96件中 41 - 50件表示
  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た福島県議会

    衆議院議員(3期)、福島県議会議員(1期)、新党日本幹事長(初代)、参議院議員(2期)、改革クラブ幹事長(初代)、新党改革幹事長(初代)、新党改革代表(第3代)等を歴任した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た参議院

    2005年の郵政国会では、参議院で率先して郵政民営化法案への反対を主張し、8月8日の参議院本会議における採決では反対票を投じる。8月21日、長野県知事だった田中康夫を党代表に据えて結党した新党日本に参加し、党幹事長に就任。10月、自民党から除名処分を受ける。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た無所属

    1987年、29歳の誕生日直前に福島県議会議員選挙に出馬し、得票数トップで初当選(20代での当選は、福島県では26年ぶり)。1990年、福島県議を任期途中で辞職し、第39回衆議院議員総選挙に旧福島2区(定数5)から無所属で出馬したが、全立候補者9人中、得票数8位で惨敗する。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た参議院議長

    福島県田村郡船引町(現:田村市)生まれ。両親は旧郵便局職員。福島県立安積高等学校、早稲田大学社会科学部卒業。早大在学中から徳永正利参議院議長の公設第2秘書を務める。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た医療大麻

    漢方薬研究を推進し、医療大麻の研究の国内での認可を主張している。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た党首

    衆議院議員(3期)、福島県議会議員(1期)、新党日本幹事長(初代)、参議院議員(2期)、改革クラブ幹事長(初代)、新党改革幹事長(初代)、新党改革代表(第3代)等を歴任した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た全国貸金業政治連盟

    日本共産党の機関紙しんぶん赤旗の報道によれば、自民党時代消費者金融業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)からパーティー券購入により資金提供を受けていた。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た郵政国会

    2005年の郵政国会では、参議院で率先して郵政民営化法案への反対を主張し、8月8日の参議院本会議における採決では反対票を投じる。8月21日、長野県知事だった田中康夫を党代表に据えて結党した新党日本に参加し、党幹事長に就任。10月、自民党から除名処分を受ける。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見たロイド眼鏡

    ロイド眼鏡の愛用者である。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た2003年自由民主党総裁選挙

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い福島3区から出馬し、旧民主党の玄葉光一郎を3,533票差で破り再選(玄葉も比例復活)。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、コスタリカ方式により比例東北ブロックから出馬し3選。同年、衆議院議事進行係に就任。また森派退会後は2年弱無派閥のままであったが、江藤・亀井派に入会した。2003年自由民主党総裁選挙では、志帥会会長代行を務める亀井静香の推薦人に名を連ねたが、亀井は、かつて荒井が総裁選擁立を主導した小泉純一郎に敗北する。第43回衆議院議員総選挙では福島3区から出馬するが、玄葉に2万票弱の大差をつけられ、比例復活も出来ずに落選。翌2004年の第20回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、当選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示

「荒井広幸」のニューストピックワード

  • ドスパラ秋葉原本店拡張リニューアルキャンペーン第二弾

  • Ryzen 7 3700X