

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い福島県第3区から出馬し、旧民主党の玄葉光一郎を3,533票差で破り再選(玄葉も比例復活)。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、コスタリカ方式により比例東北ブロックから出馬し3選。同年、衆議院議事進行係に就任。2年弱無派閥だったが志帥会(江藤・亀井派)に入会。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た福島県第3区

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い福島県第3区から出馬し、旧民主党の玄葉光一郎を3,533票差で破り再選(玄葉も比例復活)。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、コスタリカ方式により比例東北ブロックから出馬し3選。同年、衆議院議事進行係に就任。2年弱無派閥だったが志帥会(江藤・亀井派)に入会。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た第43回衆議院議員総選挙

    2003年自由民主党総裁選挙で志帥会会長代行の亀井静香の推薦人となる。第43回衆議院議員総選挙では福島3区から出馬するが、玄葉に2万票弱の大差をつけられ、落選。翌2004年の第20回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、当選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た日本国憲法第9条

    第21回参議院議員通常選挙を目前に控えた2007年7月、滝実と共に新党日本のマニフェストを党首の田中康夫が役員会での議決を経ずに独断で改定し、特に日本国憲法第9条に関する部分について議論が尽くされなかった点を批判。田中による党の私物化を非難し、新党日本の解党を要求したが、田中がこれを拒絶したため、荒井は記者会見で新党日本の「解党」を宣言した。以後、改革クラブに参加するまでは無所属であった。なお、党幹事長である荒井が「解党」を宣言したものの新党日本は存続し、第21回参議院議員通常選挙での得票により、政党助成金も受け取るための政党要件をクリアした。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た社会科学部

    福島県田村郡船引町(現田村市)生まれ。両親は旧電電公社職員。福島県立安積高等学校、早稲田大学社会科学部卒業。早大在学中から参議院議員徳永正利参議院議員の公設第二秘書を務める。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た国会議員

    2006年9月26日、小泉純一郎首相の退陣に伴う首班指名選挙では、統一会派を組む国民新党の綿貫民輔代表ではなく、自由民主党総裁に選出されたばかりの安倍に投票。新党日本は、党首の田中康夫が当時は国会議員でなかったため首班指名に関しては自主投票を決定していたが、国民新党側が荒井の安倍への投票を問題視し、結局統一会派を両院で解消した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見たコスタリカ方式

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い福島県第3区から出馬し、旧民主党の玄葉光一郎を3,533票差で破り再選(玄葉も比例復活)。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、コスタリカ方式により比例東北ブロックから出馬し3選。同年、衆議院議事進行係に就任。2年弱無派閥だったが志帥会(江藤・亀井派)に入会。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た日本

    荒井 広幸(あらい ひろゆき、1958年5月15日 ‐ )は、日本の政治家。新党改革所属の参議院議員(2期)。新党改革幹事長。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た清和政策研究会

    1993年、第40回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で旧福島2区から再度出馬し、得票数は最下位の5位ながら初当選。派閥は三塚派に属し、1995年の自由民主党総裁選挙では小泉純一郎選対の中核となった。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示

「荒井広幸」のニューストピックワード