95件中 41 - 50件表示
  • 落合英二

    落合英二から見た荒木雅博荒木雅博

    はプロ野球の投球フォームのルール改正により二段フォームだった落合も投球フォーム改造を余儀なくされるなどの問題から開幕は二軍で迎え、一軍に上がっても結果は出せなかった。チームがリーグ優勝した際には一軍にいなかったが、落合をずっと支えてきた永田トレーナーが監督胴上げの瞬間、落合英二の背番号「26」のプレートを掲げ万歳するシーンが見られた。永田トレーナー以外にも、落合を慕っていた荒木雅博や朝倉健太も帽子の裏に「26」と書いて出場していたという。同年オフに戦力外通告を受けた。球団は二軍投手コーチのポストを用意したが、本人は現役続行を希望し、固辞。その後、移籍先等模索したが契約にはまとまらず現役を引退。落合英二 フレッシュアイペディアより)

  • ガッツだ!ドラゴンズ

    ガッツだ!ドラゴンズから見た荒木雅博荒木雅博

    2009年12月28日から2010年1月1日までは「荒木雅博のガッツだ!ドラゴンズ」として、中日ドラゴンズ・荒木雅博がメインパーソナリティを担当(補佐役として「井上一樹-」に続き村上アナ)。「井上一樹-」に続く2年連続の年末年始企画となった。ガッツだ!ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 溝脇隼人

    溝脇隼人から見た荒木雅博荒木雅博

    憧れの選手は、同じ熊本県出身の荒木雅博溝脇隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1995年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た荒木雅博荒木雅博

    68選手の交渉権が確定した。これまで1球団最大10人であった最大指名人数が8人以内になった。中日か巨人を希望していた福留孝介に対し意中球団の巨人、中日だけでなく、ヤクルト、近鉄、日本ハム、ロッテ、オリックスの意中外球団も指名し、計7球団が競合指名。高校生選手への指名としては1985年の清原和博の6球団を超える7球団の競合となった。抽選の結果、近鉄が交渉権を獲得した。しかし福留はドラフト会議前から「巨人と中日以外からの指名ならば社会人野球へ」と宣言しており、実際に入団を拒否し、日本生命に入社した。その外れ1位の指名では原俊介に巨人と中日、澤井良輔にロッテとヤクルトが競合、いずれも前者が交渉権を獲得した。二度の抽選に失敗した中日とヤクルトはそれぞれ荒木雅博と三木肇を指名した。また、野村克則が実父の野村克也が監督を務めるヤクルトに指名され入団した。1995年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 原光隆

    原光隆から見た荒木雅博荒木雅博

    JAあいち豊田(2012年 - 。荒木雅博、山崎武司と共演しているほか、原単独で出演しているバージョンもある)原光隆 フレッシュアイペディアより)

  • 陳坤 (野球)

    陳坤 (野球)から見た荒木雅博荒木雅博

    第三回アジアシリーズでは統一ライオンズ戦に中継ぎとして登板、2回を無失点2奪三振と好投した。中日ドラゴンズ戦では先発呂建剛の後を受けて登板したが、藤井淳志、荒木雅博、井端弘和に三連打を打たれ、一死も奪えず降板し、さらに後を受けた投手も打たれ、3失点という結果に終わった。陳坤 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 仁村薫

    仁村薫から見た荒木雅博荒木雅博

    、巨人の二軍外野守備・走塁コーチに就任。オフに巨人を退団後、中日の二軍野手総合コーチに就任。同時に二軍監督となった弟を補佐した。は一軍外野守備・走塁コーチとして、その年のリーグ優勝に貢献。その後、には二軍打撃兼外野守備・走塁コーチ、からはフィジカルコーチを歴任した。のオフに一旦退団したが、オフ落合博満の監督就任に伴い復帰。肩書きはトレーニングコーチ。情熱と闘志の人で、落合監督とは現役時代に中日で一緒にプレーし、お互いを熟知する仲であった。“トーキングコーチ”のニックネームがついたほど選手とコミュニケーションを取るのが得意であった。またベンチでは相手チームを野次る事に徹し野次将軍としても名を馳せた。10月31日付で退団。荒木雅博は2000安打の際弟徹と共に仁村を恩人として名前を挙げ「土台を作ってくれた。2軍の5年間が大きかった」と述べている。その後、社会人野球・所沢グリーンベースボールクラブコーチ、はテレビ愛知で野球解説者を歴任。仁村薫 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎達郎

    岩崎達郎から見た荒木雅博荒木雅博

    は開幕を二軍で迎えたが、6月17日に井端弘和の故障によりシーズン初の一軍登録。その後井端の復帰で登録抹消されたが、8月に荒木雅博が北京五輪へ出場するために再び一軍昇格。荒木のチーム合流で抹消されるも井端が再び怪我をしたためわずか5日で再び一軍に昇格した。その後、井端の復帰で再び抹消されるもシーズン終盤に再び一軍登録されて一軍と二軍を4度も往復した。岩崎達郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎健

    山崎健から見た荒木雅博荒木雅博

    1球勝利投手:2005年6月11日、対中日ドラゴンズ5回戦(ナゴヤドーム)、4回裏2死に荒木雅博を二塁ゴロ ※史上20人目(パ・リーグ9人目)山崎健 フレッシュアイペディアより)

  • 久慈照嘉

    久慈照嘉から見た荒木雅博荒木雅博

    その後は、井端弘和・荒木雅博ら若手の台頭により出場機会が減少。2002年のシーズン終了後には、守備コーチ就任の打診を受けたが、現役続行を求めて自由契約で退団。久慈照嘉 フレッシュアイペディアより)

95件中 41 - 50件表示

「荒木雅博」のニューストピックワード