88件中 61 - 70件表示
  • 9月13日

    9月13日から見た荒木雅博荒木雅博

    1977年 - 荒木雅博、プロ野球選手9月13日 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市営地下鉄名城線

    名古屋市営地下鉄名城線から見た荒木雅博荒木雅博

    ナゴヤドームを本拠地とするプロ野球球団中日ドラゴンズやイオンおよび中日新聞社との協力により、同線を「ドラゴンズトレイン」という企画電車が走っている。同線が選ばれたのは、沿線にナゴヤドームがあることから。「右回り」「左回り」の両方向で運行している。毎年、シーズン開幕とほぼ同時に運行がスタートし、通常はシーズン終了と同時に同電車の運行も終了するが、中日ドラゴンズの成績次第では、クライマックスシリーズや日本シリーズの時期まで運行が延長される場合もある。毎年運行初日から4月中旬頃までは、パソコン向けの交通局公式サイトにてPDF版の時刻表がダウンロード可能になる。同電車は車両に写真を印刷した特殊なシールを貼り付けているため、シール作製等のコストに膨大な費用が費やされることもあって、基本的には1日1編成のみの運行となる。そのために、時刻表のダウンロードによる提供終了後は、相当運が良くないと乗車ができない状態になる。同電車は車両へのラッピング及び車内の装飾がメインであるが、2009年シーズンまで中日ドラゴンズの選手会長を務めた荒木雅博選手のアナウンスを車内に流していた時もあった。名古屋市営地下鉄名城線 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た荒木雅博荒木雅博

    内野手:1堂上直倫、2荒木雅博、6井端弘和、25新井良太、30森野将彦、37岩崎恭平、42トニ・ブランコ、46岩崎達郎、50中田亮二2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • かよえ!チュー学

    かよえ!チュー学から見た荒木雅博荒木雅博

    アラキ(由来:荒木雅博かよえ!チュー学 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た荒木雅博荒木雅博

    12月15日 - 第1次候補者34人(投手16人、捕手4人、内野手8人、外野手6人)が発表された。北京オリンピックで代表に選ばれた選手の内、1次候補発表前に辞退した選手を除くと、G.G.佐藤、成瀬善久、西岡剛、川上憲伸、荒木雅博は選出されなかった。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た荒木雅博荒木雅博

    【NPB】DeNA投手の藤井秀悟が対中日24回戦(横浜スタジアム)に先発して6回4失点で降板し、先発登板時に103試合連続完投なしのプロ野球新記録を作った。なお、藤井はこの試合の1回表に荒木雅博から三振を奪って通算1000奪三振を達成。プロ野球史上133人目。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 柳葉敏郎

    柳葉敏郎から見た荒木雅博荒木雅博

    プロ野球では読売ジャイアンツファンである。また、中日ドラゴンズの荒木雅博、山井大介、森野将彦、福岡ソフトバンクホークスの清水将海とも親交がある。柳葉敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た荒木雅博荒木雅博

    大阪近鉄バファローズからタフィ・ローズ、福岡ダイエーホークスから小久保裕紀とパ・リーグ本塁打王経験者が2選手同時に加入。怪我のため前年出場ゼロの小久保は41本塁打、96打点と復活。ローズも45本塁打、99打点と猛打を発揮し、本塁打王とベストナインを獲得。一番から仁志敏久、清水隆行、ローズ、高橋由伸、小久保、ペタジーニ、阿部慎之助、二岡智宏と続く「史上最強打線」はプロ野球記録のチーム259本塁打を記録し、究極の形となる。しかし、投手陣の不調を補って前半戦こそ優勝を争ったものの次第に超重量打線に極力サインを省いた戦いが機能しなくなり、機動力不足や高齢化による守備力の低下が目立つようになる。6月の中日戦で同一カード3連敗を喫し、首位を奪われ失速。優勝した中日に8ゲーム差を離されて3位に終わる。優勝した中日は福留孝介、アレックス、荒木雅博、井端弘和ら「打って走って守れる選手」と、川上憲伸を中心とする安定した投手力による“守り勝ち”野球だった。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山田久志

    山田久志から見た荒木雅博荒木雅博

    オリックス時代の教え子であり、故障で不振の平井正史を獲得し中継ぎの一人として復活させたこと、ポジションが固定されなかった福留孝介を外野に固定したこと、荒木雅博や井端弘和を辛抱強く使い続けたことなど、後の中日躍進の基礎を築いた人物でもある。山田久志 フレッシュアイペディアより)

  • ベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナイン (日本プロ野球)から見た荒木雅博荒木雅博

    シーズンで好成績を残した投手・捕手・野手が各ポジション(外野手は3名。レフト・センター・ライトは区別しない)ごとに記者投票によって選出される。記者投票であるため、一ポジションで複数の選手が同票数での最高得票を獲得し、選出される場合がある(2004年セ・リーグ二塁手部門で荒木雅博とラロッカが選出された。二リーグ分裂後初)。逆に一人の選手が複数のポジションに投票されることもあり、1966年には国貞泰汎が二塁手と三塁手で得票数1位となっている(このときは得票数の多かった二塁手部門のみでの受賞となり三塁手部門では次点のトニー・ロイが受賞となっている)。ベストナイン (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示

「荒木雅博」のニューストピックワード