88件中 41 - 50件表示
  • 名古屋市交通局2000形電車 (鉄道)

    名古屋市交通局2000形電車 (鉄道)から見た荒木雅博荒木雅博

    名城線は、中日ドラゴンズの本拠地であるナゴヤドームの最寄り駅、ナゴヤドーム前矢田駅を通っている関係で、2006年より毎年、中日ドラゴンズとイオンモールナゴヤドーム前のラッピング装飾(通称「ドラゴンズトレイン」)を施した電車が運転されている。外観はドラゴンズ選手とイオンカードなどのラッピング、車内はポスター類は全てドラゴンズ選手の紹介(但し中吊り広告は全て「WAON」などイオングループの広告)となっている(ポスターは年に1回程度入れ替わる)。また車内の扉や座席の端の仕切り板にはドアラらマスコットのステッカーが貼られ、床にも野球のマウンドやバッターボックスの絵が貼られている。なお、2008年度のみ、中日ドラゴンズの選手会会長である荒木雅博による車内マナー啓発放送が自動放送の後に流れていた。名古屋市交通局2000形電車 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見た荒木雅博荒木雅博

    最後の内野ゴロを捌いた二塁手の荒木雅博は「自分がエラーして完全試合が終わってもいいのでとにかく勝ちたかった」と述べた。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

  • サンデードラゴンズ

    サンデードラゴンズから見た荒木雅博荒木雅博

    小倉優子が野球に関する相談をCBC解説者に相談する。なお初回の2008年11月30日放送では小松辰雄に対しブルペンについて質問したが、マウンドを知らなかったため、小松を少々あきれさせていた。コーナーの最後には「疑問解決」というハンコが画面に登場する。他にも当時、選手会長であった荒木雅博の出番も多く、小倉優子の天然さにもめげずに相手をしていた。2009年度に「今年は中日をずっと応援していた」と言い張る小倉に対し、荒木が尊敬する人物にブランコを挙げたが、小倉は公園のブランコだと思い「人名で言うと?」と尋ねられ、「ブランコ選手です」と返すと小倉は「何処(の球団)の選手ですか」とまた尋ね、遂には「ウチの4番打者です、ドラゴンズの試合を観てないでしょう?」と荒木が呆れながら突っ込んだ。サンデードラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 早川実

    早川実から見た荒木雅博荒木雅博

    1987年?1991年、1996年?1997年に中日でコーチを務めた後、スカウトに移る。中日における最終職歴は課長職チーフスカウト。スカウトとしては野口茂樹や荒木雅博を担当した。早川実 フレッシュアイペディアより)

  • 木村昇吾

    木村昇吾から見た荒木雅博荒木雅博

    5月6日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で監督のマーティ・ブラウンが公式戦では3年ぶり3度目の5人内野シフトを敷いたとき、右翼手の天谷宗一郎に代わって出場し、外野には行かず三塁と遊撃の間で守備に就いたが、打者荒木雅博が三振に倒れたため守備機会はなかった。スタメン出場はなかったが、巨人の鈴木尚広を抑えて2年連続リーグトップの代走起用39回、内野の守備固め44回、外野の守備固め14回と、試合終盤の守備を任されるスペシャリストとして重要な働きをした。木村昇吾 フレッシュアイペディアより)

  • おれはキャプテン

    おれはキャプテンから見た荒木雅博荒木雅博

    流山部長が集めてきた軟式志望だったメンバーの1人。ポジションは二塁手。蝦名の球で練習している朋王学園の中でも打撃がいいのか、(三連星が1、2、3番ということもあるが)クリーンナップの5番を打つ。デレックとの二遊間は高校野球の記者に「アライバか!?」と言われるほどの守備力を誇るが、エラーを連発したこともあった。おれはキャプテン フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た荒木雅博荒木雅博

    ゴールデングラブ賞の受賞者が発表された。パ・リーグでは優勝した日本ハムから最多の5選手が選出された。外野手では森本稀哲・SHINJO・稲葉篤紀外野手が選抜。同一球団から外野手3人が選出されるのは、福本豊・バーニー・ウイリアムス・蓑田浩二(阪急)の1978年以来2度目。また、荒木雅博・井端弘和の中日二遊間コンビが3年連続受賞となったが、同一の二遊間コンビが3年連続で受賞するのは史上初。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 菊陽町立菊陽中学校

    菊陽町立菊陽中学校から見た荒木雅博荒木雅博

    荒木雅博(中日ドラゴンズ)菊陽町立菊陽中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大島洋平

    大島洋平から見た荒木雅博荒木雅博

    は、開幕から中堅手として荒木雅博と1・2番を任され、初めてシーズン全試合出場を達成した。開幕時は荒木が1番で大島は2番だったが、荒木の不調もあってシーズン中盤からは1番に定着した。俊足を生かし、入団1年目に付けていた背番号と同じ32盗塁を記録し盗塁王に輝く。打撃面でもチームの規定打席到達者では唯一の3割台を記録し、大きく飛躍した。その一方で、打点はわずか13にとどまり、この年の規定打席到達者の中で最少であった他、2リーグ制以降の記録を見ても歴代3位タイに入る少なさであった。シーズン終了後のキューバとの強化試合にも選ばれた。大島洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た荒木雅博荒木雅博

    右打席と左打席でバットを変えている。ちなみに左打席に使用しているバットは元同僚の新井良太と同じタイプのバットを使っている。荒木雅博もたまに使っていて、2009年10月18日の対ヤクルト戦で決勝点になるタイムリーを放ったときに「ナイスバット」と言ったものの見事にあしらわれた。なお、荒木はこの決勝打以来は暫くこのバットを使い続けた。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示

「荒木雅博」のニューストピックワード