95件中 81 - 90件表示
  • 尾仲祐哉

    尾仲祐哉から見た荒木雅博荒木雅博

    初奪三振:同上、5回裏に荒木雅博から空振り三振尾仲祐哉 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た荒木雅博荒木雅博

    右打席と左打席では違うタイプのバットを使用している。左打席に使用しているバットは、元同僚の新井良太と同じタイプのものである。2009年には好調な藤井にあやかりたいと荒木雅博が藤井のバットを使うことがあり、10月18日のヤクルトとのクライマックスシリーズで荒木が藤井のバットで決勝タイムリーを放ったときに「ナイスバット」と冷やかしたが、「こっちだよ、こっち」と荒木は自らの腕を指して反論した。なお、荒木はこの決勝打以来、暫くこのバットを使い続けた。藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • エドガルド・アルフォンゾ

    エドガルド・アルフォンゾから見た荒木雅博荒木雅博

    中日ドラゴンズの荒木雅博は、アルフォンゾのメッツ時代からの大ファンで4月19日の試合前にはサインをもらいに行っている。エドガルド・アルフォンゾ フレッシュアイペディアより)

  • 平田真吾

    平田真吾から見た荒木雅博荒木雅博

    初奪三振:2014年7月21日、対中日ドラゴンズ11回戦(横浜スタジアム)、2回表に荒木雅博から空振り三振平田真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 大須演芸場

    大須演芸場から見た荒木雅博荒木雅博

    2008年12月29日 - 大須商店街の人たちがNPO法人あいちクローバーと協力し、「笑死阻止!大須演芸場へAEDを!」をスローガンにチャリティ歌合戦を開催。150名を超える観客が来場し、収益金でAEDが設置された。チャリティには多くの著名人が協力し、オリンピック金メダリストの吉田沙保里や中日ドラゴンズの荒木雅博も出品協力した。チャリティオークションの司会は地元で活躍するラジオパーソナリティの黒岩唯一が担当した。大須演芸場 フレッシュアイペディアより)

  • 亀澤恭平

    亀澤恭平から見た荒木雅博荒木雅博

    、開幕一軍を勝ち取り、3月29日に一軍初出場を果たすとその試合で4安打を放つ活躍を見せた。その後も二塁手として、ベテランの荒木雅博と併用されながら試合出場を続け、10月7日の最終戦の広島東洋カープ戦まで1度も抹消されずにシーズンを終えた。一軍、二軍の入れ替わりが激しい中、野手では開幕から1度も抹消をされず一軍に残ることができた数少ない選手である。11月17日の契約更改ではナゴヤ球場に隣接する選手寮で契約更改交渉に臨み、約440万円から355%(約1560万円)増の約2000万円で一発サインした。亀澤恭平 フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・ブラウン

    マーティ・ブラウンから見た荒木雅博荒木雅博

    8回裏1死1・3塁。一塁・栗原、二塁・東出、三塁・シーボル、遊撃・石井に右翼・木村が三遊間に構え、荒木雅博を三振に打ち取った。マーティ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • サンデードラゴンズ

    サンデードラゴンズから見た荒木雅博荒木雅博

    小倉優子が野球に関する相談をCBC解説者に相談する。なお初回の2008年11月30日放送では小松辰雄に対しブルペンについて質問したが、マウンドを知らなかったため、小松を少々あきれさせていた。コーナーの最後には「疑問解決」というハンコが画面に登場する。他にも当時、選手会長であった荒木雅博の出番も多く、小倉の天然さにもめげずに相手をしていた。2009年度に「今年は中日をずっと応援していた」と言い張る小倉に対し、荒木が尊敬する人物にブランコを挙げたが、小倉は公園のブランコだと思い「人名で言うと?」と尋ねられ、「ブランコ選手です」と返すと小倉は「何処(の球団)の選手ですか」とまた尋ね、遂には「ウチの4番打者です、ドラゴンズの試合を観てないでしょう?」と荒木が呆れながら突っ込んだ。ちなみに、山内壮馬投手の風貌から付けられた愛称となっている(チャラ内)の"名付け親"は小倉優子で、山内が当コーナーに出演した際に、小倉から「何か、チャラチャラしてるからチャラ内くんで良い?」と尋ねられたことがきっかけである。サンデードラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 呉昇桓

    呉昇桓から見た荒木雅博荒木雅博

    初奪三振:2014年4月3日、対中日ドラゴンズ3回戦(京セラドーム大阪)、9回表に荒木雅博から見逃し三振呉昇桓 フレッシュアイペディアより)

  • 大島洋平

    大島洋平から見た荒木雅博荒木雅博

    は、中堅手として荒木雅博と1・2番を任され、初めてシーズン全試合に出場した。当初は荒木が1番で大島が2番だったが、荒木の不調もあってシーズン中盤からは1番に定着した。俊足を生かし、入団1年目に付けていた背番号と同じ32盗塁を記録し盗塁王に輝く。打撃面でもプロ3年目にして初の規定打席到達、チームの規定打席到達者では唯一の3割台を記録し(リーグ3位)、安打数も最多安打を分けあった巨人の長野久義と坂本勇人に次ぐ1本差である172本を記録し大きく飛躍した。その一方で、打点はわずか13にとどまり、この年の規定打席到達者の中で最少であった他、2リーグ制以降の記録を見ても歴代3位タイに入る少なさであった。大島洋平 フレッシュアイペディアより)

95件中 81 - 90件表示

「荒木雅博」のニューストピックワード