88件中 51 - 60件表示
  • SPORTS STADIUM

    SPORTS STADIUMから見た荒木雅博荒木雅博

    主に東京ドームで行われる巨人×中日戦において中京テレビが専用のカメラを出し、ドラゴンズの特定の選手だけを追うという企画。この企画では、佐藤啓は東京ドーム「日本テレビ第2放送室」にて試合を観戦し、カメラと同じく特定の選手だけのプレーを追って実況する。過去にターゲットにした選手として、トニ・ブランコやアライバ(荒木雅博・井端弘和)がいる。SPORTS STADIUM フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た荒木雅博荒木雅博

    1月12日 辞退した井口の代替選手として宮本を選出。出場を要請していた荒木雅博(中日)が体調面の不安を理由に辞退したため。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀太

    田中秀太から見た荒木雅博荒木雅博

    小学校卒業までは横浜に住んでいたが、父が日産自動車九州監督に就任したのに伴い中学校入学と同時に福岡県北九州市に移住。その後、父の母校でもある熊本工業高校に進学。このため選手名鑑のプロフィールなどで熊本県出身としているものがある。後に中日ドラゴンズに入団する荒木雅博は高校の1年後輩で二遊間を組んでいた。田中秀太 フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た荒木雅博荒木雅博

    中日ドラゴンズの監督に就任した落合博満は、現役時代「天才は俺じゃない。前田だよ」と語り、2005年の秋季練習では福留孝介、森野将彦ら左打者に対して前田の打撃を引き合いにし「真似していいのは前田だけだ。前田だけを見習え」と語っている。また、前田自身も落合に深い尊敬の念を抱いている。実際に福留も「理想のバッティングは前田さん」と公言しており、この秋季練習では前田の打撃フォームを参考にしてフォーム改造を試みた。また熊本工業高校の後輩である荒木雅博も前田を尊敬しており、同年のオールスターゲームに出場した際にはずっと付き添い、打撃論や野球哲学についてアドバイスを受けた。また前田から最も多くの安打を喫した山本昌は以前、浜松球場での試合で外角低めの難しいコースを本塁打された事があり「あのコースを引っ張ってホームランにされた事は今まで無かった。その時に天才だなと思いましたね」と振り返っている。前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見た荒木雅博荒木雅博

    10月10日 - 中日の荒木雅博が対ヤクルト戦(神宮)でシーズン9度目となる1試合4安打以上の日本プロ野球記録。2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • つば九郎

    つば九郎から見た荒木雅博荒木雅博

    ブログには他球団の選手もよく登場し、交友関係の広さを窺わせる。現役では中日の荒木雅博、井端弘和の登場が多い。荒木・井端とは「あらいばつばとりお」を(勝手に?)結成しているほど。また阪神時代の葛城育郎、赤星憲広もつば九郎ブログへの登場が多かった。つば九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野村祐輔

    野村祐輔から見た荒木雅博荒木雅博

    初奪三振:同上、1回裏に荒木雅博から野村祐輔 フレッシュアイペディアより)

  • 陳坤 (野球)

    陳坤 (野球)から見た荒木雅博荒木雅博

    第三回アジアシリーズでは統一ライオンズ戦に中継ぎとして登板、2回を無失点2奪三振と好投した。中日ドラゴンズ戦では先発呂建剛の後を受けて登板したが、藤井淳志、荒木雅博、井端弘和に三連打を打たれ、一死も奪えず降板し、さらに後を受けた投手も打たれ、3失点という結果に終わった。陳坤 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • イップス

    イップスから見た荒木雅博荒木雅博

    また、野球では投手、捕手、内野手に見られ(外野手もならないわけではない)、特に投手と内野手には正確なコントロールが求められるため、死球や暴投などのトラウマからイップスに陥る場合が多いとされている。イップスが原因でコンバートされる選手も少なくない。イップスが原因で守備コンバートを余儀なくされた選手に田口壮、三浦貴、土橋勝征などがいるが、荒木雅博や岩本勉のように克服する例や、田口や土橋のようにコンバート後に開花する例もある。イップス フレッシュアイペディアより)

  • 英智

    英智から見た荒木雅博荒木雅博

    は落合が「秋にあれだけ振ったんだからな。一番練習してる奴が打つ」と話すように、人一倍の練習量で打撃の弱さを見事に克服し成績が向上。5月3日の対横浜戦では、8回裏の満塁の場面で2点決勝適時打を放ちお立ち台へ。その時に、「代えられると思ったけど、曲が流れても監督が出てこないんで、僕かと思って打席に立った」「去年などの僕であれば、間違いなく代えられていた」などと発言し、場内は笑い声が起こっていた。更に翌日の5月4日も満塁から2点適時打を放ち二日続けてのお立ち台へ、「今日は監督を見ずに打席に立てました」と発言した。5月10日、対日本ハム戦で、延長11回表、岡島秀樹の暴投で二塁から悠々ホームインする走塁を見せた(しかも、その時本人は変化球を投げるだろうと予想を立てており、見事的中させた)。5月には3回のヒーローインタビューを経験。6月には自身4年ぶりとなる本塁打を放った。8月11日の対阪神戦、得意としている下柳剛から2点適時打を放ち、お立ち台に上がる。「下柳さんはいつもタイミングが合う」という発言をし、さらに「僕は川上(憲伸)さんみたいにスーパーサイヤ人じゃないので、ナメック星人程度に頑張ります」とドラゴンボールに例えて発言した。8月12日の対阪神戦、2回裏2死で二塁走者の英智は、荒木雅博の右前安打で、前進守備だったにもかかわらず三塁を回り、3m超のロングヘッドスライディングでホームイン。落合監督を「あれで(本塁に)帰って来られるんだから凄い。ああいうプレーを見せられるのがプロだ」と唸らせた。英智 フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示

「荒木雅博」のニューストピックワード