88件中 71 - 80件表示
  • 菊陽町

    菊陽町から見た荒木雅博荒木雅博

    荒木雅博 - プロ野球・中日ドラゴンズ内野手菊陽町 フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見た荒木雅博荒木雅博

    守備範囲が狭く、荒木雅博・井端弘和の2人の失策も、多くはウッズの取り損ないが原因だという指摘もなされている。そのためか中日はウッズが移籍してきてから、内野手の送球エラーが倍増したといわれる(前年の一塁手はゴールデングラブ賞を獲得した渡邉)。また平凡なバウンド送球の処理ができないなど記録に残らないミスも多い。ただ、肩は平均レベル。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • 金子誠

    金子誠から見た荒木雅博荒木雅博

    守備が非常に上手く、複数のポジションを守ることができる。田中賢との二遊間は山田久志から「12球団一と言われた中日の荒木雅博・井端弘和と遜色ない」「金子なんて井端以上だよ。肩は強いし、送球がぶれない。守備位置も金子のほうが後ろだから、守備範囲も広くなるし、それだけ深い三遊間でゴロでとってもノーバウンドで投げてアウトに出来る」と絶賛された。金子誠 フレッシュアイペディアより)

  • 川相昌弘

    川相昌弘から見た荒木雅博荒木雅博

    には球界初の「メンタルアドバイザー」に就任。コーチの肩書では会議に出席する必要があるので、あくまで相談役というポジションに落ち着いた。チームが勝っている試合で8・9回辺りから主に立浪の守備固めとして出場することが多かったが、荒木雅博の怪我などで5月には「2番・二塁手」としてスタメン起用された。しかし、森野将彦が怪我から復帰しスタメン獲得、立浪が代打要員となり、代走・守備要員として奈良原浩をトレード獲得、7月頃に荒木が復帰したことから出場機会が無くなり、球宴直前に登録抹消。その後は一軍に帯同しながら、メンタルアドバイザーとして裏方からリーグ優勝に貢献した。中日スポーツで毎週月曜日に「明日への送りバント」という題名で寄稿もしていた。川相昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見た荒木雅博荒木雅博

    先発は西武がシーズン10勝をあげながらパ・リーグプレーオフは怪我の影響で登板機会がなかった西口文也。対する中日は第1戦同様エース川上。中日は3回表に1番荒木雅博の三塁打、続く2番井端弘和の内野選択の間に1点を先制。4回表には井上の2点適時打、更に9回表に立浪の2点本塁打、アレックスのソロ本塁打と2者連続本塁打でリードを広げた。一方の西武打線は5回まで川上に無安打に抑えられる苦しい展開で、唯一の得点は6回裏の小関竜也の適時打で挙げた1点のみとなった。最後は岩瀬が締め、中日が6対1で勝利、50年ぶり2回目の日本一に王手をかけ再び名古屋に乗り込む。西武は1992年以来12年ぶりの日本一にもう、1敗も出来ない状態に追い込まれた。2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 溝脇隼人

    溝脇隼人から見た荒木雅博荒木雅博

    憧れの選手は、同じ熊本県出身の荒木雅博溝脇隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 高木守道

    高木守道から見た荒木雅博荒木雅博

    9月22日、落合監督の後任としてシーズンから指揮を執ることが球団から発表された。「まさに青天の霹靂で驚いています。落合さんという大監督の後ということもあり悩みはしましたが、やはり野球人間なのでしょう。この年齢になっても、もう1度チャンスを頂けましたので、全力で頑張る覚悟です」と球団広報を通じてコメントした。前年度登板した試合で9割以上の勝率を誇った岩瀬仁紀・浅尾拓也が相次いで不調、登録抹消する中、4月時点ではリーグ首位に立ち、前年度12球団最下位だった打率はセ・リーグトップを記録。交流戦以後、巨人に首位を奪われるも、一度も2位を明け渡すことなく貯金20以上の高成績で2位となった。采配ではコンバートされていた荒木雅博をセカンド、井端弘和をショートに戻した。また、前年度不調だった井端を6番や5番で起用すると、井端は打撃10傑に入る活躍を見せ、復活した。育成の面でも主力の高齢化が進む中、岩田慎司、大野雄大、武藤祐太、山内壮馬ら若手を積極的に起用した他、新人の田島慎二や落合監督時代にはあまり結果を残していなかった山井大介をセットアッパーで起用。後に山井はストッパーに回す采配が的中し、リーグ2位の防御率を保った。高木守道 フレッシュアイペディアより)

  • ゲーブ・キャプラー

    ゲーブ・キャプラーから見た荒木雅博荒木雅博

    2004年シーズンオフに、読売ジャイアンツは守備力を期待しセンターラインの補強として契約した。のキャンプでは外野の深い位置から目の覚めるような送球を見せ、ファンを期待させたが、来日する数年前から、足の故障もあって、ホームへのダイレクト返球向きの大きな送球モーションをつかれ、走られることが多かった(2005年4月24日、センター前のシングルヒットで1塁ランナーの中日・荒木雅博が生還など)。その大きなモーションを改めたところ、今度は送球が手投げ同然になり、強肩が発揮されなくなったため結局は走られてしまっていた。ゲーブ・キャプラー フレッシュアイペディアより)

  • ドミンゴ・グスマン

    ドミンゴ・グスマンから見た荒木雅博荒木雅博

    その後は野球を始める以前にしていたバスケットボールで鍛えた俊足を生かして、たびたび積極的な走塁やセーフティーバントを見せた。中日時代のチームメイトの荒木雅博から「間違いなく自分より足が速い」と評価されていたほどである。ドミンゴ・グスマン フレッシュアイペディアより)

  • 落合英二

    落合英二から見た荒木雅博荒木雅博

    落合博満が監督に就任したも、中継ぎ陣の柱として活躍。この年は不調の岩瀬に代わり抑えを務める時期があった。9月26日には久々の先発登板、5回無失点で勝利に貢献。、落合監督の意向で先発に転向したが結果を残せず、中継ぎに再転向。は投球フォームなどの問題から開幕は二軍で迎え、一軍に上がっても結果は出せなかった。チームがリーグ優勝した際には一軍にいなかったが、落合をずっと支えてきた永田トレーナーが監督胴上げの瞬間、落合英二の背番号「26」のプレートを掲げ万歳するシーンが見られた。永田トレーナー以外にも、落合を慕っていた荒木雅博や朝倉健太も帽子の裏に「26」と書いて出場していたという。同年オフに戦力外通告を受けた。球団は二軍投手コーチのポストを用意したが、本人は現役続行を希望し、固辞。その後、現役を引退。落合英二 フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示

「荒木雅博」のニューストピックワード