96件中 71 - 80件表示
  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た2014年福島県知事選挙

    2014年、NPO法人「万年野党」により、「三ツ星議員」に認定された。「三ツ星議員」とは、国会における質疑の回数や質問主意書、議員立法の数を基準に、万年野党により認定される称号。同年10月の福島県知事選挙では一時、荒井自身の立候補も取り沙汰されたが、元宮古市長の熊坂義裕を支持した。しかし、熊坂は副知事を辞職して立候補した内堀雅雄に敗れ、次点で落選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た比例東北ブロック

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い福島3区から出馬し、旧民主党の玄葉光一郎を3,533票差で破り再選(玄葉も比例復活)。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、コスタリカ方式により比例東北ブロックから出馬し3選。同年、衆議院議事進行係に就任。また森派退会後は2年弱無派閥のままであったが、江藤・亀井派に入会した。2003年自由民主党総裁選挙では、志帥会会長代行を務める亀井静香の推薦人に名を連ねたが、亀井は、かつて荒井が総裁選擁立を主導した小泉純一郎に敗北する。第43回衆議院議員総選挙では福島3区から出馬するが、玄葉に2万票弱の大差をつけられ、比例復活も出来ずに落選。翌2004年の第20回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、当選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た国会議事堂

    2016年の第24回参議院議員通常選挙に比例区から出馬したが、新党改革は議席を獲得できず、党代表の荒井を含む立候補者全員が落選した。なお新党改革から出馬した候補のうち、最多の票を獲得したのは選挙直前に入党した山田太郎であり、荒井の得票は山田の4分の1程度に留まった。7月11日、国会内で記者会見を開き、自身を含めて議席を確保できず、新党改革が政党要件を失った責任を取って政界を引退し、新党改革についても解党の手続きを進める考えを示した。新党改革は7月10日付で解党し、7月25日に首相官邸を訪れて、解党及び政界引退を衆院当選同期の安倍晋三首相に報告した際、安倍から政治活動の継続を勧められたが、これを固辞した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た福島県立安積高等学校

    福島県田村郡船引町(現:田村市)生まれ。両親は旧郵便局職員。福島県立安積高等学校、早稲田大学社会科学部卒業。早大在学中から徳永正利参議院議長の公設第2秘書を務める。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た第40回衆議院議員総選挙

    1993年、第40回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で旧福島2区から再度出馬し、得票数は最下位の5位ながら初当選。派閥は三塚派に属し(後に退会)、1995年の自由民主党総裁選挙では、小泉純一郎擁立を主導するが、小泉は橋本龍太郎に惨敗した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た自由民主党総裁

    2006年9月26日、小泉純一郎首相の退陣に伴う首班指名選挙では、統一会派を組む国民新党の綿貫民輔代表ではなく、自由民主党総裁に選出されたばかりの安倍晋三に投票。新党日本は、田中康夫代表が当時は国会議員でなかったため首班指名に関しては自主投票を決定していたが、国民新党側が荒井の安倍への投票を問題視し、結局統一会派を両院で解消した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た日本郵政株式会社、郵便貯金銀行及び郵便保険会社の株式の処分の停止等に関する法律

    参院選終了後の8月、統一会派「自由民主党・無所属の会」を結成。2007年12月に参議院本会議で採決が行われた郵政民営化見直し法案には反対票を投じた。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た政党助成法

    2008年8月、民主党を離党した渡辺秀央を党首に改革クラブを結成し、党幹事長に就任。2010年、自民党を離党した舛添要一らが合流し、改革クラブは新党改革に改称。渡辺に代わり舛添が党代表に就任し、荒井は引き続き幹事長に留まった。2010年7月、第22回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、再選。なおこの参院選において荒井以外の新党改革の候補者は全員落選したが、比例区で2.0%の票を獲得したため、政党助成法上の政党要件を維持した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た田村市

    福島県田村郡船引町(現:田村市)生まれ。両親は旧郵便局職員。福島県立安積高等学校、早稲田大学社会科学部卒業。早大在学中から徳永正利参議院議長の公設第2秘書を務める。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た内閣総理大臣

    2016年の第24回参議院議員通常選挙に比例区から出馬したが、新党改革は議席を獲得できず、党代表の荒井を含む立候補者全員が落選した。なお新党改革から出馬した候補のうち、最多の票を獲得したのは選挙直前に入党した山田太郎であり、荒井の得票は山田の4分の1程度に留まった。7月11日、国会内で記者会見を開き、自身を含めて議席を確保できず、新党改革が政党要件を失った責任を取って政界を引退し、新党改革についても解党の手続きを進める考えを示した。新党改革は7月10日付で解党し、7月25日に首相官邸を訪れて、解党及び政界引退を衆院当選同期の安倍晋三首相に報告した際、安倍から政治活動の継続を勧められたが、これを固辞した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「荒井広幸」のニューストピックワード

  • ドスパラ秋葉原本店拡張リニューアルキャンペーン第二弾

  • Ryzen 7 3700X