96件中 81 - 90件表示
  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た本会議

    2015年6月1日、国会内で記者会見を開き、一票の格差の是正のための参議院の選挙制度改革について、定数2の4県(鳥取・島根、徳島・高知)の合区が柱の「10増10減」案を発表。6月8日、荒井の案で新党改革、維新の党、次世代の党、日本を元気にする会の野党4党が合意し、自民党も7月22日の総務会でこの提案を了承。7月24日、自民・維新・次世代・元気・改革5党の賛成により、参議院本会議で可決され、成立した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た第42回衆議院議員総選挙

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い福島3区から出馬し、旧民主党の玄葉光一郎を3,533票差で破り再選(玄葉も比例復活)。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、コスタリカ方式により比例東北ブロックから出馬し3選。同年、衆議院議事進行係に就任。また森派退会後は2年弱無派閥のままであったが、江藤・亀井派に入会した。2003年自由民主党総裁選挙では、志帥会会長代行を務める亀井静香の推薦人に名を連ねたが、亀井は、かつて荒井が総裁選擁立を主導した小泉純一郎に敗北する。第43回衆議院議員総選挙では福島3区から出馬するが、玄葉に2万票弱の大差をつけられ、比例復活も出来ずに落選。翌2004年の第20回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、当選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た議事進行係

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い福島3区から出馬し、旧民主党の玄葉光一郎を3,533票差で破り再選(玄葉も比例復活)。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、コスタリカ方式により比例東北ブロックから出馬し3選。同年、衆議院議事進行係に就任。また森派退会後は2年弱無派閥のままであったが、江藤・亀井派に入会した。2003年自由民主党総裁選挙では、志帥会会長代行を務める亀井静香の推薦人に名を連ねたが、亀井は、かつて荒井が総裁選擁立を主導した小泉純一郎に敗北する。第43回衆議院議員総選挙では福島3区から出馬するが、玄葉に2万票弱の大差をつけられ、比例復活も出来ずに落選。翌2004年の第20回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、当選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た原子力撤廃

    原子力撤廃を推進している。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た田村郡

    福島県田村郡船引町(現:田村市)生まれ。両親は旧郵便局職員。福島県立安積高等学校、早稲田大学社会科学部卒業。早大在学中から徳永正利参議院議長の公設第2秘書を務める。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見たビートたけしのお笑いウルトラクイズ

    1993年10月16日に放送された日本テレビ「第13回ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」の宴会クイズに自由民主党を代表して出場した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙を目前に控えた2007年7月、新党日本のマニフェストが田中代表により役員会での議決を経ずに独断で改定され、特に日本国憲法第9条に関する部分について議論が尽くされなかった点を批判。田中による党の私物化を非難し、新党日本の解党を要求したが、田中がこれを拒絶したため、荒井は記者会見で新党日本の「解党」を宣言した。新党日本総務会長の滝実衆議院議員も同様の批判を行い、荒井、滝のいずれもが新党日本を離れる。荒井は以後、改革クラブに参加するまでは無所属であった。なお、党幹事長である荒井が「解党」を宣言したものの新党日本は存続し、第21回参議院議員通常選挙での得票により、政党助成金も受け取るための政党要件をクリアした。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た自由民主党総務会

    2015年6月1日、国会内で記者会見を開き、一票の格差の是正のための参議院の選挙制度改革について、定数2の4県(鳥取・島根、徳島・高知)の合区が柱の「10増10減」案を発表。6月8日、荒井の案で新党改革、維新の党、次世代の党、日本を元気にする会の野党4党が合意し、自民党も7月22日の総務会でこの提案を了承。7月24日、自民・維新・次世代・元気・改革5党の賛成により、参議院本会議で可決され、成立した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た副知事

    2014年、NPO法人「万年野党」により、「三ツ星議員」に認定された。「三ツ星議員」とは、国会における質疑の回数や質問主意書、議員立法の数を基準に、万年野党により認定される称号。同年10月の福島県知事選挙では一時、荒井自身の立候補も取り沙汰されたが、元宮古市長の熊坂義裕を支持した。しかし、熊坂は副知事を辞職して立候補した内堀雅雄に敗れ、次点で落選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井広幸

    荒井広幸から見た志帥会

    1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い福島3区から出馬し、旧民主党の玄葉光一郎を3,533票差で破り再選(玄葉も比例復活)。2000年の第42回衆議院議員総選挙では、コスタリカ方式により比例東北ブロックから出馬し3選。同年、衆議院議事進行係に就任。また森派退会後は2年弱無派閥のままであったが、江藤・亀井派に入会した。2003年自由民主党総裁選挙では、志帥会会長代行を務める亀井静香の推薦人に名を連ねたが、亀井は、かつて荒井が総裁選擁立を主導した小泉純一郎に敗北する。第43回衆議院議員総選挙では福島3区から出馬するが、玄葉に2万票弱の大差をつけられ、比例復活も出来ずに落選。翌2004年の第20回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し、当選した。荒井広幸 フレッシュアイペディアより)

96件中 81 - 90件表示

「荒井広幸」のニューストピックワード

  • ドスパラ秋葉原本店拡張リニューアルキャンペーン第二弾

  • Ryzen 7 3700X